AGA(男性型脱毛症)に悩むあなたは、生活習慣の改善や育毛剤(医薬部外品)の使用により薄毛治療を試みることでしょう。

生活習慣の見直しにおいて、育毛に効果がある成分を摂取することも薄毛改善には重要です。

あなたは、育毛効果がある成分を含むフィーバーフュー(ナツシロギク)というものを知っていますか?

フィーバーフュー(ナツシロギク)は薄毛改善に効果があるハーブの一種です。

ここでは、「フィーバーフューは薄毛改善に本当に効果があるのか」「薄毛改善の効果を高めるフィーバーフュー中の有効成分の摂取の仕方」について、詳しく解説しています。

フィーバーフューの薄毛改善効果は本当なのか?私自身の検証結果

フィーバーフュー(別名:ナツシロギク)とは、古くからヨーロッパに存在する伝統的なハーブの一種です。

もともとは片頭痛に効果があるとして有名なハーブですが、いまでは薄毛改善に効果があると注目されているハーブです。

科学的な根拠としては、大阪大学が薄毛男性に対してフィーバーフューを毎日摂取するという臨床試験があります。

臨床試験の結果では、フィーバーフューを適切に摂取した場合、薄毛男性の8割程度が薄毛改善に効果があったと感じています。

私自身も薄毛が進行した時期があり、フィーバーフューも毎日ハーブティーとして摂取していました。フィーバーフューの摂取により、抜け毛が減った実感がありました。育毛剤と併用することにより、半年後には薄毛が大幅に改善されました。

そのため、フィーバーフューの薄毛改善効果は本当にあるといえます。

フィーバーフューのパルテノライドが薄毛に効く

AGA(男性型脱毛症)が起こる主な原因は、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)の分泌量が上がることです。

フィーバーフューに含まれるパルテノライドと呼ばれる有効成分はジヒドロテストステロンの生成を抑制することができます。

これは発毛剤(医薬品)であるプロペシアの有効成分であるフィナステリドと同様の効果があります。

つまり、フィーバーフューには育毛効果があり、特に薄毛の原因がAGAによるハゲである前頭部付近のハゲ(U字ハゲやM字ハゲ)、頭頂部のハゲ(O字ハゲ)の改善も期待できます。

また、フィーバーフューはもともと薬用ハーブとして「免疫力を上げる」「体の調子を整える」という効果があります。直接的な育毛効果があるだけではなく、体の健康の改善といった間接的な育毛効果もあるといえます。

フィーバーフューの摂取方法

以下に紹介する形であれば育毛効果があるパルテノライドをきちんと摂取することができます。ただ、パルテノライドの最も育毛に効果がある摂取目安量はまだ研究段階であるため解明されていません。

最適な量はあなた自身で探っていきましょう。私自身の経験では、ハーブティーとして飲む場合は朝煮出したものを水筒に入れ(300ml程度)少量ずる一日かけて飲むようにしていました。

①ハーブティーとして飲む

育毛効果が期待できるフィーバーフューですが、ハーブティーとして飲んでみると非常に苦い味がします。特に、フィーバーフュー単体で濃く煮出した際の味は飲むのに苦痛を感じるレベルといえます。

