枝毛などの毛髪に関するトラブルを改善するために、「生活習慣の改善」「育毛剤の使用」「毛髪トリートメントの塗布」などを試みているでしょう。

トリートメントなどで枝毛を治す方法は即効性はありますが、根本的な枝毛治療はできません。それでは、育毛剤の使用によって枝毛は回復できるのでしょうか。

ここでは、「枝毛は育毛剤の使用によって改善できるのか」「枝毛と薄毛は関係」「枝毛も薄毛も治療できる育毛方法」について詳しく解説していきます。

枝毛は育毛材を頭部に塗布することで治療できるのか?

結論からいいますと、育毛剤の使用によって枝毛を治療することが可能です。枝毛がおきるのは、「頭皮環境の乱れ」か「毛が頭皮から生え、太く長く育ち、抜けていく一連の流れ(専門用語でヘアサイクル)の乱れ」の一方もしくは両方が主な原因です。

ヘアサイクルとは以下の通りでです。

頭皮環境が悪くても、ヘアクルが異常になっていても、育毛剤を使用することで元の正常な状態にすることができます。

つまり、後に詳しく解説しますが、育毛剤を使うことによって枝毛を治療できるのです。

枝毛と薄毛の関係性

先にも述べたように、枝毛が発生する仕組みは2種類あります。中でも、ヘアサイクルが異常になっている場合の方が治療が難しいです。

これは枝毛と薄毛には関係性があります。ヘアサイクルの乱れによって枝毛となっている状態では、薄毛になっているケースが多いです。

髪が薄くなることは枝毛になる場合と同様に、ヘアサイクルがおかしくなることが原因の一つです。結果として、枝毛と薄毛が併発している状況になるのです。

枝毛のみが起こっているときの育毛剤の選定方法

ハゲていなく、枝毛を治療するとすれば、基本的に血行促進作用と頭皮環境を整える作用がある育毛剤であればいいです。これらの成分は育毛剤であれはほぼすべての製品に腹案れるため、どんな育毛剤を使用してもいいです。

例えば、頭皮の血行を促進させる有効成分であれば「センブリエキス」「トウガラシエキス」などがあり、頭皮環境を整える構成成分であれば「グリチル酸ジカリウム」などが、ほとんどの育毛剤に含有されているものといえます。

以下のような表記です。

※※

そのため、ハゲていなく、枝毛のみが起こっているのであれば、コスパなど別の用土を重視した育毛剤を選べばいいです。

薄毛と枝毛の両方が起こっているときは育毛剤の選定が重要

一方でハゲと枝毛が併発しているときは、ヘアサイクルを調整できる育毛剤を選定しなければなりません。

ヘアサイクルが乱れ、抜け毛を増加させる原因には特定の男性ホルモン(専門用語ではジヒドロテストステロン(DHT))が多く分泌されることが挙げられます。

ジヒドロテストステロン(DHT)を防ぐことができる育毛剤の有効成分としては「ヒオウギエキス」「オウゴンエキス」「パルテノライド」「ノコギリヤシ」「イソフラボン」などが挙げられます。

そのため、これらの成分が配合されている育毛剤を選んでいきましょう。

人気の育毛剤であれば、ジヒドロテストステロン(DHT)を含有している場合が多いです。

たとえば、人気の育毛剤であるチャップアップの構成成分は以下の通りです。

これらの有効成分が入っていない育毛剤も多く存在するため、ハゲと枝毛が同時におきているのであれば、注意して育毛剤を選びましょう。

枝毛が治るまでにはどのくらいの期間が必要なのか

このように枝毛を治療することは育毛剤を使用すれば可能ですが、即効性はあるのでしょうか。枝毛の回復には少なくても数か月以上はかかります。

枝毛のみが起こっている方であれば、頭皮環境を整えれば、ハリやコシのある枝毛の無い毛髪が生えてきます。頭皮の炎症などの頭皮環境の乱れの治療は、およそ1週間程度で治ります。

ただ、頭皮環境が整ってから髪が数cm以上に伸びるまでには3か月以上かかるため、多くの髪の枝毛が治るまでの期間も少なくても3か月といえます。つまり、即効性はありません。

同様に、薄毛と枝毛が併発してる方でも、ヘアサイクルの正すのに3か月~半年かかります。そのため、ハゲも枝毛も治るまでには、同じ期間以上が必要になります。

枝毛を治すためには少なくても3か月以上の期間がかかることを理解し、焦らずにじっくりと枝毛を回復させていきましょう。

即効で枝毛をなくす対処方法

このように、根本的に枝毛をなくすためには即効での対処方法はないです。ただ、いまある枝毛自体をなくす対処療法であったらいくつかあります。

以下で確認していきます。

①枝毛を切る

当たり前の方法といえますが、枝毛が気になるようであればその部分を切りましょう。

私自身も枝毛と薄毛が併殺しているときもありました。私自身の経験から、できれば毛髪を切るためのよく切れるはさみを使用するといいです。

以下のようなものです。

※※

ただ、すきばさみや古くて切断能力が低いハサミできると、髪が切れず、逆に枝毛やダメージヘアになることがあります。

以下のようなものです。

※※

切るときのはさみの入れ方は、髪の流れに対して垂直方向ですと、髪の断面が表れ、再度枝毛になりやすくなります。

そのため、出来る限り髪の流れにそった縦方向にハサミをいれていくようにしましょう。

※※

良く切れるヘアカット用のはさみを活用し、急ぎの枝毛対処を行った上で、育毛剤を使用した根本治療も同時に行いましょう。

②トリートメントを付ける

枝毛の急ぎでの対策としては切ることがおすすめですが、髪を伸ばしたくどうしても切りたくないケースがあるでしょう。

このような場合では、トリートメントをうまく活用しましょう。市販のトリートメントでも十分髪にハリやコシを与えてくれます。

以下のような普通のものでいいです。

※※

結果として、見かけ上枝毛の改善が望めます。こちらでも、併せて枝毛の根本治療も行っていきましょう。

枝毛を放置しておくとハゲることがあるので注意

いまのところハゲていなくても、

工事中