あなたの彼氏・旦那・お父さんは、薄毛に悩んでいますか? もしくは、薄毛とまではいかないまでも、年齢と共に髪の量が減ってきていることを気にしていませんか?

年齢を重ね、徐々に老化が進むにつれ、発毛・育毛力が徐々に低下します。さらに、髪の毛を支える土台の役割を持つ頭皮の張りも衰えることで、抜け毛も増え、薄毛につながります。

彼氏・旦那・お父さんが薄毛に悩んでいたり、彼らが悩んでいなくてもあなたが彼氏・旦那・お父さんの薄毛を改善してほしいと思っていたりする場合、育毛剤をプレゼントとして贈ることを考えるかもしれません。

ここでは、「プレゼントとして育毛剤を贈る時の注意点」「育毛剤を選ぶ際の基準」「どのようなタイミングであげると良いか?」について詳しく解説していきます。

プレゼントとして育毛剤を贈る時の注意点

薄毛や肥満などについて触れることは、デリケートな問題であるために、繊細な人は気にしてしまいます。

そのため、プレゼントとして育毛剤を贈ること自体が、パートナーのプライドを傷つけてしまうかもしれません。

もし、育毛剤をパートナーや父親へのプレゼントとして考えている場合は、パートナーが喜ぶかどうかをきちんと探ったうえで贈りましょう。

旦那やパートナーと普段から薄毛のことについて会話していたり、育毛剤を使用してみたいという話をしている場合は、プレゼントとして育毛剤を贈って大丈夫です。

つまり、ある程度薄毛の悩みをパートナー同士で共有しているケースでは、プレゼントとして育毛剤を贈ってもいいです。

ただ、彼氏や夫が薄毛のことについて触れられたくない、薄毛になりかけていることを本人が認めたくないなどの場合では、プレゼントとして育毛剤を渡すには一工夫した方が良いです。

例えば、「彼氏や夫のプライドを傷つけない」「彼氏や夫のためを思っている」「さりげなく」育毛剤の話題を出してみることが良い方法です。

「現状ではあまりハゲて見えないけれども、将来のための予防として育毛剤を使ってみない?」 という言い方や、何かの雑誌に育毛剤が載っていた場合にさりげなく「育毛剤って興味ある? 予防として使ってみても良いかも」というような言い方をすると良いです。

プレゼントとして育毛剤を渡すことに、夫や彼氏が抵抗を感じそうな場合は、伝え方を考慮して渡すと良いです。

プレゼントとして渡す時は副作用が少ない育毛剤(医薬部外品)を選びましょう

プレゼントとして育毛剤(医薬部外品)を渡す際の最も重要なポイントは副作用があるかどうかといえます。

ただ、最近の有名な育毛剤(医薬部外品)は主に構成成分が天然由来成分を使用しているために、身体に影響を与えるような重い副作用はほとんど無い製品が多いです。 副作用がおこるとしても、「かゆみ」「赤くなる」「ヒリヒリする」などの軽い症状のみです。

育毛剤(医薬部外品)と良く売れている製品としては、チャップアップ、ブブカ、M-1ミスト、ポリピュアEX、イクオスなどが挙げられます。

ただ、薄毛に関する知識が無い人は、育毛剤(医薬部外品)と発毛剤(医薬品)を勘違いしている場合があります。

例えば、有名な薄毛治療の製品であるリアップは育毛剤(医薬部外品)ではなく、発毛剤(医薬品)です。

発毛剤(医薬品)は、基本的に副作用が大きいです。そのため本来では、皮膚科やクリニックに通い医師や薬剤師の許可が無いと購入できません。

ただ、いまでは個人輸入代行サイトを経由することで簡単に、かつ安く、法律的に問題なく、発毛剤(医薬品)を購入することが可能です。

簡単に発毛剤を購入できるからといって、プレゼントとして安易に購入しないようにしましょう。

発毛剤(医薬品)であることはどのように見分ければよいのか?

