AGA(男性型脱毛症)に悩むあなたは生活習慣の改善や育毛剤の使用により薄毛改善を試みるでしょう。

薄毛に大きく効果がある方法の一つとして「頭皮の保湿を適切に行うこと」が挙げられます。もし、頭皮の保湿ができておらずに乾燥してしまっていたら、頭皮環境を悪化させ、ハゲを進行させます。

そのため、頭皮の水分を減らさないように対処することは、薄毛を改善させるためには非常に重要です。

ただ、頭皮を保湿させるための方法はあまり知られておらず、間違った頭皮の保湿方法も多く存在します。

ここでは、「頭皮が乾燥することで薄毛が進行する理由」「頭皮が乾燥する原因」「頭皮を保湿するための適切な方法」について詳しく解説していきます。

頭皮が乾燥する原因

頭皮が乾燥すると薄毛を進行させますが、そもそもどのような状況において頭皮が乾燥しやすくなるのでしょうか?

以下で、頭皮が乾燥するリスクが高くなる行動について、一つずつ確認していきます。

①シャンプーのしすぎ

ハゲが気になっている場合に必要以上に頭皮ケアを行ってしまうケースがあります。最も陥りやすい間違った頭皮ケアとして、「シャンプーのしすぎ」が挙げられます。

シャンプーは1日に1回夜の入浴時に適切な方法で行うだけで十分です。

朝シャンも行い、かつ夜のシャンプーも行ったとしても1日2回となり、これはシャンプーのしすぎです。夏場に汗をかいたからと加えてお昼にシャンプーをすることも更なる頭皮乾燥を進めるだけですので、シャンプーのしすぎには十分気を付けましょう。

②シャンプーの仕方が適切でない

シャンプーを行う頻度だけでなく、シャンプーの仕方自体が間違っている場合にも、頭皮の乾燥が進みます。爪をたてて、頭皮に力を入れてマッサージすると、頭皮の保湿に必要な分の油分までも過剰に取り除いてしまうリスクが高まります。

急いでいる場合などはシャンプーの仕方なども雑になり、早く済ましたいからと、指を早く動かしてシャンプーしてしまいがちです。髪にパサつきや枝毛がある場合には、指を早く動かし髪に強い力がかかることで、髪の抜け毛を促します。

③頭皮の老化による

肌と同様に年齢を重ねるとともに、頭皮の張りや水分の保持の能力が低下する傾向にあります。水分の保持能力自体が下がっていると当然頭皮が乾燥しやすくなります。

極端に乱れた食生活や運動不足、睡眠不足といった生活習慣が悪いと老化を促進させるため、気を付けましょう。

④ストレスの影響

頭皮の乾燥にはストレスの影響もあります。ストレスを強く感じた状態がつづくと、自律神経が乱れ、血行不順となります。

育毛・発毛するには頭皮に栄養をきちんと届ける必要がありますが、この栄養は血流にのって届けられ、栄養がこない頭皮は水分を保持する能力も下がります。

ストレスを強く感じる状況が短かったら、すぐに元の状態にもどりますが、あまりにも長く続くと、皮膚の老化自体が起こりますのできちんとストレス対処を行いましょう。

⑤外部環境の影響

冬場は外気温度や湿度が低いです。そのため、体の血行が悪くなりやすく、頭皮の水分も蒸発しやすいです。頭皮の水分が蒸発しやすいことはもちろんのこと、先に述べたように体の血行不順によって、頭皮の乾燥が進行します。

冬場の室外だけでなく室内においても、温度調整のためにエアコンを使用することで、湿度がより低下している場合があります。

このように、外部環境の影響により頭皮環境の乾燥が大きくすすむリスクがあります。

頭皮が乾燥することで薄毛が進行する理由は?

このように頭皮が乾燥する理由はさまざまですが、頭皮が乾燥するとなぜ薄毛が進行するのでしょうか?

