育毛剤の中でもチャップアップは人気が高く、薄毛に悩む私自身も実際に使用してみて「明らかに抜け毛が減った」と実感しています。

このように、AGA(男性型脱毛症)の治療に効果があるチャップアップですが、懸念事項の一つに「体毛が濃くなる」というものがあります。

チャップアップ育毛剤を使用すると、本当に頭皮以外のさまざまな毛も濃くなるのでしょうか。

ここでは、「チャップアップの継続的な使用で多毛症になるのか」ということについて解説していきます。

チャップアップでは体毛は濃くならない

結論から言いますと、チャップアップを継続して頭皮に塗ったとしても、毛が濃くなる症状である多毛症にはなりません。

チャップアップは外部から塗る育毛製品であり、以下のような液体です。

このチャップアップ育毛剤を紙が薄くなっている部分につけて使用するのです。このときチャップアップをつけた部分から成分が浸透し、当部のの細胞に有効成分がち届きます。

そのため、チャップアップを塗布した部分である頭の周辺だけの発毛・育毛能力を高めたり、抜け毛の原因である男性ホルモン(専門用語ではジヒドロテストステロン)の分泌を抑えたりできるのです。

そのため、頭部から教理が離れている胸、腹、腕、足などの体毛を濃くすることはありません。

私自身も薄毛に悩んでおり、チャップアップの使用経験がありますが、実際に頭以外の毛が濃くなることは全くありませんでした。

後に詳しく解説していますが、チャップアップの使用や、外用薬の発毛剤(有効成分ミノキシジル)との併用をしたとしても、頭皮以外の毛を濃くすることなく、AGA治療ができるのです。

ミノキシジルタブレットを使用すると多毛症になる

ただ、発毛剤の中でも副作用が非常に強いが、薄毛治療の効果も高い製品として、ミノキシジルタブレット(通称ミノタブ)というものがあります。

以下のようなものです。

このミノタブは内服薬であるため、飲めば血流にのって「毛をはやす成分のミノキシジル」が全身に届けられます。そのため、ミノタブを使用すれば頭皮だけでなく、確実に他の部分の毛が濃くなります。

私自身は、ミノタブの使用経験もあり、2,3かけ月の使用で薄毛は回復したもののの、他の部分の体毛も非常に濃くなります。

例えば、私は腕毛はほとんど生えていなかったのに対して、ミノタブを飲んでいたときには、かなり濃くなります。

以下のような状態です。

腕毛だけでなく、太ももの内側など普通毛が生えにくい場所にも発毛してきました。

このように、ミノキシジルタブレットの使用では、多毛症になりますので、気を付けましょう。

さらに、ミノタブ自体は確かにかなり薄毛を回復させることができますが、体毛が濃くなるという福麻だけでなく、「強い動機」「勢力の低下」「勃起不全(ED)」などのふき作用も同時に起こります。

私自身は先述の副作用が実際にすべて起こったために、ミノタブは健康の観点からも使用を控えて方がいいです。

塗るタイプのミノキシジルであれば体毛が濃くならない

このように、チャップアップ育毛剤では多毛症になることはなく、ミノタブでは体毛が濃くなります。

ここで、塗り薬としてのミノキシジルがありますが、外用薬としての発毛剤では多毛症になることはありません。

これは、先にものべたようにチャップアップ育毛剤と銅よに、塗った部分の周辺のみの毛を濃くするだけで、離れた部分には有効成分が働きかけにくいためです。

私自身も実際に、塗るタイプのミノキシジルも使用経験があります。カークランドと呼ばれるミノキシジル5%が配合された発毛剤(医薬品)です。

以下のような外観をしています。

中身はチャップアップと同様に、液体ロローションです。

こちらを使用したところ、薄毛が実際に改善されま、かつ多毛症にはなりませんでした。ただ、規定量を継続して使用していたところ、ミノタブほど顕著な副作用出ませんでしたが、若干の動機や勃起不全(ED)は起こりました。

