AGA(男性型脱毛症)に悩むあなたは発毛剤(医薬品)や育毛剤(医薬部外品)の使用をまず思いつくのではないでしょうか?

発毛剤や育毛剤やは多くの種類の製品があり、本当に効果があるのか? を疑問に思うかもしれません。それでは極端にいうと髪が完全に抜けきった状態からフサフサになるようなことはあるのでしょうか? 発毛剤・育毛剤では現状維持が限界なのでしょうか?

ここでは「発毛剤・育毛剤は本当に効果があるのか」「効果がある育毛剤の見分け方」について解説していきます。

発毛剤・育毛剤は本当に薄毛改善に効果があるのか?

発毛剤と育毛剤は名前は似ていますが薬事法の分類では異なり、発毛剤は医薬品、育毛剤は医薬部外品に相当します。

そのため、医薬品である発毛剤は薄毛改善効果が高い製品が多いがその分副作用も大きく、医薬部外品である育毛剤では薄毛改善効果は発毛剤と同等とまではいかないが高く、副作用も発毛剤よりは小さいといえます。

まず、発毛剤は有効成分が「ミノキシジル」と「フィナステリド」の2種類に大きくわけることができます。ミノキシジルが含まれている製品では大正製薬のリアップがあり、主に発毛・育毛の能力を高めることや血流促進によって薄毛を改善することができます。

ただ、副作用として「動悸」「多毛症」「勃起不全(ED)」などが挙げられます。私自身もミノキシジルは塗るタイプでは海外製のミノキシジル含有製品のロゲインのジェネリック医薬品であるカークランド(ミノキシジル含有率5%)を使用し、飲むタイプのミノキシジルではミノキシジルタブレット(通称:ミノタブ)を使用経験があります。

実際に使用してみて、確かに薄毛が改善されましたが、規定量を使用した場合は「動悸」「勃起不全(ED)」といった副作用も強くでました。

どちらも個人輸入代行を行っているオオサカ堂を経由で個人輸入によって購入しました。

以下がカークランドの外観写真です。

これらのミノキシジル配合の製品を使用すれば確かに、毛量が増え、かつ薄毛が改善されます。ただ、私の場合は規定量を使用した場合は副作用である「動悸」「勃起不全(ED)」も起こりました。また、ミノキシジルタブレットを使用すると加えて、「多毛症」も発生したため、発毛剤だけに頼るとその分リスクもあると強く実感したため、私自身はミノキシジルだけでなく、副作用のない育毛剤も併用するという形をとっています。

以下がミノキシジルタブレットの外観写真です。

フィナステリドも薄毛改善に本当に効くが副作用も大きい

ミノキシジルと同様にフィナステリドを含有している製品であるプロペシアやそのジェネリック医薬品である(フィンペシア)も薄毛改善に高い効果があります。ミノキシジルと同様にフィナステリドでも副作用が強く出るリスクがあります。

 

フィナステリドでは「精力の低下」「勃起不全(ED)」「倦怠感」などが起こる副作用にくわえて、いまではフィナステリドの服用をやめても副作用がおいたままである後遺症(専門用語ではポストフィナステリド症候群(PFS))が残る可能性も報告されています。

私自身もフィナステリドも使用の経験があります。以下のようなジェネリック医薬品のフィンペシアの使用したところ、こちらでも実際に薄毛改善効果がみられました。

ただ、私自身が医薬品の副作用のうけやすい体質なのかわかりませんが、フィナステリドを規定量使用した場合「精力の低下」「勃起不全(ED)」が明らかに起こりました。PFSにはならなかったため、服用をやめたら副作用は収まりましたが、医薬品である発毛剤のみの使用は、人によっては副作用が大きく出ることを実感しました。

そのため、服用すること自体や服用する際の使用量を、最初は規定量の半分程度からはじめ副作用がでるかどうか見つつ、徐々に使用量をあげていくといった工夫をするといいです。

ミノキシジルと同様に、フィナステリドの使用量を規定量の半分程度と大きくへらしつつ、副作用がなく薄毛効果の高い育毛剤と組み合わせるのもいいです。

育毛剤は製品によって薄毛改善効果が大きく異なる

一方で育毛剤では「現状維持しかできない」「使用しても無意味」「本当に薄毛改善の効果があるのか」といった、育毛剤の薄毛改善効果に対して疑問視されている声も多くみかけます。

それでは育毛剤に本当に薄毛改善効果はあるのでしょうか? 実は育毛剤は発毛剤よりも種類が非常に多くあり、本当に効くものと効かないものがあるために、先にも述べたような育毛剤が詐欺ではないか? というような声が聞こえてくるのです。

育毛剤において本当に効果があるのかどうかを見分ける方法はあり、それはAGA(男性型脱毛症)に対する効果があるかどうかがポイントといえます。AGA(男性型脱毛症)に対する効果とは、AGAの原因である男性ホルモン(専門用語でジヒドロテストステロン)の分泌を抑制することができるかどうかともいえます。

従来の育毛剤では、ほとんどの製品においてジヒドロテストステロン(DHT)の分泌を抑制する成分を含んでいないものがほとんどでした。そして、のちにジヒドロテストステロン(DHT)の分泌を抑制する成分の詳細を解説していますが、これらが含まれていない育毛剤はあまり薄毛改善効果は高いといえません。使用してもあまり意味ないといえます。