頭皮が乾燥しているということは、頭皮表面の皮脂の量が正常値よりも低いことでもあります。適切な量の皮脂が頭皮から分泌されていないと、髪を触るなどの外部からの刺激が加わった際に直接毛根付近にその刺激が加わり、抜け毛が増加します。

他にも頭皮の油分は紫外線からのダメージを緩和する役割も担っており、皮脂の量が少ないことは紫外線からの影響を直接うけることになります。結果として頭皮の日焼けが発生し、炎症やかゆみ、痛みなどの悪影響をおこします。

これらの悪影響は「髪の毛の発毛・育毛の抑制」「抜け毛の増加」という薄毛の原因に直結します。

このような理由から頭皮の乾燥は薄毛を進行させます。

頭皮が乾燥を防ぐ方法

頭皮の乾燥がハゲにつながりますが、それではどのような方法をとれば頭皮の乾燥を防げるようになるのでしょうか?

頭皮の乾燥を抑制するための具体的な方法を以下で解説していきます。

①適切にシャンプー・ドライヤーでの乾燥を行う

シャンプーは1日1回夜の入浴時に行うようにしましょう。

シャンプーの方法としては、まず髪を十分に濡らします。その後、シャンプーを手に取り、水をなじませ、良く泡立てましょう。泡立てたシャンプーを頭皮や髪につけ、手の腹部分で触れる程度の力で頭皮をマッサージしつつ、髪も洗っていきましょう。

爪を立てて、指を早く動かすことで頭皮へのダメージを与えたり、抜け毛を増やさないようにしましょう。

髪を洗う際はキューティクルの向きに沿って、髪の根本から毛先に向かって洗うようにしましょう。洗髪時に髪に引っかかって、抜け毛が増えることを抑制します。

シャンプー後はきちんとドライヤーを用いて比較的乾かしたところで止め、後は自然乾燥させてから寝るようにしましょう。

適切なシャンプーとドライヤーにより頭皮の状態と整え、皮脂の分泌も正常にします。

②生活習慣の改善やアンチエイジングを行う

アンチエイジング対策を行うことで、頭皮の老化も抑制することができます。特に生活習慣が乱れている場合は、それを正常に戻すだけでも老化を抑制することができます。

食事はきちんと三食バランス良く栄養素を摂取し、特に髪の成長に深く関連している亜鉛やタンパク質の摂取は少なくならないように心掛けましょう。加えて、抗酸化作用が高いサポニンやレスベラトロールなどを始めとしたポリフェノール類を始めとしたアンチエイジングに効く食材の摂取を心掛けるようにしましょう。

運動面としては、運動不足の場合はきちんと解消していきましょう。1回30分以上の軽く汗をかく程度の強度の運動を、週に3回以上行うことが望ましいです。運動不足だと、血行不良が起こるだけでなく、筋肉の低下からおこる姿勢の悪化による更なる血行不良を起こす場合があります。

また、運動をすることによって成長ホルモンであるDHEAを分泌させます。DHEAはアンチエイジング効果もあり、細胞自体を若返らせます。そのため、発毛・育毛を促進させるための毛母細胞(毛根細胞)も活性化させます。

睡眠の面では、きちんと7~8時間の睡眠をとるようにしましょう。また、成長ホルモンがより分泌される時間帯が10時から12時あたりであるため、12時前までに睡眠をとるようにしましょう。

寝る直前までスマホやパソコンを使用していると、ブルーライトにより自律神経が乱れます。結果として、睡眠の質を低下させます。いまではスマホを使用する頻度や時間が増えつつあるために、特に気を付けましょう。

このように、生活習慣を整えアンチエイジングに効くことを行うと、頭皮の乾燥だけでなく、発毛・育毛促進させるなど薄毛改善につながりますので、きちんと行いましょう。

③ストレス発散をきちんと行う

先にも述べたように強いストレス状態が長く続くと、結果として頭皮の乾燥につながります。自分に合ったストレス解消方法を見つけ、実践していきましょう。

ただ、ストレス解消として、暴飲暴食に走ることなど頭皮に悪影響を与えるような方法ではなく、好きなスポーツを行うなどの頭皮にも良い影響を与えるようなストレス解消方法を見つけましょう。

