薄毛に悩むあなたは生活習慣の改善や育毛剤の使用によってハゲの改善を試みるでしょう。

ただ、育毛剤に含まれる有効成分だけでなく、頭皮に塗布するときの形状なども非常に多くの種類存在します。

特に育毛剤を取り出す際の形状で頭皮へのつけやすさが大きく変わります。育毛剤を取り出す形状は「スプレー(ノズルタイプ)」「スポイト」「クリーム」タイプなどがありますが、どのように頭につけると最も育毛効果が高まるのでしょうか?

ここでは、スプレータイプの育毛剤に着目して、「スプレータイプのメリット・デメリット」「ノズルタイプを使用した方がいい人」について詳しく解説していきます。

スプレータイプ(ノズルタイプ)の育毛剤のメリット

私自身スプレー・スポイト・クリーム状など数種類の形状の育毛製品を使用したことがあり、その中でもスプレータイプの育毛剤を使用する際のメリットについて以下で確認していきます。

①広範囲に吹きかけやすい

スプレータイプでは基本的に噴射口を頭皮に近づけ、直接頭に噴射して育毛剤を使用します。そのため、噴射口から霧状の育毛剤が広がって出てくるため、広範囲に吹きかけやすいです。中程度から重度の薄毛の人はより広い部分に育毛剤を付ける必要があるために、スプレータイプを使用すると効率よく頭皮に育毛剤を塗ることができます。

たとえば、スプレータイプの育毛字剤で人気のM-1ミストを噴射した際の様子は、以下の通りです。

②プッシュの回数により一定量使用できる

スプレータイプの育毛剤では、1回プッシュした際の液体の量は決まっています。そのため、プッシュする回数によって使用量を管理できるため、一定量の育毛剤を使用できるというメリットがあります。

ただ、プッシュする際にしっかり最後まで押し込まずに浅くプッシュしてしまうと量が変化してしまうために気を付けましょう。

以下がきちんと置くまでノズルを押し込んだときの様子です。

一方で、以下が浅く噴射口を押した際の様子です。

中身の出る量が大きく異なりますので、気を付けましょう。

③噴射するため、頭皮に心地よい刺激が与えられる

噴射して頭皮に付けるために、吹きかけた際若干頭皮に低刺激が与えられます。そのため、スプレータイプの育毛剤をつけることと気持ちいいです。

気分が良くなると体の調子を整える神経(専門用語では自律神経)が整えられ、「血行促進」「免疫力の向上」などがおこります。結果として、薄毛の改善を促します。

スプレータイプの育毛剤のデメリット

このようにスプレータイプであることのメリットがありますが、逆にデメリットとしてはどのようなことがあるのでしょうか?

スプレー状の育毛剤の課題は「ピンポイントで頭皮に直接塗ることができない」ことです。

先にも述べたように、スプレータイプでは若干広がりつつ噴射されるために、頭皮にピンポイントで塗りたい部分に付けることが難しいです。例えば、生え際付近だけに使用しようとしても、その周辺の髪の毛も多くぬらしてしまいます。

頭皮でなく、髪に育毛剤が触れると髪の毛のべたつきを起こし、ホコリなどの異物が付着やすくなります。そのため、髪で雑菌が繁殖しやすくなり、結果として抜け毛を増やします。

デメリットを補うスプレー状の育毛剤の使用方法

スプレータイプで頭皮に部分的に塗るためにはどのように工夫するといいのでしょうか? 実は、以下のように一旦手のひらに育毛剤を吹きかけ中身を取出してから、もう一方の指で使用したい場所に塗布しなおすといいです。

以下のような様子です。

例えば、生え際やM字ハゲ部分などに部分的に塗りたい場所へ塗り治しましょう。

または、スポイトやめん棒などで手に出した育毛剤を使用したい部位に使ってもいいです。特に頭頂部付近では、スポイトで育毛剤を最使用する方がやりやすいです。

どのような人にスプレータイプ(ノズルタイプ)の育毛剤は向いているのか?

スプレータイプの育毛剤の欠点を補う方法があるとしても、そもそもスプレータイプが向いている人が使用した方がより育毛効果が得られます。

それでは、どのような人がノズルタイプの育毛剤の使用に向いているのでしょうか?

