AGA(男性型脱毛症)に悩むあなたは、ハゲている部位によってその原因や治療方法、薄毛の改善のしやすさが異なることを知っていますか?

通常、後頭部(頭頂部)、前頭部、前頭部から側頭部にかけた部分(いわゆるM字部分)の3箇所が主に薄毛になりやすいです。

後頭部のハゲはローマ字のOに見えることからO字ハゲ、前頭部のハゲは同様にU字ハゲ、前頭部から側頭部にかけた部分は同様にM字ハゲともよびます。

ただし、人によって薄毛部分がO字になるか、U字になるか、M字になるかはまちまちです。

これは後頭部と、前頭部や前頭部から側頭部にかけた部分(生え際付近)では、薄毛となる原因が異なるからです。

よって、薄毛が起きている部分に合わせてその治療方法も併せて変化させる必要があり、治療のしやすさも異なります。

ここでは、頭頂部(つむ字付近)のハゲが起こる原因とその治療方法について詳しく解説していきます。

頭頂部の薄毛は治療しやすい

薄毛になる代表的な場所の一つと頭頂部があります。頭頂部の薄毛は自分では気づきにくく、誰かに指摘されたことで気づく場合が多いです。

そのため、指摘を受け気づいたときには頭頂部(つむじ付近)の薄毛が進行しているケースも多くあります。

早期の段階で薄毛に気づければその治療はより容易になりますが、薄毛がある程度進行していたとしてもそれが頭頂部であれば改善できる可能性は高いです。

実は頭頂部のハゲ(O字ハゲ)は、他の代表的なハゲである前頭部のハゲ(U字ハゲ)や前頭部から側頭部にかけたハゲ(M字ハゲ)よりも治療しやすいです。

頭頂部はU字やM字ハゲが起こる部分よりも血管の量が多く、遺伝の影響は少ない部位だからです。そのため、適切な対策をとることで頭頂部の薄毛は改善することが可能です。

一方でU字ハゲやM字ハゲは遺伝による影響も強く、一度ハゲると血管の数が少ないことから治療することが難しい傾向にあります。

頭頂部の薄毛(O字ハゲ)が起こる原因

それでは、頭頂部(つむじ付近)のハゲが起こる原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

治療を行うにはまず原因を知ることが大事であり、頭頂部の薄毛(O字ハゲ)が起こる原因を以下で確認していきます。

 ①AGA(男性型脱毛症)

AGA(男性型脱毛症)が起こる原因としては、男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)の分泌量が増えることです。

そして、このジヒドロテストステロン(DHT)は年齢が増すごとに分泌量が増えていきます。

このDHTの分泌量が比較的多い部位の一つに頭頂部(つむじ付近)があります。そのため、頭頂部がハゲることにつながります。

ただ、比較的DHTの分泌量が多いと言っても、他の代表的なハゲであるO字ハゲやM字ハゲになる部分の分泌量よりは大幅に少なく、治療も容易です。

 ②生活習慣の乱れ

頭頂部のハゲの原因はAGAの原因であるジヒドロテストステロンの影響だけでなく、生活習慣の乱れが原因となっている場合も大きいです。

また、ジヒドロテストストロンの分泌が起こる量は前頭部よりは少ないという科学的なデータもあります。

そのため、食事の質が悪かったり、運動不足であったり、睡眠の質が悪いことでつむじ付近のハゲが進行するといえます。

食事では加工食品などに含まれる添加物や糖質過剰な食事などにより乱れていたり、寝る前までスマホをやパソコンのしていることによって自律神経が乱れ、結果として睡眠の質をさげている場合があります。

生活習慣をきちんと改善することによって、頭頂部のハゲは治る可能性がありますので、きちんと生活習慣を整えていきましょう。

 ③強いストレスや喫煙、日焼けなどによる頭皮への負荷がかかる

強いストレスがかかるとAGAの原因となるジヒドロテストステロンの生成を増やすホルモン(専門用語ではコルチゾール)が増えます。結果としてAGAによるハゲを促進させてしまいます。

また、ストレスにより緊張状態が続きますと、自律神経が乱れます、自律神経が乱れますと、血行不順になったり、睡眠の質を下げたりと薄毛改善にとって、良くない状況を引き起こします。