発毛剤は先にのべたように、医薬品です。

また、発毛剤(医薬品)には有効成分が大きく3つに分けられ、「ミノキシジル」「フィナステリド」「デュタステリド」です。これらの有効成分を含んでいるものが発毛剤(医薬品)であり、購入前に有効成分をきちんと確認することで発毛剤(医薬品)であるかどうかを判断することができます。

「ミノキシジル」を有効成分として含む製品では、副作用として「多毛症」「精力の低下」「勃起不全(ED)」「動悸」などが挙げられます。「フィナステリド」「デュタステリド」を有効成分として含む製品では、副作用として「精力の低下」「勃起不全(ED)」などが挙げられます。

発毛剤の副作用である「多毛症」「精力の低下」などの重い副作用は育毛剤では起こりません。起こるとしても、かゆみやべたつき、発疹などの軽い副作用しか起こりません。

「ミノキシジル」を有効成分として含む製品には、リアップ、ロゲイン、カークランドなどがあります。

「フィナステリド」を有効成分として含む製品には、プロペシア、フィンペシアなどがあります。

「デュタステリド」を有効成分として含む製品では、ザガーロ、アボダートなどがあります。

プレゼントとしてせっかく渡したのに、副作用で旦那や夫に悪影響を与えてしまってはもったいないです。

これら発毛剤(医薬品)でなく、育毛剤(医薬部外品)であることをきちんと確認してから購入し、プレゼントしましょう。

返金保証が付いている育毛剤を購入しましょう

先にも述べましたが、基本的に育毛剤では身体に影響するような重い副作用が起こることはありません。

ただ、塗った時に「かゆみ」「赤くなる」「ヒリヒリする」などの軽い副作用が起こる場合はあります。

プレゼントとして育毛剤をあげる場合は、育毛剤の使用が初めての場合が多いです。そのため、薄毛改善に効果がある育毛剤であっても、軽い副作用がでる場合があります。

せっかくプレゼントとしてあげても、副作用がでて使えなかったらもったいないです。そのため、返金保証がついているものを選ぶと良いです。

返金保証は30~45日程度のものが多いです。ただ、薄毛改善の効果がみられるには最低でも半年ほどかかります。

これは髪のヘアサイクルと呼ばれる「髪が頭皮から生え、長く太く成長し、抜けていく」という一連の流れが起こる期間が2年から6年ほどだからです。

そのため、効果の有無は返金保証期間では判断できません。

返金保証期間は、軽い副作用は起こるかどうかを判断するための期間と考えましょう。

チャップアップ、ブブカ、ポリピュアEX、イクオス、M-1ミストなどたいていの人気商品では返金保証がついています。

ただ、注意してほしいのは、全額返金保証と記載されている商品でも実際は、手数料や送り返すための送料がかかるために、全額にはならないことを認識しておきましょう。

どのようなタイミングで育毛剤をあげると良いか

育毛剤を選定しましたら、どのようなタイミングで育毛剤をプレゼントすると良いかについて考えていきましょう。

育毛剤を渡すタイミングとしては、何かのイベント時にあげるのがおすすめです。

何もないのに突然育毛剤を渡されたら、「自分のことを薄毛と思っているから渡してきたのか?」と思う可能性が高まります。

パートナーへ渡すための、何かのイベントとしましては、誕生日、結婚記念日、勤労感謝の日、クリスマスなどのイベント時にあげると良いです。

また、パートナーでなくお父さんへのプレゼントとして育毛剤を上げる場合には、父の日のプレゼントとして挙げると良いです。

相手への配慮を考えた際に、最適なタイミングとなるイベントを考え、育毛剤(医薬部外品)を贈ってみましょう。

まとめ

ここでは、「プレゼントとして育毛剤を贈る時の注意点」「育毛剤を選ぶ際の基準」「どのようなタイミングであげると良いか?」について解説しました。

育毛剤を彼氏や夫などのパートナーへ渡す際は、相手が薄毛のことを気にしている場合があります。

薄毛はデリケートな問題ととらえている場合もあるために、相手のことを配慮した言い方、贈り方を考えて渡すと良いです。

また、薄毛関連の製品に知識が無い方は、育毛剤(医薬部外品)と発毛剤(医薬品)の違いを認識していない場合があります。

育毛剤(医薬部外品)と発毛剤(医薬品)は異なるものであり、発毛剤(医薬品)では強い副作用がでる可能性があります。

育毛剤(医薬部外品)では、身体に強い悪影響が出るような副作用が発生することはないです。副作用が出るとしても「かゆみ」「赤くなる」「ヒリヒリする」といった軽いもののみです。

そのため、育毛剤(医薬部外品)の中から製品を選ぶと良いです。特に返金保証が付いている製品の方が良いです。

また、渡すタイミングとしては何かのイベント時にあげると喜ばれるでしょう。ただ、先に述べたように相手への配慮をして渡すようにしましょう。

彼氏、旦那、お父さんへのプレゼントとして育毛剤を渡し、あなたも相手も喜べる機会にしましょう。