19

私たちの髪の毛には、ヘアサイクルという周期があります。このヘアサイクルは、「成長期 → 後退期 → 休止期」を繰り返します。一般的に約2年~6年かけてヘアサイクルが一巡します。

毛根には、髪を生成する毛母細胞があります。ヘアサイクルの成長期では、毛母細胞が分裂することによって髪の毛が作られます。このときの髪の毛は、ある程度成長すると約2~3週間のヘアサイクルの退行期に入って成長が止まります。そして、次のヘアサイクルの成長期に備えて抜け落ちます。

これが、ヘアサイクルの休止期です。この休止期は2~3ヶ月続きます。やがて、髪の毛は再び数年間のヘアサイクル成長期に入ります。

この一連の流れを、ヘアサイクルといいます。しかしさまざまな要因で、このヘアサイクルの周期が短くなると、新しく生える新毛より抜け毛が多くなり薄毛になってしまいます。そこでヘアサイクルの正しい知識を学び、 日々の育毛に役立てていきましょう。

ここでは、ヘアサイクルがどのような経緯をたどるのか詳しく説明していきます。

髪の毛のヘアサイクル

ヘアサイクルは、毛周期や発毛サイクルとも呼ばれます。

1本1本の髪の毛には寿命があります。髪の毛は成長したのち自然に抜け落ち、また同じ毛穴から新毛が生えてきます。この髪の毛の「成長期 → 退行期 → 休止期」の繰り返しがヘアサイクルです。

cycle01

出典:https://www.men-o.com/

髪の毛の成長期

成長期は、髪の作る毛母細胞が細胞分裂を活発に繰り返している段階のことであり、髪の毛が伸び続けている期間のことです。ヘアサイクルの中で、成長期の期間が一番長くなります。この時期の髪の毛は1ヶ月に約1cmのペースで伸び続けます。成長期の髪は全体の85~90%です。

成長期では、毛母細胞は毛細血管から栄養を受けとることによって細胞分裂しながら、髪の毛として成長していきます。そして成長期の後期には、髪は最も太くなり成長していきます。成長期の期間は男性が約2~6年、女性が約4~7年です。

髪の毛の退行期

退行期は、成長期で細胞分裂を活発に繰り返していた毛母細胞の活動が弱まり、髪の毛が成長しなくなる段階です。退行期はヘアサイクルのなかで、毛母細胞が成長しきった髪から次の新しい髪をつくるための準備をしている期間だと考えて下さい。

退行期では2~3週間ほどで髪が成長を完全に停止します。これについては、男女による差は見られません。髪全体の約1%が退行期にあります。

髪の毛の休止期

休止期とは、毛母細胞の細胞分裂が止まり、髪の成長も完全に止まっている状態のことです。休止期に入った髪は自然に抜け落ちるのを待っている状態だといえます。そして、毛母細胞は次の新毛をつくるための準備をし始めます。

このとき、成長が止まった髪の毛は次の新毛を育てようとするため、少しずつ上に移動し始めます。古い髪の毛が上に移動し、その下から新たに生えようとする髪の毛が生まれるのです。成長を止めた髪は上に移動することで、髪が抜けやすくなるのです。

休止期は約2~3ヶ月間続き、髪全体の10~15%を占めています。

正常な抜け毛の数について

日本人の平均的な髪の毛の本数は約10万本といわれています。その中で、1日平均50~100本が自然に抜けます。そのため、シャンプー時に50本ほどの抜け毛の場合は気にする必要はありません。

薄毛のひとであると、どうしても抜け落ちた髪の本数が気になります。もちろんシャンプーのときに大量の抜け毛があるのは問題ですが、数十本ほどであれば正常の範囲だと考えてください。

また、季節の変わり目や秋は抜け毛が多くなる傾向にあります。特に秋は、夏の紫外線のダメージや内臓の代謝機能の低下の影響が時間差で現れるため抜け毛が多くなります。

しかし、常に1日の抜け毛が150本以上になる場合は、間違った食生活により内臓が弱っていたり、頭皮ケアが正しくなかったりすることで抜け毛が多くなってしまっている可能性が考えられます。そのままにしてしまうとさらに薄毛が進行しますので、早めに食生活や毎日の頭皮ケアのやり方を変えなければなりません。

抜け毛の本数を正確に数える方法

それでは、どのようにして抜け毛の本数を数えることができるのでしょうか?

まず排水溝にネットを取り付け、シャンプー時の抜け毛の本数をできるだけ正確に数えます。1日に抜ける髪の毛のうち、50%から60%がシャンプーで抜けます。そのため、ここから1日の抜け毛の本数を逆算することができます。

例えば、シャンプー時に50本抜けた場合は、そこから逆算すると一日の抜け毛の本数は約80~100本となります。このことから、シャンプー時の抜け毛50本という数字は正常な本数と考えられます。

ただ、例えば毎日シャンプー時に60~70本抜ける場合はやや多いと思ってください。シャンプーのとき90本以上となると、1日の抜け毛の本数が150本以上となってしまい明らかに多すぎますので、早めの対策が必要です。

このように1日の抜け毛の本数を算出することによって、薄毛対策が必要かどうかを知ることができます。

ヘアサイクルを理解する意味

正しいヘアサイクルを理解することは、抜け毛への過度な心配をなくすことになります。抜け毛の正常な状態を知らないと、抜け毛を心配しすぎるあまり不安やストレスとなってしまうことがあります。そのことが髪の成長にマイナスに働くことになりかねません。

精神的なストレスは身体の血行を悪くします。その結果、頭皮に血液や髪に必要な栄養が十分に行きわたらなくなるます。そうして、またハゲが進行するという悪循環に陥るのでよくありません。

自分の抜け毛の本数を把握することは、健康状態を確認することにもつながります。そのため正しいヘアサイクルを理解したうえで、毎日の抜け毛の本数に注意を払うようにしましょう。