AGA(男性型脱毛症)として知られる男性のハゲ(薄毛)の治療に効果がある成分は大きく二つに分けることができます。

一つは有名な発毛薬であるリアップなどの有効成分である「ミノキシジル」であり、もう一つがプロペシアの有効成分である「フィナステリド」と呼ばれるものです。

プロペシア(一般名:フィナステリド)は元々、前立腺肥大のための薬として使用されていました。ただ、臨床試験の過程で男性型脱毛症の人にフィナステリドを投与するとハゲの改善が見られたため、発毛剤としての研究も始まり、現在に至ります。

ミノキシジルが発毛促進によるAGA治療であるとすると、プロペシア(一般名:フィナステリド)は抜け毛抑制によるAGA治療ともいえ、効果が異なります。

また、外用薬ではなくフィナステリドは飲む薬(内服薬)であることも特徴の一つです。

ここでは、AGA治療に効果があるプロペシア(一般名:フィナステリド)の性質と発毛効果、副作用について詳しく解説しています。

フィナステリドがAGA(男性型脱毛症)治療に効くメカニズム

プロペシア(一般名:フィナステリド)がAGA治療に効くメカニズムを解説する前に、AGA(男性型脱毛症)によって毛が抜けるメカニズムについて解説します。

薄毛が起こるとき、男性ホルモンとして有名なテストステロンによる作用が原因ではありません。いくらテストステロン値が高くてもハゲないのです。

ただ、同じ男性ホルモンの中でも、ジヒドロテストステロン(DHT)という物質が作られると話は変わってきます。ジヒドロテストステロンが多く生成されると、髪が抜けやすくなり、結果AGAとなる可能性が高まります。

また、テストステロンは人の体内に存在する酵素によってジヒドロテストステロン(DHT)に変わります。つまり、「テストステロン → ジヒドロテストステロン」へと変換されるのです。

薄毛の人は酵素(専門用語では5α-リダクターゼ)の働きが強く、ジヒドロテストステロン(DHT)を多く体内で生成しています。

ここで、プロペシアを飲むと酵素の働きを抑制することができてジヒドロテストステロンの量を少なくできるため、AGA治療に効果があるのです。

内服薬のメリット・デメリット

通常、育毛剤は頭皮に塗るのが基本です。ただプロペシア(一般名:フィナステリド)は、塗る・付けるといった外用薬ではなく、飲み薬(内服薬)であるという特徴があります。

飲む発毛剤(育毛剤)のメリットは、薬として飲むことで有効成分が血管内を通り、直接頭皮にフィナステリドの効果を働きかけることにあります。

外用薬では、人によっては有効成分が浸透しにくかったり、汗により流れてしまったりする場合があります。

特に汗っかきの人や夏場の汗をかきやすい時期は、外用薬の効果が下がります。

私自身も汗っかきであり、特に頭皮の汗の量が非常に多いため、飲み薬が販売されたことで非常に助かったため、塗り薬や外用薬でなく、内服薬であるというだけでも一般的な発毛剤よりも発毛効果が高いといえます。

内服薬では副作用が深刻になる場合がある

一方、飲む発毛剤(育毛剤)のデメリットは、飲むことでその成分が血管の中を通り、体の細胞に働きかけます。そのため、プロペシアの服用によって副作用が起きた場合、塗り薬と比べて副作用がより深刻になります。

もし、副作用が起きた場合は薬が代謝(薬の効果がなくなること)されて、身体の中から排出されるまで待つしかありません。薬が外に出るまでは副作用に苦しみ続けることになります。

ただしプロペシアは一般的な内服薬と比較しても副作用が少ないため、あまり心配することはありません。

内服薬では飲み忘れがある

他のデメリットとしては、内服薬であるために飲むことや飲む量を忘れてしまうことが挙げられます。

塗り薬では患部に塗ることで若干べたつきが起きるため、塗ったことを忘れることは比較的少ないです。

ただ飲み薬では、服用したかどうかを容易に判断する方法がないために、飲み忘れる場合があります。

そこで、きちんと飲む時間帯を決めたり、専用の薬の容器を設けたりして、飲み忘れを起こさないように気を付けましょう。

ちなみに、私は忘れっぽいため、以下のような容器で管理しています。

 

