61

私たちの身体にとって、血管が柔らかくて丈夫であることは大変重要です。そして、血管が柔らかくて丈夫であることは、髪の毛の成長にとっても大切なことです

血管に弾力があると、血液の流れがスムーズになり身体の各細胞に栄養が十分に行きわたりやすくなります。すると、頭皮の髪の毛の成長の基となる「毛母細胞」にも、育毛にとって大切な栄養がしっかりと届くようになります。

しかし、血管の弾力が失われて血流が悪くなると、血管の老化が進みます。私たちがよく耳にする「動脈硬化」という症状は、血管の老化が進み硬くなった状態のことです。血管の老化が進むと、心筋梗塞や脳溢血などの重大な病気を引き起こしやすくなります。

また、私たちの頭皮には、髪を作る働きのある「毛母細胞」が存在します。血管の老化が進むと、この毛母細胞にも栄養が届きにくくなるので、髪が抜けやすくなります。このように、血管の老化は身体の健康だけでなく髪の健康や成長にとっても良くありません。

東京大学の研究チームによって発表された研究結果によると、頭頂部から後頭部にかけて脱毛が見られる人は、心臓病のリスクが高くなるとされています。頭頂部・後頭部の髪の毛が薄い人は、そうでない人と比べると、心臓病の発病率は48%も増加するそうです。

薄毛の進行が心臓病のリスクを高めるというは、血管の老化が心臓病と薄毛の両方に悪い影響を与えていることの表れです。

ここでは、血管を若く保つことが健康にも、髪の毛にもいかに重要であるかについて説明していきます。

血管を若く保つことが、髪と健康にとってなぜ大切なのか

本来、心臓から身体全体に血液を運ぶ動脈には、柔軟性と弾力性があるべきです。しかし、栄養バランスの悪い食事によって、血液中の糖分や脂質が多すぎる状態になっていると、血管内にコレステロールなどがたまりやすくなります。

コレステロールが血管の内壁にこびりつくことで血管内は狭くなり、血液の流れは悪くなります。血液の流れが悪くなると、心臓は血液を全身の隅々まで送るために血液を強く押し出そうとします。

このような状態が長く続くことで、血管内には常に大きなストレスがかることになります。すると、血管は少しずつ柔軟性と弾力性を失いだして、血管の老化が始まります。それが身体の老化の始まりにもなるのです。

当然ながら、身体が老化し始めると、髪の毛を力強く作り出そうとする毛母細胞の働きも低下します。そして、血流の悪い血管によって栄養不足となったことにより、毛母細胞の機能はさらに低下します。

このように、血管が老化することが身体の老化につながり、結果的に髪の毛の成長も鈍ることになるのです。人間は血管から老いるともいわれているのです。そのため、私たちが健康な身体と髪の毛を維持させたいと思ったら、血管の老化につながる生活習慣を改めなければなりません。

血管が老化し始めると

それでは、実際に血管が老化し始めると私たちの身体にどのような症状が表れるのでしょうか。具体的な症状は以下の通りです。

1. 疲れやすい または、疲れがとれない

2. 顔色が悪い

3. 身体が冷える

4. 肩がこる

5. むくみやすい

6. 肌の調子が悪い

7. 髪が抜ける

これらの症状は、ハゲやすい3つの体質である「炎症体質」「血行不順体質」「貧血体質」のうちの、血行不順体質にみられる症状と同じものが多く見られます。

また、今挙げた体調の状態が続くと血管が硬くなる「動脈硬化」のリスクが高まります。動脈硬化が進行すると、日本人の三大死因である心臓疾患や、脳血管疾患を引き起こす危険性が高まります。血管が老化すると、血圧も高くなり、色々な臓器の血管に障害が起こりやすくなるのです

特に、総務省の発表によると日本人の死因の約3割が、今挙げた心臓疾患と脳血管疾患です。これらの病気や抜け毛を防ぐためにも、血管を若く保てるように日頃から食事や生活習慣に気を配ることが大切です。

血管の老化を早める原因

血管の老化を早めてしまう原因は、年齢による自然の老化現象を除くと、食事や生活習慣である場合がほとんどです。つまり、毎日どのようなものを食べて、どのような生活を送るかが、血管の健康状態に大きく影響するのです。

以下に、血管の老化を早める原因を記します。

1. 高血圧

2. 高血糖

3. 高脂血症

4. 肥満

5. 喫煙

6. 睡眠不足

あなたの体質がこれらに当てはまり、また髪のトラブルに悩んでいるならば、食事や生活習慣を早めに正していくことが大切です。

丈夫な血管の状態とは

健康的な丈夫な血管は、例えていうならばゴムホースのような柔らかさと弾力性がある血管です。そして、老化し始めた血管は、その逆で硬く内部にも不老物が溜まっている血管です

また、健康的な丈夫な血管は血流がスムーズなため、身体の隅々まで栄養素や酸素がしっかりと届きます。しかし、老化し始めた血管は、血流が悪いため身体の隅々まで栄養素や酸素などが届きにくくなってしまいます。血管の状態によって私たちの健康状態も変わってくるのです。

