薄毛に悩む方は、生活習慣の改善や育毛剤の使用によってハゲの治療を試みるケースがほとんどです。

中でも食事の観点からは、育毛効果が高い食品を適切に摂取し、ハゲやすくなる食べ物はできる限り控えることが、AGA(男性型脱毛症)の回復には重要です。

ここで、健康に良いと考えられている納豆は「育毛にも効果的である」という噂を聞いたことがあります。一方で、「納豆の摂取によって逆にハゲる」という口コミも耳にしたケースもあるのです。

さまざまな納豆の薄毛に対する情報があふれている中で、本当のところはどうなのでしょうか。

ここでは、「納豆やキムチはハゲ治療に効果的なのか」「育毛のための納豆やキムチの摂り方」「納豆キムチの作り方」について解説していきます。

納豆は薄毛の回復に有効なのか

結論から言いますと、納豆には育毛効果があります。これは、納豆の成分と大きく関係しているのです。

納豆には「髪の毛や頭皮を構成するたんぱく質」「疲労を回復させるビタミンB」など体にとって必要な栄養素だけでなく、直接育毛効果を上げることができるいくつかの成分を含有しています。

具体的には、ハゲの回復に影響を与える有効成分には「大豆イソフラボン」「ナットウキナーゼ」「大豆サポニン」「食物繊維」があります。

これらの毛髪量に大きく関与する成分について、以下で確認していきます。

大豆イソフラボンが抜け毛を減らす

薄毛を治療するためには、「髪が生えることを促進する育毛効果」と「毛髪が抜けていくことを防ぐ抜け毛予防効果」の両方が必要です。

納豆に含まれる大豆イソフラボンでは、特に抜け毛を少なくすることができます。これは男性がハゲる理由と関わりがあります。

男性がハゲる理由のほとんどはAGA(男性型脱毛症)であり、AGAが起こる原因は、特定の男性ホルモン(専門用語ではジヒドロテストステロン)が多く分泌されることです。

つまり、ジヒドロテストステロン(DHT)が多く出るほど、抜け毛量の増加につながります。このとき、大豆イソフラボンを摂取すると、ジヒドロテストロンの分泌を抑制することができます。結果として抜け毛改善の効果が得られます。

私の場合は、「たまごたれ納豆」とよばれる、たれのしょっぱさが少なく、たまごの甘みが少ない納豆が好きで、良く食べています。

以下のような納豆です。

以下のように、イソフラボンの含有量が記載されています。

この納豆であれば、1パックあたりXXXmg含有されていることになります。後に詳しく解説しますが、毎日のイソフラボンの摂取量の目安にするといいです。

ナットウキナーゼにより血行が促進される

納豆のネバネバは、酵素であるナットウキナーゼを多く含むことが原因です。実はこのナットウキナーゼには、「血流を改善する効果」や「血管のつまりである血栓を取り除く効果」があります。

全身の血の巡りが良くなれば、当然頭皮への血流量も増えます。血液にのって髪の成長に必要な栄養が届けられるために、育毛効果が得られるのです。

納豆の大豆サポニンには抗酸化作用がある

サポニンとはポリフェノールの一種であり、大豆由来の食品に含まれるものを特に「大豆サポニン」とよびます。

大豆サポニンには、人の老化につながる物質(専門用語では活性酸素)の働きを抑えることができます。つまり、アンチエイジング効果があるのです。

老化が進むと「髪を生やす毛母細胞の機能の低下」「毛髪の土台となる頭皮のハリの低減」などにより、ハゲやすくなります。このとき、抗酸化作用がある大豆サポニンを摂取すると、これらの頭部への悪影響を抑制し、抜け毛を防ぐことができるのです。

食物繊維が血糖値の上昇を防ぐ

また、納豆に含まれる食物繊維には、血液中の糖質の量を抑える効果があります。

基本的に、食べもので摂取した糖質は内臓によって吸収され、血液にとりこまれます。「血中に入りこんだ糖質が細胞に移動し、細胞内でエネルギーになる」という過程を経て、糖質は消費されます。

このとき、長期間血糖値が上がった状態になると、「上手く糖質が細胞に入っていかなくなる」という体になっていきます。結果として、細胞の機能が低下します。これは毛母細胞にもあてはまり、育毛能力が下がることを意味しています。

このような場合でも、納豆に含まれる食物繊維を摂ることで、血糖値の上昇を抑制することができます。結果として、この高血糖からくる毛髪への悪影響も防ぐことができるのです。

納豆の摂取量

このようなさまざまな作用により育毛効果が期待できますが、どの程度摂取するといいのでしょうか。

育毛に効果のある先述の成分の中では「大豆イソフラボン」の摂取量には注意する必要があります。後にイソフラボンの摂り過ぎについて記載していますが、過剰摂取では育毛だけでなく、健康自体に悪影響を与えることがあります。

一方で、他の「ナットウキナーゼ」「大豆サポニン」「食物繊維」は基本的に過剰摂取となっても、大きな副作用はありません。

そのため、納豆の中でもイソフラボンの摂取量はきちんと管理しましょう。具体的には、大豆イソフラボンの目安摂取量は、1日50~150mg未満程度です。

納豆1パックには、イソフラボンがおよそ65mg程度含まれています。そのため、大豆製品をほとんど取らずに納豆のみでイソフラボンを100mg摂取しようとするケースでは、1パック半程度食べればいいのです。