あまりにも多くの量をケースに分けると、薬が酸化されてしまい効果に悪影響を与えます。そこで、多くても1週間分程度にしましょう。

フィナステリドの効果は?効果が出るまでの期間

実は、フィナステリドとミノキシジルの2成分のみが厚生労働省からかなり効果が高いと認可されている医薬品です。

そのため、プロペシア(一般名:フィナステリド)は薄毛治療に非常に効果が高いです。

AGAに悩む成人男性の場合、フィナステリドを服用し始めて1年ほどたってから効果が見られる割合はおよそ75%ほどです。

さらに、育毛剤と併用することで、改善する割合が高くなるというデータがあります。

効果が出るまでの期間

フィナステリドの効果により薄毛改善されるには早くてもおおよそ半年~1年ほどかかると言われています。

私もフィナステリドを服用し、改善されたという実感が出始めたのがおよそ半年後あたりからでした。

「かなり長い期間が必要になるのだな」と考えるかもしれません。ただ、これはヘアサイクルと呼ばれる「髪の毛が生えだしてから、成長し、抜けていくまでの一連の流れの期間」と関係があります。

ヘアサイクルはおよそ2年~6年ほどです。

そのため、フィナステリドを摂取し始めたとしても効果がみられるためには、ヘアサイクルの期間より若干短い半年~1年程度はかかってしまいます。効果が見られ始めた後も飲み続けることが大事であり、数年かけることでその効果が高まります。

もちろん個人差はありますし、生活習慣、他の育毛剤との併用をすることで、その効果をさらに高めることができます。

なお、プロペシア(一般名:フィナステリド)を飲み始めて1か月ほど、髪が逆に抜けやすくなる初期脱毛と呼ばれる現象があります。これはヘアサイクルが整い始めている証拠ですので、気にせずに半年~1年間服用することを徹底しましょう。

フィナステリドの摂取量や飲む際の工夫

次にフィナステリドの摂取の方法について解説しています。

一般的なプロペシア(一般名:フィナステリド)の摂取量は1mg/1日とされています。

私が薄毛改善するために摂取していたフィナステリドの量は効果が見られる半年ほどまでは1mg/1日であり、そこから1年半ほどは1mg/1日と0.5mg/1日を交互に服用していました。

その後は0.5mg/1日と服用量を減らしていますが、発毛・育毛の効果は特に下がっていなく、現在でも徐々に増え続けています。

実際に日本において、24歳~50歳の薄毛男性に「フィナステリド0.2mgを毎日服用した場合」「1mgを毎日服用した場合」「プラシーボ(偽薬)を服用する」という臨床実験が行われたことがあります。

1年間飲み続けた結果では、「0.2mg服用したグループの54%」「1mg服用したグループの58%」で薄毛改善しています。プラシーボ(偽薬)では6%しか改善しなかったため、プラシーボ効果を除いたとしても、0.2mgの服用で効果があるといえるでしょう。

コスパを上げ、さらには副作用を小さくするために、私は「服用量を減らす」という工夫をしてみました。あなたも自分にあった摂取量を見つけていきましょう。

錠剤を半分に割るためには、爪を錠剤の中央付近にあて力を入れることで割ることができます。

もし、手で割れない場合は包丁、もしくはハサミを使用するとより簡単に割ることができます。

フィナステリドを服用する時間帯

毎日フィナステリドを服用することでAGAに効果があると解説しましたが、おすすめの時間帯はあるのでしょうか?