多毛症などの副作用を起こさずに、薄毛治療するにはチャップアップとミノキシジルの併用がいい

このように、さまざまな育毛製品を使用した経験がある私ですが、AGA治療のための製品の選定ポイントとしては以下のような項目があげられるといえます。

ハゲを改善できるのか、体毛が濃くならないか、多毛症以外の副作用がないかに主役できます。

AGA治療には、基本的に抜け毛の抑制効果と発毛・育毛効果の両方が必要です。これらをわけつつ、実際に使用した効能をらをまとめると以下のような表となります。

チャップアップを使用すると、明らかに抜け毛が減ったものの、発毛・育毛能力が若干たりないと実感しました。このとき、多毛症やそのほかの副作用は起こっていません。

一方で、医薬品である塗るタイプの発毛剤(ミノキシジル)を規定量使用したでは、抜け毛低減効果は少ない一方で、発毛力は高いと感じています。体毛が濃くなるという現象は起こらなかったですが、軽い動機や若干のセ勢力低下が起こっています。

さらに、ミノタブの使用では、高い発毛効果が得られていますが、多毛症と他の副作用の発生も強く感じているのです。

そこで、私自身はチャップアップ育毛剤と塗る体峰の発毛剤を併用するという形が、AGA治療、体毛、その他の副作用の観点からもベストであると感じています。

チャップアップとミノキシジルの併用では、薄毛治療において以下のように足りない部分を老いないつつ、かつ副作用もほとんど起きていない状態にできます。

以下のようなイメージです。

実際にチャップアップ育毛剤とミノキシジルの併用によって、ハゲへの対策をとる前から目に見えるレベルで改善しています。

AGA対策をする前では、以下のような頭皮の状態でした。

※※

一方で、薄毛知慮を行っているいまでは、徐々に魍魎が増えつつあります。

多毛症やほかの副作用をできるだけ抑えつつ、ハゲの回復がでkる組み合わせであるため、おすすめです。

ミノタブの使用で多毛症が進んでいる場合の対応策

このように、塗るタイプのミノキシジルととチャップアップの使用で、体毛を濃くすることなく、AGA治療はできるわかです。

ただ、すでにミノタブを継続して使用することで毛が濃くなってしまっているケースもあるでしょう。すでに多毛症になっているケースでは、どのような対策をとるといいのでしょうか。

結論から言いますと、ミノタブをやめチャップアップなどの使用に切り替えた上で、

剛毛で悩んでいる人と同じように体毛を薄くする対策をとればいいのです。

体毛を薄くする方法にはいかのようなものがあります

・毛をそったり除毛剤を使ったりする

最も簡単に、かつコストも抑えっつ、体毛を薄くする方法といえます。厳密には薄くみえるようにする対処方法といえますが、男性でありそこまで厳密なケアが必要でないと感じているのであれば、かみそりで剃毛するか、除毛剤によって毛をとかすといいです。

私自身も両方とも実勢したことがあります。

ドラッグストアなどで売られている普通のかみそりを使用しました。

毛をそりたいミノタブで毛が濃くなった部分に、石鹸水をかけた上で、かみそりをあてていきましょう。

このときに、葉の向きをよこすべさせると、肌を傷つ得kることになるので、十分気を付けましょう。

私自身は手をすべらえ、詰めに刃先があたり削ってしまった経験があるので

このようなリスクを冒したくなければ、除毛剤を使うといいです。

いあkのようなものです。

これを多毛症で気になる部分に塗り、数分~10分程度放置しあmす。すると、薬品成分と反応し、影とけていくのです。

除毛剤では、髪の毛に液が付着しないようにちゅしましょう。毛髪がとけるだけでなく、孟母細胞にもダメージを与えることあるためです。

家庭用のレーザー脱毛機を使用する

また、濃くなった毛を薄く見せたいのではなく、根本から改善したいのであれば、まず家庭用の光脱毛器を使用するといいです。

③脱毛クリニックにいく

このような脱毛処理を行っていても、ミノタブを使っていると再多毛症になるおそれがありあります。ミノタブからチャップアップなどの別の育毛製品に切り替え津t、脱毛対策も併せておくないようにしましょう。

まとめ