あなたは、「核酸」という物質を知っていますか?

核酸は、すべての生物の細胞の中に存在しており、細胞の分裂や成長に欠かすことのできない大変重要な物質です。核酸は、生命の誕生から老化、死滅までのすべてを支配しているといわれていることから、生命の根源物質ともいえます。

核酸が細胞の分裂や成長をコントロールしているために、髪の成長の基となる毛母細胞の分裂にも核酸の働きが大きく関わってきます。核酸の働きは髪の成長には欠かせませんので、核酸を過不足なく摂取することはハゲ治療にとっては大変重要です。

また、核酸の働きはアンチエイジング効果にも欠かせないことから、日頃核酸を十分に摂取している人は「若々しく見える」という傾向があります。そのために、美容界では核酸摂取の重要性を力説しているのです。若々しく見える人は肌がキレイな人が多いのですが、同時にそのような人は、髪の毛も美しく保たれていることが多いといえます。

そして、核酸には身体を健康に保つという大変重要な働きもあります。身体が健康に保たれているからこそ、髪の肌も良好な状態が保たれているわけです。

ここでは、私たちの健康や髪の毛の成長にとって非常に大切な働きをもつ核酸について詳しく説明していきます。

核酸とはどのような物質なのか

私たち人間の身体は、約60兆個にもなる細胞からできています。一見すると私たちの身体は何も変わっていないように見えますが、実はそうではありません。実際は、毎日身体の中では新しい細胞が生まれ変わっているのです。

この時、必須の物質となるのが核酸です。細胞が新しくなるために分裂・分化をしますが、その際これらをコントロールしている物質が核酸です。核酸は細胞分裂だけではなく、身体の成長や老化、そして死にいたるまで全てを支配している物質です。

また、核酸は人間だけでなくあらゆる生物の細胞の中にあります。全ての生物とは、哺乳類や魚類、昆虫類、そして微生物までも含まれます。そして、これら全ての生物の誕生から死にいたるまでをコントロールしています。そのような事実から、核酸は生命の根源物質だといわれています。

核酸は体内でどのように働くのか

私たち人間の体内では、脳細胞以外の全ての細胞が毎日新しい細胞に生まれて変わっていて、約120日(4ヶ月)ですべてが入れ替わります。各細胞の中心には核が存在していますが、この核を構成しているのが核酸です。

核酸は、私たちが食べた食品のアミノ酸が一度バラバラになった状態から、髪や皮膚、爪などに応じてアミノ酸が体内で必要な形に再度組み直されるときに働きます。

このように、核酸の働きによって新しい細胞が作られることで、生命は維持されます。しかし、核酸が何らかの理由で不足すると細胞の新陳代謝がうまく行われなくなるために、老化が進んだり疲れやすくなったりします。

身体が健康で丈夫であるためには、核酸の働きは大変重要なのです。

核酸の働きが体内にもたらす健康効果

核酸が体内で十分に働くことで身体は健康で丈夫に保たれますが、おもに次のような健康効果をもたらします。

1. 新陳代謝の促進

体内の細胞は約120日で入れ替わりますが、核酸を摂取することで新陳代謝が促進されて、髪の毛の成長が早まったり肌がキレイになったりすることが報告されています。

2. 血行改善

核酸を構成する成分の1つに「アデノシン」があります。アデノシンには毛細血管の拡張作用があることから、頭皮の血行促進のために育毛剤にも使用されています。

3. 抗酸化作用

体内で活性酸素が増加すると身体の酸化(サビ化)が進んでしまい老化が早まります。老化が早まると抜け毛が増えます。または、さまざまな体調不良や病気を引き起こしやすくなります。核酸には抗酸化作用があるために、老化や活性酸素による身体のサビ化を防ぐ作用があります。

4. 感染症予防

核酸には、免疫抗体の性能を高める働きがあります。核酸が多く含まれる食品である「白子」には免疫力を高めるアルギニンが多く、その働きによって感染症の予防になります。

その他にも、核酸には認知症防止やダイエット効果もあることが報告されています。

核酸にはどのような育毛効果があるのか

核酸は、細胞の分裂や分化に不可欠な物質です。髪を作ったり成長させたりする細胞が毛母細胞ですが、毛母細胞が分裂や分化をして髪を作る時に大切な役割を果たす物質が核酸ということになります。髪を成長させるには非常に大きなエネルギーを必要としますので、核酸は特に必要とされています。

