AGA(男性型脱毛症)に悩むあなたは、生活習慣の改善や発毛剤・育毛剤の使用により薄毛の改善を試みるでしょう。

発毛剤・育毛剤を使用することでより高くハゲを改善できる効果を得られますが、大きな副作用がでるリスクが存在します。

例えば、あなたが喘息を抱えている場合は使用を控えた方がいい育毛成分があります。

薄毛に効くからといって副作用のことを考えずに、安易に発毛剤や育毛剤を使用していませんか?

ここでは、「喘息の人が控えた方がいい育毛成分」「喘息の人でも副作用がない育毛成分」について詳しく解説しています。

喘息の人が控えた方がいい育毛成分はミノキシジル

有名な発毛剤(医薬品)のリアップやロゲインなどに含まれる有効成分であるミノキシジルには高い育毛効果があり、厚生労働省からも認可済です。

ただ、ミノキシジルには「動悸」「多毛症」「精力の低下」「勃起不全(ED)」などの大きな副作用があります。実際私自身もミノキシジル配合の発毛剤を使用経験がありますが、これらの副作用を実際に体験しています。

副作用の中でも動悸が起こるために、喘息の人はミノキシジル含有の発毛剤(医薬品)を控えた方がいいです。育毛剤(医薬部外品)ではなく、ミノキシジル配合の発毛剤(医薬品)です。

動悸が起こる原因は、ミノキシジルに血管を拡張させる作用があることです。そもそもミノキシジルははじめは発毛・育毛のための治療薬として開発された成分ではありません。

血圧を下げるための薬としての研究が行われ、臨床試験を行っている際に、多くの薄毛の被験者の髪の量が増えたことがきっかけで育毛成分としての研究が始まり、製品化されたという経緯があります。

そのため、血管が拡張されることで体の呼吸器系や心臓に負担がかかるために、「喘息を持っている人」「心臓に持病を持っている人」「低血圧の人」は使用を控えましょう。

特に海外製のミノキシジル含有製品では以下のように具体的な使用を控えた方がいい人については記載していないために気を付けましょう。

(※※写真※※)

ミノキシジルを高濃度配合のものやミノキシジルタブレットは絶対に使用してはいけない

ミノキシジル配合のリアップなどは通常はドラッグストアや皮膚科・育毛クリニックで医師や薬剤師の問診を受け、使用可能と判断されたら購入することができます。

一方、個人輸入代行サービスを提供しているオオサカ堂などでは、海外製品のロゲインやそのジェネリック医薬品であるカークランドなどをネット通販で買うことができます。

リアップなどではミノキシジルの濃度が多くても5%程度ですが、個人輸入を通した製品では何と16%程度まで濃度が高められた品も存在します。

喘息の人、心臓病に持病の有る人、低血圧の人が高濃度のミノキシジル製品を使用すると、よち強い副作用により健康を損なうリスクが高まるため、絶対に使用しないようにしましょう。禁忌事項といっても過言でないです。

また、ミノキシジルタブレット(通称:ミノタブ)と呼ばれるミノキシジルの内服薬もあります。通常塗るタイプのミノキシジルでは経皮吸収により有効成分が頭皮に届けられます。

一方で、ミノタブは内服し、血流にミノキシジルが直接とけるため、血管中のミノキシジル濃度がより高くなります。そのため、喘息の人、心臓病に持病の有る人、低血圧の人への負担がより大きくなります。

高濃度の塗るタイプのミノキシジルとミノタブの使用はしてはいけません。

フィナステリドは喘息の人でも使用していい

発毛剤で薄毛治療に効果がある有効成分はミノキシジルとフィナステリドがあります。フィナステリドを含む有名な製品にはプロペシアがあります。

フィナステリドはミノキシジルと同様に薄毛に効くと厚生労働省から認可されている有効成分です。

ミノキシジルは血管を拡張させる効果や発毛因子を刺激し、発毛を促進させる効果により薄毛を改善します。一方でフィナステリドは抜け毛の原因である男性ホルモン(専門用語ではジヒドロテストステロン)の分泌を抑制することで薄毛を改善し、ハゲ改善のメカニズムが異なります。