計算式:1日に必要なイソフラボン100[mg] / 納豆に含まれるイソフラボン65[mg/1パック] = 1.5[パック]となるのです。

以下の程度の量です。

※※

納豆の過剰摂取の副作用に気を付ける

このように大豆イソフラボンの服用推奨量は意外と少ないです。また、薄毛の改善効果が得られるからといってイソフラボンを過剰摂取した場合、「逆に脱毛の促進」「胃腸の痛み発生」「爪の変形」などの副作用が起こることがあります

また、イソフラボンは納豆だけでなく、豆乳などの大豆製品全般に含まれます。そのため、豆乳や豆腐などの大豆製品が好きな方は、摂取のし過ぎには気をつけましょう。

例えば、イソフラボンの含有量は、豆乳であれば100mlで30mg程度、豆腐であれば1/2丁で55mg程度、みそにはおおさじ一杯で8mg程度です。

大豆製品が好きで、かつイソフラボンの育毛効果が得たいと考えている場合は、「どの程度大豆イソフラボンを摂取しているのか」を念のため計算しておきましょう

特に大豆好きの方はダイズ製品を摂りすぎて、イソフラボンを過剰摂取しないように気を付けましょう。

納豆にキムチを加えると育毛効果が上がる

薄毛を回復させるために納豆を摂取する際には、単体で食べてもいいです。ただ。納豆にキムチを加えて食べると、さらにハゲの改善効果を向上することが可能です。

以下でキムチの育毛効果について確認していきます。

キムチに含まれるカプサイシンが血行不良を改善する

キムチには、カプサイシンと呼ばれる血の巡りを改善する成分が豊富に含まれています。トウガラシなどを始めとした辛い食べ物に含有されている成分です。

薄毛の人は基本的に「姿勢が悪い」「血行が滞りやすい良くない油を多くとっている」などの理由により、血流量が少なくなっている場合が多いです。

そのため、毛髪の成長に必要な栄養素が頭皮に行きわたらずに、髪が育ちにくく、抜け毛が増えやすい状況となっています。このときに、血流が改善できるカプサイシンを摂取することで、頭皮に栄養が回りやすくなるのです。結果として、薄毛治療につながるわけです。

また、納豆では「イソフラボンによる抜け毛を減らせる効果」を主に得られるのに対し、キムチでは「血行促進による育毛効果」が得られるため、相乗効果によってハゲの回復につながります。味自体も納豆単体よりもおいしくなるため、キムチ納豆はおすすめです。

糖質が少なく、食物繊維が多い

また、納豆と同様に糖質が少なく、食物繊維を豊富に含みます。これはキムチのもととなっている野菜が白菜や大根などの繊維の量が多いものだからです。

以下のようなものです。

そのため、血糖値の上昇を穏やかにしたり、高血糖状態となっている場合にはその値を早く正常値にもどせたりします。

先にも述べたように、高血糖状態では老化を促進します。頭皮の老化はもちろん薄毛につながります。そのため、キムチのような低糖質でかつ繊維質のものをとれば、アンチエイジング効果を得られます。結果として、育毛効果を得られるのです。

キムチの乳酸菌が免疫力の向上やアンチエイジングにつながる

さらに、キムチは発酵食品であるために、乳酸菌を多く含みます。乳酸菌は腸内環境を整え効果が大きいです。

腸のコンディションが乱れていると、睡眠の質を改善するホルモン(専門用語ではメラトニン)の分泌が低下します。快眠できない状態が続くと、ハゲるホルモン(専門用語ではジヒドロテストステロン)の分泌量が増加します。そのため、抜け毛も増え、薄毛につながるのです。

よって、キムチのような発酵食品を積極的に摂取し、腸の状態を活発にしておくと、育毛効果が得られるのです。

納豆キムチの作り方

このように、薄毛の治療にいく納豆とキムチですが、併せることで相乗効果が得られます。さらに味もおいしくなるため、おすすめです。

以下で納豆キムチの作成方法について確認していきます。

①納豆とキムチを準備する

育毛に効く納豆キムチを作るためには、納豆とキムチだけあれば作成できます。

先にも述べた私が好きなたまご納豆を準備します。

以下のようなものです。

※※

これに市販品のキムチも用意しましょう。

以下のような品です。

※※

②納豆の上にキムチを載せ、かき混ぜる

箸でキムチをつまんでいき、納豆の表面全体が覆われる程度に追加しましょう。およそ箸で3つまみ程度の量でいいです。

※※

箸で10回ほどかき混ぜ、均一に混ざったら納豆キムチの完成です。

これを納豆のイソフラボンの摂取量が過剰とならない1日に2パック弱程度を週に数日程度とるといいです。

納豆キムチを上手に摂取し、薄毛の回復に活用していきましょう。

まとめ

ここでは、「納豆やキムチの薄毛の回復へ効果」「ハゲに効く納豆やキムチの摂り方」「それらを合わせた納豆キムチの作り方」について解説しました。

納豆含まれるイソフラボン、大豆サポニン、ナットウキナーゼには育毛効果があります。特にダイズイソフラボンには、AGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の分泌量を低減することができます。

そのため、抜け毛を減らすことができます。結果として、薄毛の回復につながるのです。

さらに、納豆と合わせる育毛効果が増し、かつおいしくなる食品があります。それはキムチです。

キムチには、カプサイシン、乳酸菌、食物繊維を多く含むことで育毛につながります。中でもカプサイシンでは納豆にはあまりない血行促進効果があります。

よって納豆キムチにすることで、ハゲ改善への相乗効果が得られるのです。

納豆、キムチ、納豆キムチを上手に摂取して、薄毛を克服していきましょう。