以下で確認していきます。

①中程度~重度の頭頂部(O字ハゲ)のハゲの人

中程度から重度の頭頂部付近の薄毛に悩んでいる人は、スプレータイプの育毛剤を使用するといいです。ある程度つむじ付近の薄毛が進行している人は、周囲に毛がないため、スプレーで広範囲に噴射しても周囲の髪が濡れたままになる心配がありません。

以下のような状態です。

※※

そのため、育毛効果を落とさずに、効率良く頭皮に塗布することができるためおすすめです。

②頭皮への噴射が特に心地よく感じる人

頭皮にノズルタイプの育毛剤の中身を噴射することで、リラックスできたり心地よくなったりする人にもスプレータイプの製品がおすすめです。

使用することで気持ちいいと強く感じられるほど、リラックス効果が高まり自律神経が整いやすいため、進んでノズル形状の育毛剤を使用しましょう。

使用方法に加えて、育毛剤の有効成分も重要

このように、スプレータイプの育毛剤の育毛効果をより発揮するための方法について解説しました。ただ、使用方法と同様に重要なことは育毛剤の有効成分です。

実は薄毛男性のほとんどはAGA(男性型脱毛症)が原因でハゲていることがほとんどです。そして、AGAは特定の男性ホルモン(専門用語ではジヒドロテストステロン)の分泌が増えると起こります。そのため、ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制する有効成分を含む製品の方が薄毛治療に効き、売れている育毛剤はたいていこの有効成分が含まれています。

スプレータイプの使用が向いている人であっても有効成分に育毛効果がなかったらハゲは改善されませんので、気を付けましょう。

DHTを抑える成分としては、「ノコギリヤシエキス」「ビワ葉エキス」「オウゴンエキス」「ヒオウギエキス」「キャピキシル」「パルテノライド(ハーブのフィーバーフューに含まれるもの)」「イソフラボン(ダイズエキス)」などが挙げられます。

たとえば、以下は人気の育毛剤であるチャップアップの有効成分であり、DHTを抑制する成分が複数含まれています。

このように、いま人気に育毛剤には高い薄毛改善効果があり、かつ天然由来成分により構成されるため、副作用もほとんどありません。副作用が起こるとしたら塗るタイプの育毛製品全般にいえるもののべたつきや炎症のみです。

これも、先にも述べたようなスプレータイプのデメリットを補う工夫などをすれば、抑制することが可能です。

スプレータイプの使用が向いている人は、スプレー形状でかつ有効成分の育毛効果が高い育毛製品を選び、ハゲを改善させましょう。

外からだけでなく、サプリメントで育毛効果を高めることも重要

スプレータイプの育毛剤の使用によって、体の外側から育毛することも大事ですが、併せて内側からの薄毛治療も行った方がいいです。

内側から薄毛を改善するには、「ノコギリヤシエキス」「フィーバーフュー(ハーブティー)」「亜鉛」などの育毛効果があるサプリメントを使用するといいです。これらはAGAに有効であるジヒドロテストステロン(DHT)を体の中から抑制する効果があります。

例えば、私自身が使用している育毛サプリメントのノコギリヤシは以下の通りです。

そのため、育毛剤の使用と併せて行うとより高い薄毛治療への効果が得られます。

まとめ

「スプレータイプのメリット・デメリット」「ノズルタイプを使用した方がいい人」について解説しました。

ノズルタイプの育毛剤のメリットとしては、「広範囲に育毛剤を噴射できる」「プッシュの回数により育毛剤の使用量を管理できる」「噴射による頭皮への刺激が心地よい」ということがあります。

そのため、患部が広い状態の薄毛が中程度~重度に進んでいる人は、育毛剤を効率良く使用できるために、特におすすめです。

スプレータイプの適切な使用方法と同等に重要なことは、薄毛に効く有効成分を含んだ育毛剤を使うことです。先にも述べたAGAに効く有効成分を含んだ育毛剤を使用するといいです。

薄毛に効く育毛剤を選んだ上で、より効果を高めるスプレーの使用方法を行い、薄毛を克服していきましょう。