これらの理由から、核酸が不足していたり活発に活動していなかったりする人の髪の生育は、どうしても鈍くなってしうまうこともわかっています。

また、核酸は末梢血管を拡張させる働きがありますので、血行が促進されます。全身の血行促進は、頭皮の血行促進にもつながります。頭皮の血行が促進されることで、毛母細胞にも十分な栄養が行きわたるので、毛母細胞の分裂も活発になることで髪の成長も促進されます。

核酸は、20歳を過ぎると体内の核酸は減少していくので、日頃から核酸を多く含む食品をとるように心がけることが大切です。

核酸が多く含まれる食品はコレだ

核酸は、魚介類や肉類、野菜などに含まれています。それらの食品は、以下の通りです。

1. イワシ

2. 鮭

3. エビ

4. カニ

5. レバー類

6. ほうれん草

7. カブ

8. エンドウ豆

この中で、イワシは比較的摂りやすい食品です。アメリカのアンチエイジングの権威である、ベンジャミン・フランク博士は、「髪の毛を増やしたければ、週4回イワシを食べなさい」と著書の中で語っています。

また、日本でもイワシを多く食べる漁師にはハゲが少ないという事実もあります。イワシは缶詰で簡単に手に入ります。値段も1缶あたり150円位ですので、金額的にも負担になりません。イワシの育毛効果については、当サイトの「漁師にハゲが少ない理由は魚食にあった」に詳しく書かれていますので、参考にしてみてください。

鮭も、育毛に欠かせないコラーゲンや、抗酸化作用の働きがあるアスタキサンチンが豊富に含まれているので理想的な育毛食といえます。

核酸はサプリメントで摂取することもできる

食事で摂取する核酸の一日の必要量は、成人で約1.5グラムです。この量は、鮭の切り身なら約70グラム程度になります。ただ、頻繁に鮭の切り身を食べるのは難しいという人もいるかもしれません。

また、先ほど挙げた核酸を多く含む食品を摂りにくいという人には、サプリメントを利用する方法もあります。サプリメントなら、食品のように手間をかけて準備しなくても簡単に核酸を摂取できます。

そのような理由から、最近では核酸をサプリメントで補給している人が多くなっています。金額的にも、1ヶ月1000円~1500円程です。

 核酸をサプリメントで摂取する際の注意点

以上のように、私たち人間にとっては欠かすことのできない重要は働きのある核酸ですが、サプリメントで摂取する際に注意しなければならない点がいくつかあります。

人間の身体には、「DNA」や「RNA」という生命活動に重要な働きをもつ物質が存在しています。核酸は、そのDNAやRNAと密接に関係しています。DNAは遺伝子のことで、RNAは体内でタンパク質を増やす時には欠かせない成分のことです。

DNAとRNAは、どちらも必要な物質です。両方の物質が、生活習慣の中で傷つけられてしまうと、体調不良やガンなどの大病を引き起こしてしまうこともわかっています。

そのため、核酸のサプリメントを使用する際は、DNA成分とRNA成分の両方が含まれている製品を選ぶことが大切です。さまざまな核酸サプリメントの中には、どちらか一方の成分しか含まれていない製品もあります。

核酸の1日の必要量が、成人で約2グラムです。食事の1.5グラムだけでは足りないので、サプリメントで補給する際はラベルの中身をチェックして、DNA成分とRNA成分の両方が十分な量含まれている高品質の製品を購入したほうがいいでしょう。

実は、日本製のサプリメントは成分の表示が義務付けられていません。そのため、成分表示がされているアメリカ製の核酸サプリメントの方が信頼性が高いという場合もありますが、値段は高くなる傾向があります。

核酸サプリメントと痛風の関連性

核酸サプリメントには、副作用がほとんどないという特徴があります。ただ、多くの核酸サプリメントには、プリン体も多く含まれています。また、核酸はプリン体自体を増やす働きもあるといわれていますので、尿酸値が高い人は注意が必要だといわれてきました。

ただ、最近では痛風になる大きな要因は体質によるものということが報告されています。そのために、核酸サプリメントを摂取しても、それが原因で痛風になることなないようです。基本的には、核酸のサプリメントは1日摂取量を守っていれば問題ないとされています。

しかし、痛風が多い家系であるために多少心配なときは、最初のうちは摂取量を抑えて様子を見てから使用を続けていくほうがいいかもしれません。

核酸は、健康な髪や肌、そして健康で丈夫な身体を維持していくうえで極めて大切な成分です。もしあなたが、長年にわたる間違った食事や生活習慣によって、薄毛が進み体調もすぐれないのであれば、核酸を多く摂取することができる食事やサプリメントを十分にとるようにすることが大切になってきます。

育毛や健康維持のためにも、積極的に核酸をとっていくようにしていきましょう。