AGA(男性型脱毛症)に悩むあなたは、生活習慣の改善や育毛剤の使用などにより薄毛改善を試みるでしょう。

育毛剤(医薬部外品)の有効成分は「オウゴンエキス」「トウガラシエキス」「ノコギリヤシエキス」などの天然由来成分であり、種類の数も非常に豊富です。

その中でもいま注目されている育毛成分の一つに「キャピキシル」という有効成分があります。

薄毛治療効果が高い発毛剤(医薬品)に含まれているミノキシジルの3倍の発毛効果があるという噂もありますが、本当なのでしょうか?

ここでは「育毛剤の有効成分キャピキシルが薄毛に効く理由」「キャピキシルの発毛効果がミノキシジルの3倍とは本当か?」「キャピキシルの効果を高める方法」について詳しく解説しています。

キャピキシルとは?キャピキシルが薄毛に効く理由

キャピキシルはカナダの化粧品メーカーであるLUCAS MEYER COSMETICS社によって開発されました。

キャピキシルとは、「アカツメクサ花エキス」「アセチルテトラペプチド3」という天然由来成分の両方を含んだ育毛成分のことを指します。

アカツメクサ花エキスはハーブの一種であり、レッドクローバーとも呼ばれます。

アカツメクサ花エキスに含まれるイソフラボンの一種である「ビオカニンA」と呼ばれる天然由来成分には育毛効果があります。

ビオカニンAは有名な発毛剤プロペシアの有効成分であるフィナステリドに近い働きをします。

薄毛になる原因の一つとしてAGA(男性型脱毛症)による抜け毛の増加があります。AGAによる抜け毛は男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)の分泌が増加することで起こります。

フィナステリドもビオカニンAもこのジヒドロテストステロンを抑制することができ、摂取することで抜け毛を減らします。結果として薄毛を改善します。

キャピキシルに含まれるもう一方の有効成分は、「アセチルテトラペプチド3」と呼ばれるたんぱく質の一種です。

アセチルテトラぺプチド3は細胞を修復する能力が高く、頭皮の毛根細胞(毛母細胞)に働きかけることで発毛・育毛を促進することができます。

キャピキシルは、抜け毛予防に効くアカツメクサ花エキスと発毛・育毛に効くアセチルテトラペプチド3の両方を含む、薄毛改善に効果が高い成分です。

発毛剤(医薬品)ではプロペシアに含まれる有効成分のフィナステリドは、抜け毛を抑制する効果があります。

発毛剤として有名なリアップに含まれるもう一方の有効成分のミノキシジルは、発毛・育毛効果があります。

キャピキシルは発毛剤のフィナステリドとミノキシジルを併用したときと、同じような効果をもつといえます。

 

キャピキシルの本当にミノキシジルの3倍の発毛・育毛効果があるのか?

ちまたではキャピキシルの発毛・育毛効果がミノキシジルの3倍という噂があります。

キャピキシルの発毛・育毛効果がミノキシジルの3倍であるあるといわれているには、エビデンス(根拠)があります。

キャピキシル発祥のLUCAS MEYER COSMETICS社が行った臨床試験で、ある培養された細胞に対して、有効成分ミノキシジルとキャピキシルを働きかけたというものがあります。

有効成分以外は同条件で行った場合、キャピキシルの方が毛母細胞(毛根細胞)から発毛する発毛効果が3倍であったという報告に基づいています。

ただ、培養された細胞に対して、特定の条件では発毛効果が3倍得られているようですが、AGA(男性型脱毛症)に悩む男性が使用した場合、3倍薄毛改善に効くかどうかは分かっていません。

ただ、キャピキシルを含む育毛剤であるフィンジア、ボストン(Boston)スカルプエッセンス、Deeper3Dなどを使用した検証結果の口コミなどを見ると、高い薄毛改善効果があることは間違いないようです。

キャピキシルに副作用はあるのか?

発毛剤(医薬品)の有効成分であるミノキシジルは強力な薄毛治療薬です。ただ、その分副作用も出る場合が多いです。

副作用としては、動悸、多毛症、精力の低下、勃起不全(ED)などが挙げられます。

そのため、ミノキシジルが体質に合わない場合はこの副作用による悪影響が大きく出るために使用時は十分気を付けましょう。

一方で育毛剤(医薬部外品)に含まれるキャピキシルは、天然由来成分により構成されています。

そのため、副作用はほとんどありません。

副作用が起こるとしても、育毛剤を塗布した際に起こるべたつき、かゆみ、赤くなるケースがあるなどの発毛剤・育毛剤全般にいえるものしか起こりません。

副作用をできるだけ起こらないようにしたく、高い薄毛改善効果を得たい場合は育毛剤(医薬部外品)を使用しましょう。

キャピキシルの育毛効果を高める方法

発毛剤・育毛剤を使用したとしても、生活環境が非常に乱れていれば薄毛が改善されません。

発毛剤や育毛剤にせっかくお金をかけるのであれば、薄毛を改善するという結果を残したいですよね?

