AGA(男性型脱毛症)に悩むあなたは、そもそもあなたの薄毛の主な原因が何であるかきちんと把握していますか? 実は薄毛の原因によって治療方法も大きく異なるためにハゲている理由を確認することも薄毛改善には重要です。

薄毛が進行している複数の理由の中においても、もしストレスによって薄毛になっているのであれば、ストレスを解消することによりハゲを克服できます。

ここでは、「ストレスによってハゲる理由」「育毛効果を上げるためのストレス解消方法」「ストレスをある程度感じていてもハゲを改善する方法」について解説していきます。

ストレスによってハゲる理由

強いストレスを受け続けると確かにハゲるイメージはありますが、どのような仕組みでストレスが原因のハゲが進行するのでしょうか? 実はストレスによって起こる体内の変化が抜け毛やハゲを促しており、この体内で起こる変化とハゲが促進する関係について以下でひとつずつ確認していきます。

①AGA(男性型脱毛症)の原因である男性ホルモンの分泌を促進する

AGAが起こる仕組みは抜け毛の原因となる男性ホルモン(専門用語ではジヒドロテストステロン)の分泌が促進されると、髪がぬけやすくなり、結果として薄毛が進行します。

多少のストレスなら問題ないですが、強いストレスが続くとジヒドロステロン(DHT)の分泌量が増加し、抜け毛が増えることが科学的に証明されています。つまり、ストレスによってAGAになりやすい体質になります。

②血行不良になる

ストレスを受けると人が興奮する神経(専門用語では交感神経)が刺激され、血管が収縮します。血管の収縮は頭皮への血流量も下げます。

頭皮の育毛に必要な栄養素は血流によって届けられるために、抜け毛が増え、結果として薄毛が進行します。

③老化が進む

ストレスを受けると先にも述べたように交感神経が刺激されます。ストレスが長い時間続くと興奮した状態も長い間起こるため、体の調子を整える神経(専門用語では自律神経)が乱れていきます。

自律神経が乱れると「睡眠の質の低下」「免疫力の低下」「動悸」などが起こり、老化を加速させます。老化すると頭皮の育毛・発毛能力の低下や髪の毛を支える頭皮の張りを低下させ、ハゲを促します。

育毛効果を上げるためのストレス解消方法

大元の原因であるストレスを取り除ければ薄毛の進行を止められますが、ストレスの解消は意外に難しいケースも多々あるでしょう。

以下では、私が行っているストレス解消方法の中でも汎用性が高いものについて、一つずつ確認していきます。

①漢方薬である抑肝散(よくかんさん)を飲む

漢方薬である抑肝散には「怒り」「興奮状態」「イライラ」「神経症」「不眠症」などを改善する効果があります。私自身もイライラしたり、何か不安を感じるときには、この抑肝散を飲んでおり、イライラや不安の症状を大幅に改善することができます。若干セロリのようなきついニオイがするために苦手な人もいるかもしれまでんが、多くの量の水を用意して流し込むように飲めば問題なく服用することが可能です。

以下のようなツムラの抑肝散の製品を服用しています。

また、即効性もあり、飲んでから10分程度たつと、私はこれらの症状が収まります。私の両親や知人も使用しており、ほぼ全員が「高いイライラや不安感を改善する効果がある」といっているために、ストレス解消効果は高いです。

漢方であるため副作用もほとんど起こらないため、まずは飲んでみましょう。

②ブルーライトカット眼鏡を使用する

いまでは、スマホのやパソコンの使用時間がみな非常に増えており、ブルーライトの影響によって眼精疲労やドライアイなどの眼の病気になっているケースが多くみられます。眼の疲れは肩こりや首のこりを併発し、結果として慢性的なストレスを生みます。

そのため、眼精疲労の原因であるブルーライトを大きくカットできる眼鏡を使用するといいです。

私自身もスマホやパソコンを1日10時間程度見ている日が続く時期があり、抜け毛が多くなるだけではなく、体調を崩し不眠症気味になりました。そこで、スマホやパソコンの使用が続くときは、ブルーライトカット機能が高い眼鏡を使用しただけでかなり目の疲れが軽減され、健康状態や頭皮環境も改善されました。

この経験から、特に眼精疲労を感じている人はブルーライトカット機能が高い眼鏡を使用しましょう。

以下の写真の上が通常使用している眼鏡であり、下がブルーライトカット機能が強い眼鏡です。

③大きな声を出したり歌を歌う

まず、呼吸において息を吸うときは興奮する神経(専門用語では交感神経)が高まり、息を吐くときはリラックスする神経(専門用語では副交感神経)が高まります。そのため、声を発すると、息を吐くことにつながり、よりリラックスすることができます。

