髪の毛は、約90%がケラチンという成分で構成されています。ケラチンは、髪の毛だけでなく、爪や皮膚の角質層も形成する成分です。ケラチンは体内で作られて、髪の毛や皮膚、爪を正常に形成するために使われます。

ケラチンは、18種類のアミノ酸から作り出されているタンパク質の1種です。ケラチンは、髪の毛の表面を覆うキューティクルを保護したり栄養を与えたりすることで、髪の毛の健康を保ち傷んだ髪を補修する効果もあります。

ハゲに悩む人は、体内でケラチンが上手く作り出されていないために丈夫な髪の毛が生えてきていない可能性があります

最近、抜け毛が増えたり髪の毛にコシが無くなってきていたりする場合は、ケラチンの体内での合成が上手くいっていないことが考えられます。そのような場合は、体内でケラチンをいかに作り出すことができるかがハゲ改善のポイントになってきます

そのためには、ケラチンを構成するアミノ酸を効果的に摂取するようにすることが大切になってきます。

ここでは、ケラチンとはどのような成分でどのような食品に含まれているのか、そしてハゲ改善のためには、アミノ酸をどのように摂取するのかが効果的であるかを説明していきます。

ケラチンを詳しく説明する

ケラチンとは、タンパク質の1種で、髪の毛の90%以上を構成する物質です。また、ケラチンは18種類のアミノ酸から成り立っています。アミノ酸とは、全ての生命体の源となっている物質であり、アミノ酸がなければ生物は生命を維持できないほど重要な物質です。

私たちの身体の約20%はタンパク質で構成されていて、アミノ酸を材料として皮膚や髪、筋肉や血液など、または細胞や酵素などを形成しています。

ケラチンは、髪の毛や皮膚を作るために大切な成分ですが、働きによって大きく2つに分けられます。髪の毛や爪を作る働きがあるのが「オイケラチン(硬いケラチン)」で、皮膚を作る働きがあるのが「プソイドケラチン(柔らかいケラチン)」となります。

ケラチンは、繊維などの他のタンパク質には含まれないアミノ酸「シスチン」を約15%含んでいます。シスチンは特に髪の毛に含まれますが、髪の毛はシスチン含有量が多いほど太く丈夫になります

ケラチン形成に欠かせないアミノ酸

ケラチンは、18種類のアミノ酸から体内で作り出されているタンパク質ですが、その中でアミノ酸が1つでも不足してしまうと、髪の毛の成長がスムーズに進まなくなります。

また、18種類のアミノ酸の中で、特に上位7つがケラチン成分の約70%を占めるといわれています

18種類のアミノ酸は、以下の通りです。

1. シスチン

2. グルタミン酸

3. ロイシン

4. アルギニン

5. セリン

6. スレオニン

7. アスパラギン酸

8. グリシン

9. バリン

10. アラニン

11. フェニルアラニン

12.イソロイシン

13. チロシン

14. リジン

15. ヒスチジン

16. メチオニン

17. トリプトファン

18. ヒドロキシプリン

上位7つの赤文字で書かれたアミノ酸が、ケラチン成分の70%を占めます。1番目に挙げられるシスチンには、髪を太く丈夫にする効果と頭皮の老化を抑える効果があります。また、4番目のアルギニンには血管を拡張させる働きがあり、頭皮の血行を促進します。

不足しやすいリジンの育毛効果とは

上記の18種のアミノ酸の中で、14番目に記されている「リジン」が最も不足しやすいアミノ酸になります。リジンは、ケラチンの中に2%しか含まれていません。また、体内で作ることもできないことから不足しやすいアミノ酸です。

リジンは、穀物から摂取することは難しいとされていますが、鶏肉や乳製品、大豆製品、魚介類から摂取するようにすれば、大きく不足することはありません。しかし、リジンは不足しやすいアミノ酸であることから、サプリメントで補うことも育毛に有効とされています。

欧米では、リジンの育毛効果についてその効果が認められて近年では育毛剤の成分としても注目されています。

英国企業のバイオサイエンティフィック社が、男女に関係なく抜け毛や薄毛の治療にリジンの有効性を証明しました。男性型脱毛症(AGA)の治療にも効果があることが分かっています。

リジンは単体だけでも育毛効果は期待できますが、頭皮の血行を促進する働きを持つ「ミノキシジル」と併用することでミノキシジルの効力を高めることができるといわれています。

そのため、欧米ではリジンのサプリメントがミノキシジルと一緒に広く使われています。最近では、育毛目的でのリジンのサプリメントは日本でも入手することが可能になっています。