キャピキシルをはじめとした育毛剤を使用する際に、その効果を高めるための方法を以下で確認していきます。

食事を見直す

薄毛になる大きな原因の一つに食生活が乱れていることが挙げられます。

基本的なことですが食事をきちんと3食、バランスよくとりましょう。栄養不足では頭皮から発毛・育毛をおこすための栄養が回らず、かつ抜け毛も増えます。

バランス良く栄養を摂る中でも、髪の発毛、育毛を促進する栄養素や抜け毛を抑制する栄養素は必ず摂取するようにしましょう。発毛・育毛を促進する亜鉛や、髪を構成るタンパク質などは特に不足しないように意識したり、サプリで補ったりしましょう。

先に述べたように、キャピキシルの成分の「アセチルテトラペプチド3」には発毛促進効果があります。

ただ、発毛促進効果をより高めるためには、いくつかの種類の有効成分を摂取した方がいいです。

そのため、トウガラシやキムチなどに含まれるカプサイシンや、亜麻仁油、あごま油などに含まれているオメガ3と呼ばれる油などの摂取も同時に行うといいです。

同様にアカツメクサ花エキスは先に述べたように、ジヒドロテステロンの生成を抑えることができるため、抜け毛を防ぎます。

ジヒドロテストステロンを抑制できる有効成分も、数種類摂取した方がその効果が高まります。

ジヒドロテストステロンの生成を抑制できるものとしてはノコギリヤシエキスであったり、アカツメクサ花エキスと同じハーブの一種であるフィーバーフューを摂取するといいです。

②運動習慣を見直す

運動の観点からは、運動不足の場合きちんと解消していきましょう。

運動不足では血行不良が起こるだけでなく、筋肉の低下からおこる姿勢の悪化による更なる血行不良を起こすリスクがあります。

また、運動をすることによって成長ホルモンであるDHEAを分泌させます。DHEAはアンチエイジングの効果があるだけではなく、発毛・育毛を促進する作用もあります。

ミノキシジルを使用した時は副作用として動悸などが起きることがあります。そのため、ミノキシジルで発毛・育毛効果を高められても、逆に運動自体もできなくなるケースもあります。

運動ができないと結果として、ミノキシジルで得た薄毛改善効果も弱まってしまう可能性があります。

一方キャピキシルでは動悸などの副作用がなく、運動する際に使用していても問題ありません。

キャピキシル含有育毛剤の使用だけでなく、運動も適度に行うことでハゲを改善していきましょう。

③きちんと睡眠をとる

睡眠の面では、きちんと7~8時間の睡眠をとるようにしましょう。

また、成長ホルモンがより分泌される時間帯が10時から12時あたりであるため、なるべくでしたら12時前までに睡眠をとるようにしましょう。

寝る直前までスマホやパソコンを使用していると、ブルーライトにより自律神経が乱れます。結果として、睡眠の質を低下させるため、結果として薄毛につながります。

キャピキシル配合の育毛剤を寝る前に使用した場合は、有効成分浸透後にドライヤーをかけましょう。ある程度乾いてきたら最後は、自然乾燥させてから寝るようにしましょう。

濡れたままの状態で寝ますと、雑菌が繁殖し、頭皮環境を悪化させます。

キャピキシルを含む育毛剤

 

まとめ

「育毛剤の有効成分キャピキシルが薄毛に効く理由」「キャピキシルの発毛効果がミノキシジルの3倍とは本当か?」「キャピキシルの効果を高める方法」について詳しく解説しました。

キャピキシルはアカツメクサ花エキス、アセチルテトラペプチド3という2種類の天然由来成分から構成される育毛効果が高い有効成分です。

アカツメクサ花エキスは発毛剤のプロぺシアなどに含まれる有効成分であるフィナステリドと同様の働きをし、抜け毛を抑制します。

一方、アセチルテトラペプチド3は発毛剤のリアップなどに含まれる有効成分であるミノキシジルと同様の働きをし、発毛・育毛効果を高めます。

AGAに悩む男性がキャピキシルを使用した場合では、ミノキシジルの発毛効果の3倍かどうかはデータがないため不明です。ただ、使用した方の多くの口コミ情報では薄毛改善効果が得られています。

キャピキシルを含む育毛剤の効果をさらに高めるには、生活習慣の改善なども同時に行いましょう。薄毛にとって良くない環境を減らした上で育毛剤を使用することで、薄毛改善効果がさらに高まります。

キャピキシルの力を借りつつ、自分でできる対策もきちんと行い、薄毛を克服していきましょう。