AGA(男性型脱毛症)に悩んでいるあなたはどのように薄毛治療を行おうとしていますか? 生活習慣の改善だけでなく、発毛剤(医薬品)や育毛剤(医薬部外品)の使用を考えることが多いでしょう。

ただ、初めて発毛剤・育毛剤を使用する際、せっかくお金をだして購入したのに本当に効果があるのかどうか? 副作用はないのか? など多くの不安が出てくるでしょう。

私自身も薄毛に悩んでいた時期があり、生活習慣の改善や育毛効果のある栄養の摂取、発毛剤・育毛剤の使用など、できることには積極的にチャレンジしてきて、重度の薄毛から平均的な毛量まで治療に成功しています。

その中でも発毛剤・育毛剤は多くの製品を試しており、検証した製品の一つに海外製(アメリカ製)の発毛剤である「フォリックス(旧ポラリス)」を検証した経験があります。

ここでは、「そもそもフォリックス(旧ポラリス)とは何か」「フォリックス(旧ポラリス)の使い方と効果」「フォリックス(旧ポラリス)の副作用」について詳しく解説していきます。

そもそもフォリックス(旧ポラリス)とは何か?

育毛に興味があるあなたはそもそも発毛剤と育毛剤の違いについて知っていますか? 実は発毛剤は医薬品であるのに対して、育毛剤は医薬部外品に分類されています。

発毛剤(医薬品)として有名な製品にリアップがあり、その有効成分はミノキシジルです。ミノキシジルは高い育毛効果があり、厚生労働省からも認可済です。

有効成分に主にミノキシジルを含む海外製の製品の一つに、フォリックス(FOLLICS:旧ポラリス)とよばれる製品があります。

フォリックスは種類が5種類ほどあり、中でも私は「FOLLICS FR5」「FOLLICS FR12」「FOLLICS FR16」の使用経験があります。

以下に、フォリックス全種類の代表的な有効成分とその濃度や特徴についてまとめました。

※※テーブル※※

これらは本当に薄毛改善に効果があるのでしょうか?

フォリックスシリーズは育毛効果が高い