ミノキシジルには副作用がある

ただ、ミノキシジルには副作用があることが分かっています。ミノキシジルが配合された発毛剤「リアップ」の説明書にも、副作用の注意点が明記されています。ミノキシジルには副作用があることから、使用する際には医師や薬剤師の処方が必要になります。

ミノキシジルの副作用は、ミノキシジルには本当に発毛効果があるのかで詳しく説明しています。

ケラチン生成のために有効な食品はアミノ酸スコアを参考にする

ケラチン生成のためには、バランスよくアミノ酸をとることが必要です。この時に、「アミノ酸スコア」の高い食品を意識しながら摂るようにすることを心がけると、効率よくバランスのとれたアミノ酸を摂取することができます。

アミノ酸スコアとは、各食品のアミノ酸のバランスを数値化したもので、100に近いほど良質の食品とされています。アミノ酸スコアが低いとタンパク質の合成は少なくなります。

たとえタンパク質を多く含んでいる食事を摂ったとしても、アミノ酸スコア自体が低ければ十分な食事とはいえないので、不足したアミノ酸を他の食品から補う必要が出てきます。

私たちの身体は、約20%がタンパク質で占められていています。タンパク質が、筋肉や髪、皮膚、内臓、骨などの材料になります。アミノ酸スコアの高い良質のタンパク質は、肉や魚、卵、乳製品です。これらの食品を効果的に摂ることで、丈夫な身体や髪の毛は作られるのです。

食品別アミノ酸スコアを確認する

アミノ酸スコアの数値は、以下の通りです。

1. 肉類

・鶏肉 100

・鶏卵 100

・豚肉 100

・馬肉 100

・マトン 100

・鶏豚レバー 100

・ロースハム 100

・牛肉 98

・ベーコン 95

2. 魚介類

・かつお 100

・イワシ 100

・マグロ 100

・アジ 100

・鮭 100

・サンマ100

・穴子 100

・タラ 100

・アユ 100

・かつお節 100

・かまぼこ 100

・ウニ 82

・ホタテ 71

・アワビ 68

3. 乳製品

・牛乳 100

・ヨーグルト 100

・生クリーム 100

・ナチュラル 92

・プロセスチーズ 91

4. 穀物

・とうもろこし 74

・玄米 68

・精白米 65

・食パン 44

・小麦粉(薄力粉)44

・そうめん 41

・うどん 41

・コーンフレーク 16

5. 豆類

・枝豆 92

・おから 91

・大豆 86

・豆乳 86

・油揚げ 77

・醤油 22

6. 野菜

・ブロッコリー 80 

・ニラ 77 

・アスパラガス 68 

・カボチャ 68

・ニンジン 55

7. ナッツ類

・栗 64

・落花生 62

・アーモンド 50

・ゴマ 50

・クルミ 44

このように、アミノ酸スコアは、肉や魚、乳製品、卵などが高い数値を示します。一方で、穀物や野菜のアミノ酸スコアは低い傾向にあります。良質のタンパク質と思われている豆類も、思いのほかアミノ酸スコアは高くありません。

髪の毛はケラチンで構成されているので、ケラチン生成のためにはバランスの良い食事からバランスよくアミノ酸をとることが必要です。

また、アミノ酸スコア値においては魚も肉もほぼ100に近いのであれば、魚を肉よりも多く食べるようにした方が髪の毛にとっては良いといえます。理由としては、魚に多く含まれているオメガ3脂肪酸による毛根に直接栄養を与える効果や血液サラサラ効果、そしてアンチエイジング効果が期待できるからです。