そのため、フィナステリドは、ミノキシジルを使用してはいけない喘息の人、心臓に持病を持っている人、低血圧の人でも使用してもいいです。

ただ、フィナステリドは精力の低下や勃起不全(ED)などの別の大きな副作用がでるリスクがあります。薄毛に効く力も高いですが、副作用の大きさも大きいといえます。

使用を禁止されているのは以下の記載のように、女性特に妊婦の方です。これは胎児への悪影響のリスクが高まるためです。

(※※写真※※)

長期的な使用を考えると発毛剤のみの使用は危険である

喘息にはミノキシジルは使用するといけないからといってフィナステリドの使用を試みる人が多くいるでしょう。

ただ、どのような育毛効果がある製品を使用しても薄毛改善には半年から1年以上と長い期間の使用が必須です。これにはヘアサイクルと呼ばれる「髪が頭皮から生え、長く太く成長し、抜けていくという一連の流れ」は2年から6年で1週回ることと関係しているからです。

そのためフィナステリドの使用によりハゲを改善する場合、半年以上服用する必要があり、飲むのをやめると元の薄毛の状態に戻ってしまいます。そのため、飲み続けないといけないです。

長期間の使用を考えた場合、大きな副作用がある発毛剤(医薬品)だけに頼ることは、非常に高リスクな行動です。フィナステリドを使用するにしても、育毛剤(医薬部外品)のように副作用のほとんどないものと併用するといいです。

薄毛は改善されても、健康を損ねないように発毛剤のみの使用のリスクについて真剣に考えてから使用するものを選んでいきましょう。

喘息でも育毛剤(医薬部外品)は使用していい

喘息や心臓に持病を持っている方でも使用できるものは育毛剤(医薬部外品)です。発毛剤と同等とまではいかないものの、いまでは高い薄毛改善効果を持っている製品が多いです。

育毛剤の有効成分は、基本的にノコギリヤシエキス、センブリエキス、オウゴンエキス、トウガラシエキスなどの天然由来成分でできています。

そのため高い薄毛治療効果は維持しつつも副作用がほとんどないものが多く、喘息の人や心臓に持病を持っている人でも使用しても大丈夫です。

育毛剤を使用することで起こる可能性のある副作用としてはかゆみ、炎症、赤くなるなどがあります。これらの副作用は育毛剤・発毛剤問わずに塗るタイプの製品全般に当てはまり、起きたとしても軽度なものです。

先にも述べたように喘息を始めとして、健康のことを第一に考えた上での育毛をすることがとても大切です。そのため、発毛剤(医薬品)は使用したとしても、出来る限り使用量は控え、育毛剤(医薬部外品)の使用に切り替えていくといいです。

まとめ

ここでは、「喘息の人が控えた方がいい育毛成分」「喘息の人でも副作用がない育毛成分」について解説しました。

喘息の人が控えた方がいい育毛成分は、発毛剤(医薬品)に含まれるミノキシジルです。ミノキシジルは高い薄毛改善効果がありますが、動悸や血圧を下げ過ぎるといった強い副作用があります。そのため、喘息だけでなく、心臓に持病を持っている人、低血圧の人なども使用を控えた方がいいです。

特に個人輸入によって手に入れることができる高濃度ミノキシジル配合製品や内服薬であるミノキシジルタブレットはハゲを改善させる効果がより高まりますが、副作用もより強くなります。喘息の人、心臓に持病を持っている人、低血圧の人は使用しないでください。

有名なもう一方の発毛剤(医薬品)の有効成分のフィナステリド(製品名:プロペシアなど)は、喘息でも使用して大丈夫です。ただ、フィナステリドの別の副作用として精力の低下や勃起不全(ED)が挙げられます。また薄毛が改善されたとしても発毛剤・育毛剤問わず使用をやめると元の禿げた状態に戻ります。

そのため長期間使用することが必須です。私自身も発毛剤(医薬品)を使用し、副作用に悩まされた経験があります。そのため、発毛剤(医薬品)を使用するには喘息だけでなく健康を損ねる可能性のある副作用のリスクを真剣に考えた方がいいです。

発毛剤と同等とまではいかないですが、高い薄毛改善効果があり副作用がほとんどない育毛剤(医薬部外品)を使用するといいです。

育毛剤を使用し、健康を維持しつつ薄毛を克服していきましょう。