さらに、大きな声を出すことでリラックスできるだけでなく、ストレスを大きく解消できることも科学的に解明されています。喧嘩した時に大きな声を出すことも自分自分のイライラしている状態を解消するための行動です。そのため、ストレスの解消として、大きな声を出したり、自分の好きな歌を大きな声で歌ってみましょう。

普段生活している環境では大きな声をだしにくかったたり、カラオケにもすぐに行ける環境にないかもしれません。そのような方でも簡単に防音でき、大きな声を出しても周囲に迷惑をかけない方法としては、「座布団を顔に押し当てる」という方法があります。

以下のような普通の座布団で問題なく、大幅に防音できます。

周囲のことがどうしても気になりさらに防音したい場合は、座布団を顔に押し当てつつ、布団の中で声を出すとより音を抑制することが可能ですので、試してみましょう。

ストレスを適切に解消して、薄毛を改善していきましょう。

ストレスをある程度感じていてもハゲを改善する方法

先にも述べたようなストレスを解消する方法をとったとしても、十分に癒されず、ストレスが多少残る時もあるでしょう。

そのようなストレスが多少残ったとしても、ストレスによる育毛効果の低減以上に育毛効果がある対策をとれば薄毛の進行を止め、改善できます。

以下でストレスをある程度感じていても、ハゲを改善する方法について以下で一つずつ確認していきます。

①育毛効果があるサプリメントや育毛ハーブを摂取する

ストレスが残っていることによる抜け毛の促進をとめたいときや育毛の効果を高めたいときは、育毛サプリメントや育毛ハーブとして摂取しましょう

例えば、抜け毛の原因である男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)を抑制する効果があるノコギリヤシエキスやフィーバーフュー(ナツシロギク)のサプリメントを摂取するといいです。

私自身も以下のようなノコギリヤシエキスを服用しており、頭皮環境を日頃から整えるように心がけています。

また、フィーバーフューはハーブティーとしても摂取できるために、あなたに合った方法で摂取しましょう。私はノコギリヤシのサプリメントと併用して、フィーバーフューも摂取しています。以下のような写真の葉を急須で煮出して飲んでいます。

他には、亜鉛が不足していると育毛を阻害するため、念のためサプリメントとして摂っておくと安心です。

これらの対策をとり、ストレスにより育毛効果への阻害以上の育毛効果を出していきましょう。

②育毛剤を使用する

育毛剤は高い薄毛改善効果があり、かつ副作用がほとんど起こらないです。いま人気の育毛剤であるチャップアップ、ブブカ、ポリピュアEX、イクオス、M-1ミストなどであれば、ハゲの克服に対する高い効果が得られます。

また、育毛剤(医薬部外品)に似た育毛効果があるものとして、発毛剤(医薬品)もあります。発毛剤も高い育毛効果がありますが、医薬品であり副作用も大きいため、安易に使用することはおすすめできません

例えば、リアップなどで有名な有効成分がミノキシジルの発毛剤の副作用としては、「動悸」「多毛症」「勃起不全(ED)」などの大きな副作用が起こるリスクがあります。

まずは医薬部外品であり、副作用がほとんど起こらない育毛剤を使用しましょう

生活習慣の改善やサプリメントの摂取と育毛剤の使用を組み合わせることで、より頭皮環境を整えられ、副作用がなく髪の毛の伸びる速度を上げることにつながります。

まとめ

ここでは、「ストレスによってハゲる理由」「育毛効果を上げるためのストレス解消方法」「ストレスをある程度感じていてもハゲを改善する方法」について解説しました。

ストレスによってハゲる理由は、「AGA(男性型脱毛症)の原因である男性ホルモンの分泌を促進する」「血行不良になる」「老化がすすむ」ことが挙げられます。よって、ストレスを解消することがハゲの克服につながり、以下のような方法でストレスを解消することが私のおすすめです。

「漢方薬である抑肝散を飲む」「ブルーライトカット眼鏡を使用する」「大きな声をだす」といったストレス解消方法を私は実践しており、大幅なストレス解消につなげています。

ただ、ストレス解消を行っていてもストレスが残る場合もあり、その場合はストレスを感じていてもそれ以上に育毛効果が得られる方法を行う必要があります。

育毛効果をより高める方法としては、育毛サプリメントのノコギリヤシエキスや育毛ハーブのフィーバーフューを服用することや育毛剤を使用するといいえです。

特に育毛剤は薄毛改善効果が高く、副作用もほとんどないため、使用しましょう。また、育毛剤と似た育毛効果が高い製品に発毛剤(医薬品)がありますが、副作用も大きいため、まずは育毛剤(医薬部外品)の使用からはじめましょう。

ストレスの解消法と育毛剤の使用により、薄毛を克服していきましょう。