私の場合は部屋に簡易防音室があり、この中にこもって歌うことでストレスを発散しています。

④外部環境に合わせた頭皮の乾燥対策を行う

外部の湿度が低いなどの状況下では、頭皮の乾燥を招きます。特に冬場でのエアコンなどの入っている室内では、加湿器を使用したり、濡れたタオルを置いておくことといった湿度をあげるための対策を行いましょう。

また、冬場に外出する場合は、頭皮の湿度を高めたり、頭皮の日焼け防止として帽子を被るといいです。ただ、帽子を長時間かぶることは、逆に頭皮の蒸れにつながり、頭皮環境を悪化させます。

外の移動時のみで帽子をかぶって、建物内に入ったら帽子は外すようにしましょう。

⑤保湿性に優れた育毛剤を使用する

先にのべたような頭皮の乾燥対策も効果はありますが、頭皮の乾燥を防ぐため効果が高い方法として育毛剤を使用するといいです。

特にいま人気である育毛剤であれば、基本的に保湿効果が高く、頭皮環境を整えることができる、発毛・育毛を促進させる、抜け毛を防ぐ効果を兼ね備えているものが多いです。

具体的な保湿成分としては、「ヒアルロン酸」「海藻エキスM-034」「アロエエキス」「ヒオウギエキス」「サンザシエキス」「イチョウ葉エキス」などが挙げられます。

これらの製品が含まれていなくても、ノンアルコールであるために頭皮に刺激を与えず、頭皮環境を整えることができる有効成分であるグリチルリチン酸ジカリウムを含んだ製品であれば、頭皮の乾燥を防ぐことができます。頭皮に刺激を与えることなく頭皮環境を整えることができれば、結果的に頭皮の水分保持能力も高まるために、乾燥自体も抑制されるからです。

最終的には、育毛剤を使用することが最も手間がかからず、頭皮の保湿ができる方法といえます。

まとめ

ここでは、「頭皮が乾燥する原因」「頭皮が乾燥することで薄毛が進行する理由」「頭皮を保湿するための適切な方法」について詳しく解説していきます。

頭皮が乾燥する原因としては、シャンプーのしすぎ・シャンプーの仕方が不適切であること・頭皮の老化による水分保持能力の低下・ストレス・冬場など低湿度であるといった外部環境の問題が挙げられます。

頭皮が乾燥しているということは、頭皮表面の皮脂の量が正常値よりも低いことでもあります。適切な量の皮脂が頭皮から分泌されていないと、髪を触るなどの外部からの刺激が加わった際に直接毛根付近にその刺激が加わり、抜け毛が増加します。

他にも頭皮の油分は紫外線からのダメージを緩和する役割も担っており、皮脂の量が少ないことは紫外線からの影響を直接うけることになります。結果として頭皮の日焼けが発生し、炎症やかゆみ、痛みなどの悪影響をおこします。

頭皮の保湿するための適切な方法としては、適切にシャンプー・ドライヤーでの乾燥を行う・生活習慣の改善やアンチエイジングを行う・ストレス発散を行う・外部環境に合わせた頭皮の乾燥対策を行う・保湿性に優れた育毛剤を使用することが挙げられます。

特にいま人気に育毛剤であれば、基本的に頭皮の保湿性が上がる成分を配合しているだけでなく、高い薄毛改善効果をもっている製品がほとんどであるため、育毛剤を使用することがもっとも簡単に頭皮の乾燥を防げ、薄毛も改善できます。

乾燥対策の実施に加え、育毛剤を使用することによって、頭皮の乾燥とハゲの克服を行っていきましょう。