AGA(男性型脱毛症)は正しく治療すれば、薄毛が改善してフサフサの状態にできることが実証されています。

ただ、世の中にはAGA治療に効果があると謳っている商品が多く存在します。そうしたカテゴリーの中でも、「育毛剤」「育毛トニック」いう似たような言葉で分類されています。

薄毛に悩むあなたは、おそらく薄毛改善に効果が期待できる商品であるリアップ、チャップアップ、ブブカ、プロペシア、サクセスなどの名称をご存知と思います。これらの商品がどのカテゴリーに分類されるかわかるでしょうか?

AGA治療に悩む方でも、意外と「育毛剤」「育毛トニック」の違いを説明できる方は少なく、実際どのような違いがあるのでしょうか?

ここでは、「育毛剤」「育毛トニック」の違いや効果、副作用、コストについて詳しく解説しています。

育毛剤と育毛トニックの薄毛改善効果の違いは?

育毛剤と育毛トニックの両方ともに「育毛」という言葉が使用されており、両方とも薄毛改善に効きそうなイメージを持てます。

ハゲを克服したいあなたは育毛剤と育毛トニックの効果の違いが最も気になることと思います。

薄毛改善のためには、発毛・育毛を促すことと抜け毛を予防することの両方を行うことが必要です。

いま人気があり薄毛改善への高い効果が実証されている育毛剤を構成する成分は、発毛・育毛促進効果と抜け毛予防効果の両方の効果を併せ持った有効成分がほとんどです。

また、従来育毛剤に含まれていた、頭皮環境の悪化につながるリスクがある爽快感を出すためだけに配合されているメントールなどを含む製品はほとんどなく、薄毛を改善することに特化した製品になっているといえます。

育毛剤の有効成分は天然由来成分である場合が多いため、副作用もほとんどありません。

あるとしても、塗るタイプの頭皮ケア製品全般にいえることである「かゆみ」「赤くなる」「べたつき」などの軽度のもののみです。

育毛トニックの使用で逆にハゲるリスクがある

一方で育毛トニックはそもそも薄毛改善を目的としているものではありません。

育毛トニックの構成成分として、血行促進により薄毛を改善する効果がある成分XXXなどを含んでいるケースもあります。

ただ、構成成分の多くは頭皮環境を悪化させるリスクがある「アルコール」「メントール」で構成されています。あとはそれらを溶かすための水が構成成分の大部分を占めているといえます。

アルコールやメントールは頭皮を急激に冷やして、強い刺激を与えるため、血行不順などの頭皮環境を悪くさせてしまいます。

育毛トニックと育毛剤の見分け方はあるのか?

育毛トニックか育毛剤かを見分ける方法としては、構成成分に着目する方法があります。

先にも述べたように、育毛トニックの構成成分の多くがアルコールやメントール、水です。下の写真のようです

※※写真※※

一方で、育毛剤の構成成分は薄毛改善に効果があるノコギリヤシエキス、トウガラシエキス、オウゴンエキスといった有効成分である場合が多いです。またいま人気である育毛剤では、より万人へのハゲ改善効果を上げるために有効成分の種類が非常に豊富なものがほとんどです。

※※写真※※

このように構成成分を確認することでも育毛トニックであるか、育毛剤であるかを見分けることが可能です、

通販サイトの育毛剤ランキングであったり、市販に売られる育毛剤関連置き場には育毛剤と育毛トニックが混ざっておかれている場合も多いです。

薄毛を治療したい人はきちんと見分けて育毛剤を購入しましょう。

コストで見分けることもできる

コスト的にも育毛剤はおよそ1か月ぶんである1本が数千円~1万円程度で売られている場合が多いです。

これは、通販サイトで購入してもドラッグストアなで購入できる市販品であっても同程度の価格になります。

一方で育毛トニックはおよそ1000程度と非常に安価で購入できますが、先にも述べたように薄毛改善効果は期待できません。

 

育毛トニックと育毛剤の併用は薄毛改善に効果があるのか?

それでは、育毛トニックと育毛剤を併用するという使用方法で、薄毛改善への効果を高めることはできないのでしょうか?

実は、育毛トニックと育毛剤は併用しない方がいいです。先にも述べたように育毛トニックを使用した場合、多くのアルコールやメントールという頭皮環境を悪化させるリスクがあります。

そのため、育毛剤と育毛トニックを併用したからといって、育毛剤の薄毛改善効果を高めるような相乗効果は期待できません。ハゲを克服することを目的としているのであれば、育毛トニックと育毛剤の併用ではなく、育毛剤を使用しましょう。

いま人気である育毛剤であれば高い薄毛改善効果がありつつも、副作用がほとんどないものが多いです。

まとめ

ここでは、「育毛剤」「育毛トニック」の違いや効果、副作用、コストについて詳しく解説しています。

育毛剤では薄毛改善に必要な「発毛・育毛を促す有効成分」「抜け毛を減らす有効成分」の両方を含んでいる製品が多く、薄毛改善効果が高いです。また、育毛剤の有効成分は天然由来成分が主であり、高い薄毛改善効果があるだけでなく、副作用がほとんどありません。

一方で育毛トニックは、薄毛改善効果が見込める血行を良くする成分であるXXXなどを含んでいる場合もありますが、それ以上にアルコールやメント―ルなどの頭皮環境を悪化させる成分を多く含む製品が多いです。

アルコールやメントールは、急激に頭皮を冷やし、刺激を頭皮に与えるために薄毛を進行させるリスクがあります。そのため、逆に薄毛を進行させる可能性もあります。

そのため、薄毛改善を目指すのであれば、育毛トニックではなく育毛剤を使用しましょう。

似ている名称の育毛剤と育毛トニックですが、きちんと見分ける方法があります。

一つは、構成成分に着目して、多くの有効成分を含んでいる製品では育毛剤、エタノール・メントール・水が主な構成成分である場合は育毛トニックと判断できます。

もう一つはコストであり、育毛剤では数千円から1万円程度と高く、育毛トニックでは1000円程度と安いです。

育毛剤と育毛トニックを併用することは、育毛トニックの成分で多く含まれるアルコールやメントールが、結局は育毛剤の薄毛改善効果を阻害するだけです。育毛トニックと育毛剤を併用するのではなく、育毛剤のみを使用することがコスパ的にも薄毛改善の目的からも有効です。

育毛剤の使用により、ハゲを克服していきましょう。