そのため、フィーバーフューを摂取する際は他のハーブと混ぜることがおすすめです。

「さわやかな香りがするレモングラス」「まろやかな香りのローズマリーやネトル」と合わせて煮出すと、フィーバーフューの強い苦みを緩和させることが出来ます。

これらを混ぜて、紙パックに入れ、煮出した際の写真は以下の通りです。

※※写真※※

②そのまま食べる

フィーバーフューの苦味が苦手であり、ハーブティーとして飲むことが出来ない方は、そのまま食べてもいいです。

ハーブで感じる強い苦みを感じずにパルテノライドを摂取することが出来、ハーブティーを作る手間もかかりません。

ただ、葉や茎をそのまま食べるような食感であるため、そのまま食べる方法でも抵抗がある人がいるかもしれません。

③サプリメントとして摂取する

いまでは、フィーバーフューはサプリメントとしても販売しています。

若干コストが高くつきますが、ハーブティーで摂取したり、そのまま食べたりするケースより飲みやすいです。

そのため、ハーブの苦みやそのまま食べることに抵抗がある人はサプリメントにより摂取しましょう。

フィーバーフューを摂取する際の注意点と副作用・禁忌事項

フィーバーフューを始めとした薬用ハーブは刺激が強い飲み物です。

そのため、服用する際の注意点や禁忌事項(タブー)が存在します。

具体的な内容を以下で確認していきます。

①妊娠中・授乳中の女性は服用を控えた方がいい

フィーバーフューには子宮を収縮する作用があります。

そのため、妊娠中や授乳中の女性は服用を控えましょう。胎児に悪影響を与える可能性があるからです。

実際に以下のような妊娠中は大量の摂取を控えた方がいいとの注意喚起が記載されています。

(※※写真※※)

②寝る前の摂取は控えた方がいい

薬用ハーブ全般にいえることですが、寝る前の摂取は控えましょう。

薬用ハーブは基本的に刺激が強いため、寝る前に摂取した場合、睡眠の質を低下させるリスクがあります。

逆に朝から摂取することで、スッキリとした生活を送れるようになるため、フィーバーフューは日中に摂取しましょう。

③血液凝固防止薬との併用は控えた方がいい

フィーバーフューには血液をより流す効果があります。そのため、出血時などに服用した場合、なかなか出血が止まらなくなるリスクがあります。

特に注意が必要なのが医師の診断により、血液凝固剤の服用を行っている人です。

血液凝固剤とフィーバーフューを併用した場合、血液凝固剤の効果を抑制してしまいます。血が止まらない状況となると生死にかかわるケースがあるため、十分気を付けましょう。

育毛剤を併用するとより薄毛に効く

フィーバーフューは薄毛改善に効果がある食品であるといえますが、育毛剤と併用することでその効果を高めることができます。

特にフィーバーフューはジヒドロテストステロンの生成を抑制するという、抜け毛の原因を主に防ぐ効果により薄毛を改善します。

そのため、薄毛改善に必要な発毛・育毛効果を促進させる血行促進効果や毛根細胞(毛母細胞)への働きかける効果を含んでいる成分も同時に摂取した方がいいです。

いま人気の育毛剤であるチャップアップ、ブブカ、イクオス、ポリピュアEX、薬用プランテルなどでは、「血行を促進させる」「毛母細胞(毛根細胞)に働きかける」成分がきちんと含まれています。

フィーバーフューは内服するものであるのに対して、育毛剤は外用薬であるために併用によるリスクがありません。

また育毛剤(医薬部外品)では、発毛剤(医薬品)と違い、有効成分が天然由来成分であるため大きな副作用につながることはなく、高い薄毛治療効果があります。

そのため、フィーバーフューの摂取だけではなく、育毛剤(医薬部外品)使用することをおすすめします。

まとめ

「フィーバーフューは薄毛改善に本当に効果があるのか」「薄毛改善の効果を高めるヒフィーバーフュー中の有効成分の摂取の仕方」について、解説しました。

フィーバーフューに含まれるパルテノライドと呼ばれる有効成分はジヒドロテストステロンの生成を抑制することができ、薄毛に効果があります。大阪大学で行われた臨床試験によっても実証済です。

ただ、フィーバーフューはハーブティーとして飲むと非常に苦いため、飲みにくいです。また、そのまま食べようとしても葉や茎であるため、あまり食感が良くありません。そのため、若干コストはかかりますが、サプリメントとして服用することが無難です。

薄毛改善効果をさらに高めるためには、フィーバーフューの服用に加えて、育毛剤を使用するといいです。

育毛剤は高い薄毛改善効果があるだけでなく、副作用がほとんどありません。

フィーバーフューの服用に加えて、育毛剤を使用することで薄毛を改善していきましょう。