AGA(男性型脱毛症)に悩むあなたは生活習慣の改善や育毛剤の使用によって薄毛の回復を試みるでしょう。

ただ、育毛剤は種類が多く、有効成分や容器の形状がそれぞれ異なります。そのため、育毛に関する知識が少ない場合、「どの育毛剤が本当にハゲに効くのか」という判断が難しいです。

中でも薬局やドラッグストアなどで売られている市販の育毛剤では、薄毛治療への効果が期待できるのでしょうか。

ここでは「薬局などで売られている育毛剤には育毛効果があるのか」「市販の育毛剤の種類」について詳しく解説していきます。

薄毛が起こる主な原因はAGA(男性型脱毛症)

市販品の育毛剤が薄毛治療に効果があるかどうかについて解説する前に、「なぜ髪がうすくなるのか」という理由についてまず確認していきます。

実はハゲている人のほとんどはAGA(男性型脱毛症)が原因です。AGAが起こる理由は特定の男性ホルモン(専門用語ではジヒドロテストステロン)の分泌が増えることです。ジヒドロテストステロン(DHT)の分泌量が増加すると髪が抜けやすくなり、結果として薄毛につながります。

AGAは基本的に「加齢」「ストレス」「遺伝」などのさまざまな要素が絡み合って起こります。

例えば、AGA発症率と年齢の関係は以下の通りです。

AGA由来の薄毛を育毛製品の利用によって克服するためには、「AGAで抜ける髪以上の発毛効果を得る」「AGAの原因を遮断する」方法があります。

ただ、AGAでの脱毛スピードを上回る速度で発毛・育毛できる有効成分としては、育毛剤(医薬部外品)では存在しません。後に詳しく述べますが発毛剤(医薬品)に含まれる「有効成分ミノキシジル」のみです。

そのため育毛剤(医薬部外品)によって、薄毛を治すためには「AGAの原因のジヒドロテストステロン(DHT)を遮る」ことができるものを選ぶといいです。

育毛剤の市販品では薄毛改善への効果はあるのか

このようにAGAの治療には、ジヒドロテストステロン(DHT)を遮断することが大事です。ただ、市販の育毛では、ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制する成分が含まれていない製品がほとんどです。

ジヒドロテストステロン(DHT)の分泌を抑えることができる有効成分には以下のようなものがあります

「ヒオウギエキス」。。。。。引用※※

市販品の育毛剤ではこれらの有効成分が含まれていないためにAGAにほとんど効果がありません。

例えば、市販の育毛剤の有効成分には以下のようなものがあります。

※※

※※

※※

これらの理由から薬局やドラッグストアにある育毛剤では薄毛への効果がほとんど期待できないために気を付けましょう。

また、薬局やドラッグストアにおいて、育毛剤や育毛トニック・育毛シャンプーなどの育毛製品が基本的に同じ棚に配置されています。

育毛トニックや育毛シャンプーは市販の育毛剤よりもさらに薄毛治療への効果が低いです。市販品にある育毛製品全般は、ほぼ育毛効果はないです。

市販品のリアップは育毛剤なのか?薄毛改善はできないのか

それでは「薄毛治療への効果が高いとされているリアップはどうなのか」という疑問がわく方がいるかもしれません。このリアップはそもそも「育毛剤(医薬部外品)」ではなく、「発毛剤(医薬品)」に分類されるものです。

以下のような表記です。

※※

そのため、高い薄毛治療への効果もあります。ただ、副作用もあります。

リアップの有効成分は先にも述べた「ミノキシジル」であり、ジヒドロテストステロンの抑制ではなく、脱毛が起こる力以上の発毛・育毛力によって薄毛を改善するタイプの治療薬です。

副作用としては、「頭皮のかゆみ」「べたつき」「動悸」「精力の低下」「勃起不全(ED)」などがあります。実は私自身は、リアップと同じ有効成分ミノキシジルを含む海外製の発毛剤のカークランドの使用経験があり、これらの副作用すべてを経験しています。

発毛剤を規定量を使用し、半年ほど使用していたときには、特に勃起不全(ED)が症状がひどかったです。ED治療薬を使用する必要があったレベルです。

以下はED治療薬としても有名なバイアグラのジェネリック医薬品であるカマグラとよばれる製品です。

※※

このED薬を使用してやっと元気になったという私自身の経験から、発毛剤(医薬品)長期間使用する場合のリスクも考えるようになりました。

そのため、発毛剤(医薬品)を長い間使うケースでは、規定量以下にするなどの使用量の見直しをした方がいいです。発毛剤では髪が生えても、健康を損ねるリスクがあるためです。

市販品ではないですが、リアップと併用することでさらに薄毛治療への効果を高めることができるプロペシア(有効成分フィナステリド)を同時に服用している人も多いでしょう。

フィナステリドはジヒドロテストステロンを抑制できるタイプの薄毛治療薬であり、ミノキシジルとは違う側面から薄毛を治療できます。ただ、副作用としてはミノキシジルと同様に勃起不全(ED)が起こる可能性があり、併用時にそのリスクが高くなります。

フィナステリド(ジェネリック医薬品のフィンペシア)は以下のような外観です。

他にも、ミノキシジルでは副作用によるべたつきが発生するため、夏場などにミノキシジルを使用した上で汗をかき、さらに帽子をかぶるようなケースでは、髪の毛がなかなか決まらずに育毛へのモチベーションが下がることも多々ありました。

