66

私たちの健康維持に役に立つ植物は、自然界に沢山あります。その中で薄毛に効く植物が「ノコギリヤシ」です

さまざまな素晴らしい健康効果が認められるノコギリヤシは、昔からアメリカインディアンの生活に取り入れられて、民間薬として利用されてきました。

ノコギリヤシには赤い果実が実りますが、この果実のエキスが健康効果をもたらしてくれます。特に、滋養強壮剤や、前立腺肥大症の治療薬として効果があることから古くから活用されてきました。

アメリカインディアンの特徴として、ハゲが極端に少ないということがあります。なんと彼らの薄毛率は、1~2%しかありません。この理由の一つとして考えられるのが、アメリカインディアンがノコギリヤシの実を常食していることなのです。

近年は、日本でもノコギリヤシの育毛効果は注目されるようになり、サプリメントとして利用する人も増えてきました。

このように、薄毛に悩む人にとって大変ありがたい効果のあるノコギリヤシですが、ここではその健康効果と育毛効果について説明していきます。

ノコギリヤシとはどんな植物なのか

ノコギリヤシは北米からメキシコに生息するヤシ科の植物です。ノコギリヤシの葉は、50~100cmの長さがあり、ノコギリに似た形状のためノコギリヤシと名づけられました。

アメリカインディアンは、古くからノコギリヤシの赤い果実を男性機能の向上や利尿作用の改善などに用いてきました。中国では、泌尿器の病気の治療薬である「棕櫚子(シュロシ)」という漢方薬として利用されています。

ノコギリヤシは、その効能が認められて19世紀には、ハーブティーとして前立腺肥大症の治療に用いられるようになりました。その後、1990年にフランス人博士が、「前立腺肥大症に特筆すべき効き目がある」と報告したことで、世界の医学界で注目されるようになったのです。

ノコギリヤシには、副作用が少ないという特徴があります。現在ヨーロッパでは、泌尿器科の医薬品として認可され、その効能は高く評価されています。

ノコギリヤシの健康効果とは

ノコギリヤシの健康効果は、以下の通りです。

1. 前立腺肥大症の改善

ノコギリヤシの最大の効能は、やはり前立腺肥大症の改善です。前立腺肥大症の原因には、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンの働きがあります。

ジヒドロテストステロンは5αリダクターゼという酵素によって生み出されます。この5αリダクターゼの働きを、ノコギリヤシが抑制することで前立腺肥大症を改善します。

2. 育毛効果

ジヒドロテストステロンは、別名「脱毛ホルモン」といわれています。ジヒドロテストステロンは、前立腺肥大症だけでなく、抜け毛も引き起こします。このジヒドロテストステロンを生み出す5αリダクターゼをノコギリヤシが抑制することが、抜け毛防止にもつながります。ノコギリヤシは、女性の薄毛にも効果があります。

3. 男性機能の改善

ジヒドロテストステロンには、性欲減退の原因となる働きもあります。ジヒドロテストステロンの発生に関わる5αリダクターゼを、ノコギリヤシは抑えます。また、ノコギリヤシが男性機能低下に関わる前立腺肥大を抑えることで、男性機能の改善にも効果が見込めます。

4.排尿障害の改善

ノコギリヤシに含まれる成分に、遊離脂肪酸やステロールというものがあります。これらの成分は、尿をスムーズに出す働きがあります。

以上のように、前立腺肥大症や抜け毛、男性機能低下の原因となるジヒドロテストステロンの発生を抑え込む働きがあるのが、ノコギリヤシなのです。

ノコギリヤシの育毛に効果的な摂取法

ノコギリヤシの効能を高める摂取法は、亜鉛と一緒に摂取することです。亜鉛には、ノコギリヤシと同じく、ジヒドロテストステロンの発生を抑える効果があります。この作用は、毛母細胞の活性化にもつながります。また亜鉛には、男性機能を高める効果もあります。

このように、ノコギリヤシと亜鉛には、育毛にも男性機能改善にも同じような効果があるのです

そして、ノコギリヤシと亜鉛の同時摂取は、2つの成分がもたらす「ハゲの原因となるジヒドロテストステロンの抑制効果」と、「髪の毛に成長させる毛母細胞活性化効果」が同時に発揮されることになり、育毛効果がさらに高まることが期待できます。

ただ、ノコギリヤシは食事から摂ることは不可能ですので、サプリメントを上手に活用していくといいでしょう。

ノコギリヤシと亜鉛の同時摂取の注意点

ただし、ノコギリヤシと亜鉛の同時摂取については、注意しなければならないことがあります。それは、亜鉛の過剰摂取は避けなければならないということです

厚生労働省が発表した1日の安全摂取量は、男性は40~45mg、女性は35mgであるとされています。毎日の食事だけで10mg程度摂取できていることを考えると、サプリメントで亜鉛を1日30mg以上は摂取しないようにしなければなりません。亜鉛のサプリメントにセレンやクロムが含まれている場合は、特に注意が必要です。

2008年に米国の政府機関が、亜鉛のサプリメントによる健康被害が報告されていることを注意喚起しました。亜鉛の過剰摂取は、脱毛、下痢、筋肉のけいれん、関節痛などを引き起こすのです。

また、ノコギリヤシについては、妊婦や血液をスムーズに流すための薬を常用している人は服用を避けるべきです。

以上のように、ノコギリヤシを摂取することで、育毛効果だけでなく、前立腺肥大症の防止効果も望めることがわかりました。また、ノコギリヤシと亜鉛を同時に摂取することで、その効果が高まることにも確認できました。

しかし、亜鉛の過剰摂取は避けなければなりません。亜鉛は食事から十分に摂取できます。基本的には、亜鉛は食事から、ノコギリヤシはサプリメントからを摂取することが望ましいといえます。