反対に、肉の食べ過ぎは頭皮の皮脂を増やしたり血液をドロドロにしたりすることで、ハゲにつながる「脂漏性皮膚炎」を招きやすいことも分かっています。

ケラチン生成を助ける他の成分も知っておく

ケラチンは、アミノ酸のみで生成されるわけではありません。アミノ酸の他にも、いくつかの成分のサポートがあってこそケラチンは体内で作られるのです。

体内でのケラチン生成をサポートする成分は、以下の通りです。

1. ビタミンB群:うなぎ・レバー・マグロ

ビタミンB群は、細胞形成の際必要とされる成分です。中でもビタミンB6は、ケラチンを合成する時に亜鉛の働きを助けます。

2. 亜鉛:牡蠣・牛肉

亜鉛は、アミノ酸をケラチンに合成する際に必要です。また亜鉛は、抜け毛の原因になるといわれる「ジヒドロテストステロン」を抑制する働きもあります。

3. オメガ3脂肪酸:イワシ・サバ

先述の通り、オメガ3脂肪酸には、毛根に直接栄養を与える効果や血液サラサラ効果、皮膚のアンチエイジング効果などが期待できます。

4. ビタミンA:うなぎ・レバー

ビタミンAは、美容や健康に高い効果があります。

5. ビタミンC:柑橘類・イチゴ

ビタミンCには血行促進作用、筋肉や骨を生成する作用があります。

6. ビタミンE:ナッツ・ゴマ

ビタミンEが血行促進を促します。

このように、髪の毛の約90%を占めるケラチンは、アミノ酸だけではなくさまざまな成分がお互いにサポートしあうことで生成されることが分かります。常々、髪の毛の成長にはバランスのとれた食事が大切であるといわれる理由は、正にここにあるのです。

アミノ酸系シャンプーの効果を検証する

最近は、育毛効果が得られるとして「アミノ酸系シャンプー」が注目されています。アミノ酸系シャンプーとは、界面活性剤にアミノ酸が含まれているシャンプーのことを指します。

アミノ酸系シャンプーが人気なのは、アミノ酸が髪の毛の主成分であるケラチンを作るのに必要不可な成分であるからです。

アミノ酸系シャンプーは、頭皮や髪と同じ弱酸性でできているために洗浄力は若干落ちますが、低刺激で優しく洗うことができるので、ハゲに悩む人にはオススメのシャンプーといえます。

皮膚に刺激の強すぎる化学成分配合シャンプーは、シャンプーの際必要な皮脂までを落としてしまうので、そもそも頭皮にはよくありません。その点、アミノ酸は髪の毛だけでなく人間のあらゆる皮膚に存在することから、アミノ酸系シャンプーは化学成分系シャンプーと違って安心して使用することができます。

またアミノ酸系シャンプーは、その成分からハゲに悩む人だけでなく髪を健やかに保ちたいという多くの人からも支持されています。

このように、最近では洗浄力を重視した化学成分系シャンプーよりも、髪の生成に役立つアミノ酸を配合したシャンプーの方が人気を集めています。

高品質のアミノ酸系シャンプーの見分け方

アミノ酸系シャンプーには、さまざまな製品があります。その中で、いくつかのアミノ酸系シャンプーにはアミノ酸成分を少ししか含んでいない粗悪なシャンプーもあります。

そのような粗悪なシャンプーを買わなくてもいいように、高品質なアミノ酸系シャンプーを簡単に見分ける方法がありますので、確認しておいて下さい。

粗悪なアミノ酸系シャンプーはアミノ酸濃度が低くなります。アミノ酸濃度が高い高品質シャンプーを見分けるには、アミノ酸系の3つの洗浄成分である「メチルアラニン系」「ココイル系」「べタイン系」のいずれかが配合されているかを確認します

それらの表示があれば、アミノ酸の成分が十分に含まれているということです。

成分の組み合わせも確認する

ただ、アミノ酸系シャンプーの短所として、洗浄力が弱いということがあります。また、長所としては頭皮に優しい点が挙げられます。

上記の3つの成分である「メチルアラニン系」「ココイル系」「べタイン系」には、それぞれの長所と短所があることから、3つの成分を組み合わせることで、しっかりと汚れを落としながら頭皮にも優しいという両方の効果が得られるようになるのです。

そういった意味では、メチルアラニンに、ココイル系やベタイン系の成分を追加しているアミノ酸シャンプーが理想の成分構成だといえます

それらは、以下の組み合わせになります。

洗浄力が高く頭皮にも優しい理想的な組み合わせ

・メチルアラニン+ココイル系

・メチルアラニン+ベタイン系

・メチルアラニン+ココイル+ベタイン系

洗浄力は高くないが頭皮には優しい組み合わせ

・ココイル系のみ

・ベタイン系のみ

・ココイル系+ベタイン系

メチルアラニン成分は、洗浄力が強く肌にも優しいことから理想的な成分ですが、どうしても高価になってしまいます。そのために、メチルアラニン成分を、より安価なココイル系やベタイン系成分と組み合わせることで、洗浄力が高く頭皮にも優しく尚かつ購入しやすい値段の理想的なシャンプーになるのです。

髪の毛の主成分であるケラチンを体内で生成することが、丈夫で健康な髪の毛作りには欠かせません。そのためにも、普段の食事において質の高いタンパク質を含んだ食品を魚を多めに摂ることを心がけるようにしましょう。同時に、頭皮と髪の毛にとって理想的なアミノ酸系シャンプーを使って育毛効果を高めるようにしていきましょう。