他には喫煙をすることで、血行不順が起こります。血行不順により、頭皮への血流が少なくなると、発毛・育毛に必要な栄養が届かなくなり、結果として薄毛を加速します。

太陽光による頭皮の日焼けが起こると、頭皮が赤くなったり、ヒリヒリしたりと、炎症をおこした状態となります

※整髪料やワックスのしようのし過ぎにも気を付ける

出来る限り薄毛にとって良くない先に述べた内容を行わないように心がけていきましょう。

頭頂部の薄毛(O字ハゲ)の治療方法

頭頂部のハゲの原因は、先に述べたようにAGAによるもの以上に生活習慣の乱れやストレスなどの薄毛になりやすい状況を作り出してしまうことでした。

よって前頭部の薄毛にように直しにくい部分と比べると、比較的容易に治ります。

具体的な治療方法について以下で確認していきます。

①生活習慣を見直す

来頭頂部の薄毛の原因の大きな割合を占めるのが生活習慣の見直しでした。

つまり、生活習慣をきちんと整えることでつむじハゲを直すことが可能ともいえます。

具体的には、食事をきちんと3食、バランスよくとりましょう。栄養不足では頭皮から発毛・・育毛をおこすための栄養がまわ

さらには髪の発毛:育毛を促進する栄養素である亜鉛や、髪を構成るタンパク質などが不足しないように意識したり、サプリ面とで補うようにしましょう。

運動面では運動不足の場合、きちんと解消していきましょう。運動不足だと、血行不良が起こるだけでなく、筋肉の低下からおこる姿勢の悪化による更なる血行不良を起こす場合があります。

また、運動をすることによって成長ホルモンであるDHEAを分泌させます。DHEAはより前向きで合ったり、活発にするためのホルモンであり、DHEAの分泌は薄毛の改善に効果があります。

睡眠の面では、きちんと7~8時間の睡眠をとるようにしましょう。また、成長ホルモンがより分泌される時間帯が10時から12時あたりであるため、なるべくでしたら12時前までに睡眠をとるようにしましょう。

また、寝る直前までスマホやパソコンを使用していると、ブルーライトにより自律神経が乱れます。結果として、睡眠の質を低下させるため、結果として薄毛につながります。

②ストレス発散をきちんと行う

生活習慣の改善に加えて、薄毛になりやすい行動をやめることでO字ハゲを改善することができます。

具体的には、ストレスが溜まった時にきちんとストレスを発散することが大事です。自分なりのストレス発散方法を見つけるといいです。

私の場合は部屋に簡易防音室があるため、この中にこもって歌うことでストレスを発散しています。

③喫煙をやめる

たばこを吸うと頭皮への血流量が下がるため、育毛のためには喫煙者は喫煙をやめましょう。

ただ、どうしても喫煙をやめられないケースでは、最初は喫煙量や喫煙の頻度を下げ、徐々に禁煙に近づけていきましょう。

④頭皮の日焼け予防をする

肌の紫外線対策はしたとしても、頭皮の紫外線対策をとっている人は意外に少ないです。

夏場などの日差しが強い場合は頭皮も日焼けします。日焼けとは、軽度の火傷と同じような現象であるため、皮膚が炎症を起こしていることと同じです。

そのため、頭皮の日焼けがおこるということは頭皮環境が悪化していることであり、結果として薄毛につながります。

帽子を適切にかぶるなどの対策により、頭皮の日焼けにも気を付けましょう。ただ、帽子をずっとかぶった状態で汗をかいた場合、水分が防止内でこもり雑菌が繁殖します。結果として抜け毛が増える場合がありますので、適度に帽子を活用していきましょう。

⑤整髪料などのヘアケア剤を付けすぎない

※修正中

育毛剤を使用すると頭頂部の薄毛がより改善する

先に述べたような生活習慣の改善や薄毛になりやすい状況を避けても、頭頂部の薄毛改善効果が見られなかった場合は、育育毛剤を使用しましょう。

育毛剤は高い薄毛改善効果があるだけでなく、有効成分が天然由来成分であるために副作用がほとんど起こりません。

発毛剤とよばれる製品のリアップにもより高い薄毛改善効果が期待できますが、こちらは医薬品であるために、強い副作用が出る場合があります。

特に頭頂部の原因は先に述べたように、日常生活を見直すだけでも比較的治療しりやすいことから育毛剤の使用だけでも十分効果が出る可能性があります。

まとめ

ここでは、頭頂部(つむ字付近)のハゲが起こる原因とその治療方法について解説しました。

頭頂部(つむ字付近)のハゲは他の薄毛が起こりやすい前頭部付近のハゲよりも遺伝による影響が少なく、生活習慣が悪いことが影響しているケースも多くあります。

また、頭頂部には前頭部付近よりも血管が多く通っているため、頭頂部の薄毛は比較的改善しやすいです。

そのため「生活週間を見直す」「ストレス発散する」「喫煙をやめる」「頭皮の日焼け予防をする(帽子をかぶる)」「整髪料の使い過ぎを避ける」といった日常生活の中でできる薄毛対策をきちんと行うだけでも、頭頂部の薄毛は改善できる場合もあります。

さらに薄毛改善の効果を高めたいのであれば育毛剤を使用するといいです。

育毛剤は高い薄毛改善効果があるだけでなく、副作用もほとんどないため、頭頂部の薄毛を治療できる確率が大幅に上がります。

日常生活を改め、育毛剤を使用することで頭頂部の薄毛を改善していきましょう。