例えば、薄毛改善に効果があまり期待できない育毛剤の構成成分は以下のようなものです。ドラッグストアなど市販で発売している育毛剤はハゲの改善にあまり効果が期待できないものがほとんどです(青)。

※※従来の育毛剤の成分の写真※※

そのため、若干の薄毛改善効果は期待できる血行促進成分であるカプサイシンなどは、確かに含まれている育毛剤はむかしから多くありました。ただ、それと同等以上にAGAによるハゲる力もあり、結果として薄毛が改善するまでにはいかず、よくて現状維持ができる程度の製品がほとんどであったといえます。

このような育毛剤が存在することで、育毛剤では「現状維持しかできない」「使用しても意味ない」「気休めの域を超えない」という口コミが大きく広がったといえます。

せっかく購入した育毛剤があまり効かないものでしたら詐欺であるといいたくなる気持ちもわかりますが、下調べをして現状維持以上の薄毛改善効果がある育毛剤を選びましょう。

いま人気の育毛剤であれば薄毛改善効果が高い

このように従来の育毛剤に対していま人気の育毛剤であればAGAの原因のジヒドロテストステロン(DHT)を抑制する成分が含まれており、高い薄毛改善効果が期待できます。

ジヒドロテストステロンを抑制する具体的な成分としては「キャピキシル」「ノコギリヤシエキス」「パルテノライド(フィーバフューエキス)」「ヒオウギエキス」「イソフラボン」「オウゴンエキス」「ビワ葉エキス」などが挙げられます。

いま人気の育毛剤であればほとんどの製品でこれらのいずれかの成分を含んでおり、かつ血行促進などの従来から含まれている育毛効果の高い成分を含んでいます。

また、これらの成分は基本的に天然由来成分でできており、副作用がほとんどないものがほとんどです。つまり、いま人気の育毛剤であれば副作用がほとんどなく、発毛剤と同等とまではいかないが高い薄毛改善効果が得られるものが多いです。

そのため、先のものべたようなAGAの抑制に効く有効成分が含まれているかどうかをきちんと確認しましょう。

例えば、以下は人気の育毛剤であるチャップアップの構成成分であり、ビワ葉エキス、ヒオウギエキス(ヒオウギ抽出液)、オウゴンエキス、イソフラボン(ダイズエキス)としてジヒドロテストステロン(DHT)に効く有効成分を含んでいます。

(出展:チャップアップ公式HPの画像を飲用したものを一部編集)

結局薄毛改善効果を得つつ、副作用の影響を抑えるためにはどのように薄毛改善のための製品を使用するといいのか?

このように、発毛剤は育毛効果は高いが副作用も高く、育毛剤は副作用がほとんどなく、「発毛剤と同等とまではいかないものの高い育毛効果がもつもの」と「つけてもほとんど意味ないもの」に大別されます。

それでは、結局副作用の影響がなく、薄毛改善効果を得るためにはどのような工夫をするといいのでしょうか? 実は、発毛剤(医薬品)と育毛剤(医薬部外品)を併用するといいです。

私自身も発毛剤では規定量の服用では強い副作用が起こったために、発毛剤を使用する際は基本的に使用量は規定量の半分にして、その効能を補うために育毛剤も規定量よりも減らして併用するという形をとっています。

なお、発毛剤もミノキシジルとフィナステリドで効果が異なるために、1日ごとに交互に使用しつつ、育毛剤は規定量よりも減らして使用しているような状態です。発毛剤・育毛剤を併用し、その割合は薄毛改善効果と副作用の効果を実際に体感し、見極めつつに個人に合った最適な量をさぐっていくようにするといいです。

まとめ

ここでは「発毛剤・育毛剤は本当に効果があるのか」「効果がある育毛剤の見分け方」について解説しました。

発毛剤は有効成分がミノキシジルとフィナステリドで大きく分けられますが、どちらの有効成分であっても、薄毛改善に高い効果が得られます。ただ、副作用も強く、ミノキシジルでは動悸・多毛症・勃起不全(ED)がフィナステリドでは精力の低下・勃起不全(ED)などがおこり、私自身もどちらの成分を使用しても実際に副作用が起こりました。

一方で育毛剤では副作用がほとんどないですが、「発毛剤と同等とまではいかないが高い薄毛改善効果がある製品」と「ほとんど効果がない製品」に分けられます。ほとんど育毛効果がない育毛剤は使用しても無駄であり、詐欺といわれてもおかしくないレベルのものもありますので気を付けましょう。

育毛剤において、薄毛改善効果があるかどうかを見分ける方法はAGAの原因のジヒドロテストステロン(DHT)を抑制する成分が入っているかどうかといえます。従来の育毛剤やドラッグストアなどで販売している市販品ではジヒドロテストステロン(DHT)を抑制する成分が入っていません。

ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制する成分には、「キャピキシル」「ノコギリヤシエキス」「パルテノライド(フィーバフューエキス)」「ヒオウギエキス」「イソフラボン」「オウゴンエキス」「ビワ葉エキス」などが挙げられます。いま人気の育毛剤であればこれらの成分のいずれか、もしくは複数の成分を含んでいることが多いです。これらの成分がはいっているかどうかを確認した上で、育毛剤を購入するといいです。

最終的に副作用をださずに、育毛効果を上げる方法としておすすめなのは、発毛剤と効果がある育毛剤を併用することです。併用する割合は個人差があるために、適宜自分にあった量をみつけていきましょう。

 

本当に効果がある育毛剤を選び、ハゲを克服していきましょう。