答えは「いつ飲んでも大丈夫」です。

ただし、毎日一定量以上を服用すること(効果がみられるまでは1mg/1日服用)が重要であるため、飲むことを忘れないようにしましょう。

私の場合は朝食をとった後に飲む習慣を付けています。

また、飲んだかどうかを忘れて、追加でフィナステリドを飲むことは避けましょう。薄毛治療の効果が変わらないだけでなく、副作用を起こす確率が高まるからです。これを避けるため、飲み過ぎには注意しましょう。

なお、朝食後に飲むのを忘れたとしても、昼食後や夕食後に飲めば問題ありませんので、毎日きちんと服用することを意識しましょう。

フィナステリドの副作用

フィナステリドは副作用が少ないとされていますが、他の薬と同様に全くないということはありません。

もちろん、個人差があり、効果のみが見られ副作用が全く起こらない方もいれば、逆に副作用のみが見られ効果が全くない方もいるということを頭に入れて服用し、AGA治療にチャレンジをしていきましょう。

統計的には、プロペシア(一般名:フィナステリド)の服用による副作用が出る確率は服用者の3%程度であり、副作用の程度も重大な病気の報告などはほぼなく、自覚症状程度である場合が多いです。

参考までに、代表的な副作用は以下が挙げられます。

①勃起不全(ED)

完全に男性機能がなくなってしまうというレベルの副作用というよりは、あくまで自覚症状程度と言える場合が多いですが、勃起不全(ED)になる場合があります。

私自身も自覚症状レベルですが、若干ED気味となるときがあります。プロペシア(一般名:フィナステリド)は男性ホルモンの働きを抑える薬であるため、副作用に勃起障害が存在するのです。

なお、フィナステリドの服用を1週間ほどやめることで、EDが大幅に改善されることが確認されています。また、フィナステリドの使用量を少なくしても問題ありません。使用量は各自最適な量を見つけていきましょう。

②肝機能障害

まれに肝機能障害を起こす場合があります。

元から肝機能に障害を持っている方は、服用時に注意することを心掛けましょう。

また、アルコールとの服用により、より肝臓に負担がかかる場合があります。肝臓に負担をかけないようアルコールを控えるなど生活習慣を整えることも意識しましょう。

③癌(ガン)

直接的にフィナステリドが原因と特定されているわけではないですが、ごくまれに前立腺がんのリスクが高くなる場合があります。

これは、前立腺肥大の薬として5mg/1日以上を続けて摂取することで前立腺がんを生じることがごくまれにあるとされています。

育毛としてフィナステリドを摂取する場合は1mg/1日以下が目安ですが、できる限り摂取量を減らした上での効果を発揮できるような最適な摂取量を見つけていきましょう。

フィナステリド服用の注意点

フィナステリドは服用してはいけない人がいることを注意しましょう。

また、フィナステリド服用者が行ってはいけない行動があり、それは以下の通りです。

①女性は服用してはいけない。

プロぺシアは女性に対して禁忌です。特に妊娠中の女性は絶対に服用しないようにしましょう。

これは妊娠中の女性が服用すると胎児の性器に異常をきたす恐れがあるからです。

また、女性にもAGA(男性型脱毛症)がありますが、男性と根本的に脱毛の仕組みが異なるため、フィナステリドを服用したとしても、薄毛治療の効果がほとんど無いため飲むことは控えましょう。

②服用者は献血を控える

フィナステリドは内服薬であるため血流に乗り、全身にフィナステリドの成分が流れます。

そのため、フィステナリド服用者が献血として血を提供し、その血を妊婦が何かしらの状況で受け取ると、胎児に悪影響を及ぼす恐れが出てきます。

そのため、フィステナリド服用者は献血に行くことを控えてください。

③前立腺がんの腫瘍マーカー検査では、フィナステリド服用を伝える

フィナステリドを服用することで、前立腺がんの腫瘍マーカーの値が正常値から外れる可能性が高まります。

プロペシア(一般名:フィナステリド)の服用により、前立腺の機能がおかしくなっているということではありません。ただ、検査結果が異常と出てしまうため、前立腺がんの腫瘍マーカー検査を受けられる方は服用の事実を伝えましょう。