今までは、一度老化した血管はもう戻せないとされてきました。しかし、最近の研究結果から、食事や生活習慣を改善することで、硬くなった血管の柔らかさや弾力性は、ある程度は取り戻すことができることがわかってきました

血管の内側には「内皮機能」というものがあります。内皮機能とは、血管の一番内側にある内皮細胞の働きのことです。この内皮機能の働きを、食生活や生活習慣を正すことによって高めていくことで、血管の老化を遅らせたり柔軟性を取り戻したりすることがわかったのです。

血管を強くする方法

先述の通り、血管の老化を早める原因は食事や生活習慣です。また、日頃の栄養バランスの悪い食事や喫煙や睡眠不足などの生活習慣によって、血管が老化は進んでいても、食生活や生活習慣を正すことで血管の柔軟性や弾力性は取り戻すことができますので、以下の点に注意して生活していきましょう。

食事

1. ソバ、緑黄色野菜、海藻類、きのこ類、大豆製品、豆類などを積極的に摂るようにしましょう。これらの食品に多く含まれるビタミンC、ビタミンE、ベータカロテンは活性酸素の働きを抑え、血管の老化を防ぐ働きがあります。野菜摂取量日本一の長野県は、平均寿命が日本一です

2. 肉類などの脂っこい食べ物を摂りすぎないようにしましょう。肉類中心の食生活に慣れてしまうと、味覚も身体も肉食に慣れてしまうので、後から肉類を減らすことが難しくなります。欧米人の成人男性のハゲ率が40%を超えるのは、肉食中心の食生活が大きな原因です

運動

運動不足は肥満を招き、血行にとっても良くありません。適度な運動は、血行を良くする効果やストレス軽減など、健康にも髪の成長にも良い効果をもたらします。ウォーキングや毎日のストレッチは、血行促進やダイエット効果が期待できます。血行促進は、育毛にとっても大変重要です。

睡眠

オランダのライデン大学メディカルセンターの研究者によって行われた実験の結果、「睡眠時間が短いと、血管が硬くなる動脈硬化の進行が進む」ことが判明ました。短すぎる睡眠時間が血管の状態や体の代謝調節に悪影響をもたらすことがわかったのです。

また、髪の毛が生産されるのは、夜中の22:00~26:00であることもわかっています。そのため、この時間に良質で十分な睡眠を取ることは、血管の老化防止や髪の生育のためにも不可欠です。

血管を丈夫にするルチンの力

血管を丈夫にするスーパーフードに、ソバがあります。日本には「ソバ好きは、長生き」ということわざがあります。昔から日本では、ソバが長寿食であったのです。先述の平均寿命日本一の長野県は、野菜摂取量も日本一ですが、ソバの名産地でもあります。そのため、そばの摂取量が多いのも長野県の特徴です

ソバに含まれる栄養素である「ルチン」には、血管強化作用の働きがあることがわかっています。ルチンはポリフェノールの一種です。ポリフェノールは植物が紫外線から自身を守るための物質ですが、実は穀物類ではソバにしか含まれていないのです。

ルチンの健康効果とは

ルチンには、様々な素晴らしい健康効果があります。特に、血管の老化を防ぐには理想的な栄養素といえます。ルチンの健康効果は、以下の通りです。

1. ルチンは、血管の柔軟性や弾力性を保ち、血流をスムーズにしてくれたり、もろくなった毛細血管の修復や強化をしたりする

2. 血管の収縮機能を強化するので、血流が良くなる

3. ルチンには強い抗酸化作用があるので、細胞の酸化(細胞がサビること)を防ぐ

4. ビタミンCと一緒に摂取することで、コラーゲンの合成を促進させ美肌効果を期待できる

ルチンの効果的摂取法とは

以上のように、血管を丈夫にする働きのあるルチンですが、効果的に摂取する方法があります。その方法を以下に記します。

1. ソバ100g中に含まれるルチンは10~20mgとなる。一般的なソバ屋さんのソバ1枚140gを食べれば、1日のルチン摂取量30mgを満たすことになる。

2. ルチンは水溶性なので、ソバを茹でた後のソバ湯やソバ茶を飲むと良い。特に、韃靼(だったん)ソバという種類には、普通のソバの約100倍ものルチンが含まれている。この韃靼ソバのお茶は、スーパーで売っている。

3. ビタミンCと一緒に摂取すると、ビタミンCの吸収率が高まり美肌効果が期待できる。

4. ルチンを継続的に摂取することが、血管の老化防止に有効である。

血管の老化を防止することは、私たちが健康を維持していくために大変重要です。そのため、生活習慣や食事を通して十分に注意していきましょう。また、血管の老化を防ぐことは、髪を作る頭皮の老化の防止にもつながります。健康と育毛のためにも柔軟で丈夫な血管を維持していきましょう。