例えば、以下はミノキシジルを使用してから帽子をかぶったときの様子です。

このように、発毛剤では高い薄毛治療効果もありますが、同時に副作用も起こることも認識しておきましょう。

副作用を抑え、高い育毛効果を得るためには通販の育毛剤を使用するべき

このように、市販品では「薄毛回復への効果も得つつ、副作用がほとんどない」という製品はほとんどありません。

それでは、副作用が少なく薄毛治療に効く育毛剤は存在するのでしょうか。実は、ネット通販で購入できる人気の育毛剤であったら、薄毛を回復も動悸や勃起不全(ED)などの副作用も起こらないものが多いです。

まずは、通販で購入できる育毛剤のメリットについて以下で確認していきます。

①AGAに効く成分が配合されており、育毛効果が高い

先にも述べたように、市販の育毛剤には含まれていないジヒドロテストステロン(DHT)を抑制させる成分は「」などが挙げられます。

例えば人気のネット通販の育毛剤であるチャップアップの構成成分表は以下の通りです。

他にも、インターネットから購入できる人気の育毛剤であるフィンジアの構成成分は以下の通りです。

いずれも公式HPからの引用画像です。

もちろんAGAの抑制成分のみが配合されているわけではなく、複数の薄毛治療成分によって、総合的にハゲを克服できます。「血行促進」「頭皮環境の調整」「保湿」などの従来から含有されている育毛成分ももちろん含まれています。

先の例に示したチャップアップの成分では、センブリエキスが血行促進成分にあたり、グリチル酸ジカリウムが頭皮環境を整える成分、グリセリンが保湿成分にあたります。

以下の通りです。

※※

②定期購入にしておけば買い忘れがなくて済む

ネット通販で育毛剤を購入することのメリットとしては、定期購入制度があることです。

育毛剤の使用をはじめとした育毛対策はとにかく継続することが最も大切です。1日、2日使用できない程度でハゲることはありませんが、それが1週間などと長くなると育毛剤の効果が減少しはじめます。

そのため、定期的に支払い、製品が手元に届く定期購入にすると、育毛剤が使用できない期間をなくすことができます。結果として、育毛効果を高めることが可能です。

リアップを使用している人の場合は、市販で購入する際に簡単な問診を受ける必要があり、手間がかかります。そのため、仕事で忙しいときなどに買いにいこうとしても、面倒くさくなって購入しないケースがあります。

もし、あまり育毛効果を感じられていない育毛初期段階では、このまま育毛製品の使用をやめ、「ハゲててもいいや」と妥協する人がでます。

定期購入にするかどうかはネット上で選択するだけですので、通常の購入ルートと買う時の手間の差はありません。

以下の通りです。

※※

もちろん定期的に買う方が値段も下がるため、ネット通販での定期購入はおすすめです。

例えば、人気の育毛剤のチャップアップの値段を通常時と定期便で比較すると、以下のようになります。

③ネット通販では育毛剤購入時の恥ずかしい気持ちがない

また、ネット通販で育毛剤を買うことができる最大のメリットは「恥ずかしくない」ことです。

市販の育毛剤を買うとき、重度のハゲの場合は周囲からの目が非常に気になります。ネットでは、当然購入しているところはばれないため安心です。

また配送時にも「育毛剤が梱包材の中に入っている」ということが普通はわからないため、羞恥心を感じないで済みます。

以下のような外観で送付されてきます。

※※

市販だと買う勇気が出ない人も通販では簡単に買えるため、試してみてください。

通販の育毛剤のデメリット

一方で通販の育毛剤のデメリットには何があるのでしょうか。実は通販の育毛剤は市販の育毛剤や個人輸入で購入できる発毛剤と比べて、値段がかかることのみといえます。

具体的には、市販の育毛剤が1か月分として1000~3000円程度であるのに対して、ネット通販の育毛剤ではキャンペーン価格などを含めて6000円~12000円程度となります。

ただ、副作用を抑えつつ、育毛効果が得られる可能性が高いため、この価格が高いか安いかはあなたの判断しだいといえます。

また、ごく一部を塗る発毛剤(有効成分ミノキシジル)に置き換えるというやり方も行ってもいいです。

例えば、3回通販の育毛剤を使用した後に、1回発毛剤を使用した場合と、ネットの育毛剤のみを使用したケースの値段の比較を行ってみましょう。

ここで、育毛剤のコストが月8000円、発毛剤を個人輸入で安くかったとし月3000円かかる製品を選ぶとします。

※※

通販の育毛剤の効果を高める方法

コストが高い通販の育毛剤を購入したときは、できる限り大事に使用し薄毛改善への効果を上げたいと考えるでしょう。

通販の育毛剤の効果を高める方法について以下で確認していきます。

①高い値段を出している意識を持つ

何事にも自分で高いお金を出したものには、その分の効果を得ようと本気になりやすいです。これは育毛剤であっても同じことです。

通販の育毛剤で高い値段をかけたと強く意識することで、自ずとその効果を得ようと他の育毛効果が得られる行動を起こしやすくなります。

「食事」「運動」「睡眠」

②育毛剤を塗布した後は特に発汗を抑える

まとめ