プロペシアとジェネリック医薬品(フィンペシア)の入手方法や価格

フィナステリドを有効成分として含んでいる発毛剤として、代表的なものにはプロペシアがあります。

このプロペシアは皮膚科や育毛クリニックに通い、そこでの処方により手に入れることができます。

ただし、皮膚科や育毛クリニックでは1ヶ月分がおよそ8000円程度となり、1万円弱かかります。

ドラッグストアを始めとして、市販薬ではプロペシアやそのジェネリック医薬品は販売されていないため、安く購入したい場合はネット通販で購入するしか方法はありません。

また、ネット通販といっても海外からの個人輸入を行っているオオサカ堂などを通して、購入する必要があります。

個人が使用する目的であれば、この個人輸入は法的に問題なく使用できます。厚生労働省からも認可済です。

私が服用しているフィンペシアの価格

ちなみに私はプロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシア(Finpecia)1mg/1粒を個人輸入サイトから購入して服用していました。

海外の為替との兼ね合いもあるため、値段は若干変動しますが1箱1月分(フィンペシア錠1mg:30錠)が2000円程度で購入することができ、皮膚科やクリニックよりも低価格で購入することが可能です。

なお、長期間服用すると決めている場合は1月分でなく、1箱100錠の製品もあります。1mg100錠の製品は3000円程度で購入することができ、よりコスパを上げることができます。

似たような名前の製品ではフィンジアと呼ばれるものもありますが、これはフィナステリドを含んでいる製品ではありませんので注意しましょう。以下が個人輸入したフィンペシアのパッケージです。

ちなみに、中身は次のようになっています。

フィンペシアは以前のタイプでは、発がん性物質であるキノリンイエローという物質を含んでいたため、新しいタイプのキノリンイエローフリータイプのフィンペシアの方が副作用の観点から良いといえます。

ただし、個人輸入では購入するサイトによって「実際のものと異なったものが届いた」「偽物であった」などの口コミを見かけることもあります。なるべく規模が大きい個人輸入サイトから購入した方が安全です。

また、口コミ自体も製品によってはステマ(ステルスマーケティング:嘘の書き込み)の場合もありますので、プロペシアといった正規品を逆に購入したい場合は皮膚科・育毛クリニックに通ってみるのも、若干価格が高くなりますが良いのかもしれません。

より確実にきちんとした製品を安く手に入れられる環境づくりにチャレンジしてみましょう。

プロペシア、フィンペシアは何歳から?20代は大丈夫?

プロペシアやフィンペシアは何歳から服用して大丈夫なのでしょうか? 答えは「20歳」から大丈夫です。

薬は飲まないに越したことはないのですが、20代といった若くして薄毛となっているような、いわゆる若ハゲの方も使用することが可能です。

当然、薄毛に悩まれている可能性が高い、30代、40代、50代以上の方々はもちろん使用可能です。

ただし、20歳未満の中学生や高校生といった10代の方でも薄毛に悩んでいる方がいるかもしれません。ただ、これらの方々は20歳未満の安全性が確立されていないため、医師を受診しても処方されることはないことに注意しましょう。

まとめ

プロペシア(一般名:フィナステリド)を服用することで、「薄毛治療に効果的であることや服用の副作用が少ない」「個人輸入を用いることでコスパを上げられる」ことなどを解説しました。

ただし、プロペシア(一般名:フィナステリド)の主な効果は抜け毛を減らすことです。薄毛治療の効果があるといっても、あくまで抜け毛を減らすことが主な効果なのです。

そのため、プロペシアの服用だけでなく、発毛・育毛を促進する効果がある育毛剤を併用することが不可欠です。

フィナステリドの購入ルートは個人輸入を用いて安く買い、かつプロペシアと育毛剤を併用することにより、お金も髪の毛の量も増やしていきましょう。