AGA(男性型脱毛症)に悩むあなたは、生活習慣の改善や育毛剤を使用することにより、薄毛治療を試みるでしょう。

発毛剤・育毛剤を使用した場合は、高い薄毛改善効果が得られる分、何かしたらの副作用が起こらないか不安になります。

ちまたでは発毛剤・育毛剤を使用した場合の副作用として、顔のむくみが起こるという噂がありますが、これは本当なのでしょうか?

ここでは、「育毛剤の使用により本当に顔のむくみが起こるのか」「顔のむくみが起こる理由とその解決方法」について、詳しく解説していきます。

ミノキシジルを使用すると顔のむくみが出る

有名な発毛剤(医薬品)であるリアップなどの製品の有効成分は「ミノキシジル」と呼ばれるものです。ミノキシジルは、高い薄毛改善効果があり、厚生労働省からも認可済です。

ただ、ミノキシジルは医薬品であり、基本的に副作用があります。副作用としては、動悸や精力の低下などいくつかあり、その中の一つとして「顔のむくみ」が挙げられます。

ミノキシジルを含む製品には、塗るタイプのものと飲むタイプのもの(内服薬)がありますが、どちらを使用しても副作用として、顔のむくみがでます。

ただ、飲むタイプのミノキシジル(一般名:ミノキシジルタブレット)を使用すると、より高い薄毛改善効果が得られる分、より顔のむくみが起こりやすくなります。

そのため、薄毛が改善されるとしても、顔のむくみがでてしまうことが気になる人は、ミノキシジルを控えた方が良いです。

ミノキシジルで顔がむくむ理由は?

塗るタイプでも飲むタイプでも、ミノキシジルで顔がむくむ理由は同じです。顔がむくむ主な原因はミノキシジルによる血管拡張作用によるものが大きいです。

他にも長期的に使用した場合などは、腎機能の低下などが起こるケースもありますが、主な原因は血管拡張作用によります、

ミノキシジルの血管拡張作用による薄毛改善への効果がおこる仕組みむくみ発生がおこる仕組みは以下の通りです。

飲むタイプのミノキシジルでは、内服後、血液中のミノキシジルが溶け込み、血液中のミノキシジル濃度が増します。ミノキシジルは血液にのって頭皮までいき、頭皮の毛根細胞へ働きかけます。

結果として、発毛・育毛効果が高まることで薄毛改善につながります。

ここで、ミノキシジルタブレットの服用により、血液中のミノキシジルの濃度が一旦は増加します。血流量が増加し、頭皮を始めとした全身の細胞にミノキシジルが届けられ、ミノキシジルが消費され始めます。

血液中のミノキシジルが消費され始めると、ミノキシジルの血液中の濃度が低下し、体の作用として元に戻そうとする力が働きます。

つまり、血液中のミノキシジルを高く保とうとして、血液中の水分を血液から外に排出する作用が起こります。すると、排出された水分は細胞付近で溜まる現象がおこり、この症状がむくみにつながります。

ミノキシジルによって顔がむくみが起こってから収まるまでの期間は?

口コミでは1週間~1か月ほどかかるというような内容を見かけますが、それほど長くはかかりません。

ミノキシジルタブレットの規定量は1日5mg程度を毎日服用することです。つまり、5mgのミノキシジルを服用した場合、血液中のミノキシジル濃度が薄毛治療に効果的な値以上となっている期間が1日以下であることを意味しています。

つまり、1日以上おけば特に対策をとっていなくても、普段通り生活しているだけでも、むくみは解消されます。

1回のミノキシジルタブレットによって1週間や1か月間むくみ続けるということはないので、安心しましょう。

ただ、ミノキシジルタブレットの毎日5mgずつ服用することが基本です。そして、毎日服用しつづけないと薄毛改善の効果は得られません。

そのため、ミノキシジルタブレットによって、薄毛改善効果を得ようとする場合は、個人差はあるものの服用する毎日、顔のむくみが起こるといえます。

それでは、薄毛がある程度改善し、むくみが起こることをさけたいため、ミノキシジルタブレットの服用をやめるとどうなるのでしょうか?

実は、ミノキシジルタブレットの服用をやめると薄毛が改善される前の薄毛の状態に戻ってしまいます。

そのため、フサフサの状態を維持するためには、ミノキシジルタブレットを使用を続ける必要があります。

ただ、ミノキシジルタブレットの発毛効果と同等とまではいかないにしても、薄毛治療への効果が高い育毛剤(医薬部外品)への切り替えをしてもフサフサの状態を維持できる場合もあります。

元の状態が軽度の薄毛で合った場合は、育毛剤に切り替えても髪の量が多いままの状態を維持できる可能性が高まりますので、一度試してみましょう。

ミノキシジルタブレットの使用によりむくんだ場合の対策

ただ、塗るタイプが好きでないなどの理由からどうしてもミノキシジルタブレットを使用したいケースもあるでしょう。

その場合はむくむことを前提として、早くむくみをとるむくみ対策を行うと良いです。

顔のむくみ対策としては、以下の方法が挙げられます。

① 水分をたくさん補給する

基本的にむくみは水分不足などの主な原因でおこります。ミノキシジルタブレットの服用では水分不足と同じような現象が体内で起こっているために、むくみます。

そのため、水分をたくさん、かつ頻度をあげてこまめに摂ることでむくみを早く解消することができます。

水分補給することを意識して行うことでむくみを改善していきましょう。

②お酒、コーヒー、ジュース類を摂る量を控える

お酒を飲んだ次の日に非常にむくむことを経験したことはないですか?

これはお酒(アルコール)を飲むことによって、体が乾くことにより水分不足になっているからです。

同様にコーヒーに含まれるカフェインや、ジュースに含まれる糖質も体が乾いてしまう原因の一つであるともいえます。

そのため、アルコール、カフェイン、糖質といった水分不足に陥りやすい成分の摂取を控えましょう。

ミノキシジルタブレットとの併用により、一層むくむことにつながるため、行わないようにしましょう。

③ 顔のマッサージを行う

 むくみ(特に顔のむくみ)は一般的にマッサージし、血行を良くすることが非常に重要です。

(※修正)

フィナステリドでは顔がむくみは起こらないが精力の低下が起こるリスクがある

育毛剤(医薬部外品)では顔がむくみは起こらず、他の副作用も起こらない

まとめ