AGA(男性型脱毛症)に悩んでいるあなたはどのように薄毛治療を行おうとしていますか? 生活習慣の改善だけでなく、発毛剤(医薬品)や育毛剤(医薬部外品)の使用を考えることが多いでしょう。

ただ、初めて発毛剤・育毛剤を使用する際、せっかくお金をだして購入したのに本当に効果があるのかどうか? 副作用はないのか? など多くの不安が出てくるでしょう。

私自身も薄毛に悩んでいた時期があり、生活習慣の改善や育毛効果のある栄養の摂取、発毛剤・育毛剤の使用など、できることには積極的にチャレンジしてきて、重度の薄毛から平均的な毛量まで治療に成功しています。

その中でも発毛剤・育毛剤は多くの製品を試しており、検証した製品の一つに海外製(アメリカ製)の発毛剤である「カークランド」を検証した経験があります。

ここでは、「そもそもカークランドとは何か」「カークランドの使い方と効果」「カークランドの副作用」について詳しく解説していきます。

そもそもカークランドとは何か?

育毛に興味があるあなたはそもそも発毛剤と育毛剤の違いについて知っていますか? 実は発毛剤は医薬品であるのに対して、育毛剤は医薬部外品に分類されています。

発毛剤(医薬品)として有名な製品にリアップがあり、その有効成分はミノキシジルです。ミノキシジルは高い育毛効果があり、厚生労働省からも認可済です。

海外でも有効成分ミノキシジルを含む発毛剤(医薬品)が発売されており、代表的な製品にロゲインがあります。

このロゲインと同等の製品構成であり、値段のみが安いジェネリック医薬品が「カークランド」であり、私も使用経験があります。

リアップではミノキシジルが構成成分の1%濃度の製品と5%濃度の製品がありますが、カークランドではミノキシジル濃度が5%の製品のみが販売されています。

カークランドには高い育毛効果がある

私がカークランドを検証した結果では、カークランドには本当に薄毛治療に効くといえます。使用して半年程度たったっころには視覚的に確認できるほど髪の量が増えました。

カークランドのは以下のようなものです。

カークランドに限らず、ミノキシジルを配合している製品であれば、薄毛患者の多くに高い薄毛改善効果が得られることは間違いないです。

大正製薬のリアップX5(ミノキシジル濃度5%)から出ている育毛効果がある有効成分のまとめでは以下のようになっています。

※※写真※※

カークランドの効果をより高まる方法

ただ、上の表においてもきちんと薄毛会改善ができた人と若干のみの改善である人がいます。育毛効果は単純に薄毛改善に効く成分をただ頭皮に塗っていれば全員に効くわけではありません。

育毛には生活習慣や薄毛に効く有効成分の摂取、加えて発毛剤・育毛剤の使用などの複数の要因が絡んでくるからです。

そのため、生活習慣の改善や別の薄毛に効く有効成分の摂取も積極的に行った方がよりハゲを改善できます。

その中でもカークランドを適切に使用することも大切であり、以下で確認していきます。

適切な量を適切な頻度で使用する

1回の使用量は1ml(1日に2mlを推奨)が推奨されていますが、実際に1mlをスポイトを用いてみると私の場合は頭皮や付近の髪がかなり濡れ、液だれが起こるレベルでした。

そのため、0.5ml程度の使用量でも十分に頭皮の患部(ハゲている部分)カークランドが行きわたりました。

最適な使用量は頭の形や大きさ、現状の髪の毛の量によってもかわりますので 、各自最適な量を探しましょう。

最適な量の目安は、液だれが起こらずに薄毛の部分にカークランドが行きわたる量であり、0.5ml程度が私のおすすめです。

カークランドの使用頻度は1日2回であり、朝と夜の2回使用するといいです。

これ以上使用しても薄毛改善効果が変化しないだけでなく、副作用である動悸や精力の低下などが出やすくなるため、1日2回以上の使用はやめてください。

また、夜に使用する際は寝る直前に使用することは避けましょう。寝る直前に使用し、髪が濡れたままで寝ると、寝ている間に雑菌が繁殖し抜け毛が増えます。

夜に使用する際は入浴・シャンプーを行い、ドライヤーで髪を乾かした後に頭皮に塗ってください。ミノキシジルの浸透を促進させるために軽く頭皮マッサージをした後に、1時間ほど自然乾燥させましょう。

自然乾燥させた後は仕上げとしてドライヤーで乾かしてから寝ましょう。

②汗で流れないようにする

塗るタイプの発毛剤・育毛剤全般にいえることですが、塗ったとしても汗をかくことで発毛剤が流れてしまい、効果がでないケースがあります。

そのために、汗をかきやすい人や夏場では「なるべく暑いところにいかない」「冷却スプレー・液を適切に使用する」ようにしましょう。

③抜け毛を抑制する効果のある成分を摂取する

育毛に必要な効果としては、「発毛・育毛を促進する」「抜け毛を減らす」ことが非地用です。

カークランドは主に発毛・育毛効果を促進することで薄毛を改善します。そのため、抜け毛を減らす効果のある成分を摂取するとより高い育毛効果が得られます。

抜け毛の原因は男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンであり、ジヒドロテストステロンの抑制できる成分や栄養素には以下のものがあります。

プロペシアに含まれるフィナステリド、天然由来成分であるノコギリヤシエキス、オウゴンエキス、ハーブのフィーバーフューに含まれるパルテノライド、キャピキシルなどが挙げられます。

カークランドの副作用

このようにカークランドには高い発毛効果があり、効果を高める方法の実践を行えば高い割合で薄毛改善できます。

ただ、カークランドは発毛剤(医薬品)であるために、その副作用も大きいです。副作用とは、「動悸」「精力の低下」「勃起不全(ED)」などが挙げられます。

液だれを起こした場合は、眉毛付近の多毛にもつながります。

私自身は「精力の低下」「勃起不全(ED)」という副作用が顕著におこりました。使用をやめることで副作用は治りましたが、薄毛が治るからといって発毛剤だけに頼るリスクはかなり大きいと言えます。

また、初めて使用する場合はかなり大部分の方が動悸が起こることを感じています。私自身は使用している間にだいぶ慣れてきましたが、2chなど多くの口コミでは動悸を感じている人が多いです。

最近では、血糖値の調整機能も低下するリスクがあるのとのことで、副作用に関しては今知られていること以外にも未知数な部分があります。

カークランドを使用してはいけない人

先に述べたような副作用があるために、使用してはいけない人がおり、以下で確認していきます。

①心臓に疾患がある人

カークランドには動悸を起こす副作用があるために、心臓に疾患がある人は使用をやめてください。

海外ではミノキシジルの臨床試験として、犬に多量のミノキシジルを投与した場合に心臓が破裂してしまったという結果もあります。もちろん、通常使用する量よりも非常に多くの量を投与しているようですが、心臓への負担がかかることを頭に入れておきましょう

②糖尿病の人

ミノキシジルの副作用として、血糖値の調整機能の低下があり、症状を悪化させる場合があります。

糖尿病の方はカークランドを使用してはいけません。

カークランドの購入ルート・値段

ミノキシジル配合製品は正規ルートであれば、皮膚科や育毛クリニックに通い、医師の診断のもと購入するしかありません。

これに対して、カークランドなどの海外製のミノキシジル配合製品は個人輸入であるオオサカ堂などを利用することで、簡単に手に入れることが出来ます。

値段も個人輸入の方が安いため、私も個人輸入で購入しています。まれに偽物が届くなどの口コミを見かけますが、私自身はこの経験はありません。

カークランドを購入するには個人輸入サイトを使用した方がコスパ、効率を上げられるでしょう。

発毛剤のみに頼ることは非常に危険であり、育毛剤に切り替えるか併用するべき

私自身も発毛剤によって薄毛を改善してきましたが、やはり長期間の使用による副作用のリスクと天秤にかけた際、徐々にその使用量を減らしています。

一時的かもしれませんが間違いなく副作用はあります。初期は生えてきて嬉しいですが、徐々に健康のことも強く考える機会が出てきます。

いまでは、発毛剤(医薬品)は規定量使用しておらず、カークランドの使用量は1日1回程度で、夜は育毛剤(医薬部外品)に置き換えています。

育毛剤は天然由来成分を有効成分としているために、発毛剤よりは若干育毛効果は劣るものの高い薄毛改善効果があり、副作用がほとんどありません。

発毛剤と育毛剤を併用している今では薄毛改善効果はほとんど変わらず、副作用である精力の低下や勃起不全はほぼなくなりました。

そのため、長期的に健康と薄毛改善を両立させたい場合は、発毛剤だけに頼ることはリスクが大きいです。

特に軽度の薄毛であれば、生活習慣の改善と育毛剤の使用のみによって十分に治療が可能です。

発毛剤だけに頼らずに、育毛剤を併用、もしくは完全に育毛剤に切り替えることによってハゲを克服させましょう。私自身も更なる育毛剤の使用割合を増やしつつ頑張っています。

まとめ

ここでは、「そもそもカークランドとは何か」「カークランドの効果的な使い方」「カークランドの副作用」について解説しました。

カークランドは有効成分ミノキシジル配合の製品であるロゲインのジェネリック医薬品であり、高い発毛・育毛効果があります。カークランドの効果を高めるには「適切な使用量・使用頻度を守ること」「汗により流れない工夫をすること」「抜け毛予防効果がある成分も同時に摂取すること」が大切です。

薄毛に効果があるカークランドですが、その分副作用も強く、動悸や多毛症、精力の低下、勃起不全(ED)などを引き起こす可能性が高いです。

長い目で見た場合は発毛剤だけ頼ると体の健康を損ねるリスクが高まるため、副作用の少ない育毛剤と併用するいいです。

生活習慣の改善や育毛効果がある成分であるノコギリヤシエキス、オウゴンエキス、ハーブであるフィーバーフューに含まれるパルテノライドなどを摂取に加えて、育毛剤を使用し、ハゲを克服していきましょう。