80

あなたが薄毛に悩んでいるならば、是非毎日とって頂きたい食材があります。それは、「オメガ3脂肪酸」を多く含む食品です。オメガ3脂肪酸を多く含む食材は、青魚やえごま油などです。これらの食品を毎日とることで、育毛効果が望めるのです。

オメガ3脂肪酸には、さまざまな健康効果がありますが、その中の1つの効果として、血液サラサラ効果があります。血液がサラサラになって血流が良くなることは、育毛効果につながります。血のめぐりが良くなることで、育毛効果がある栄養素が血液を通して頭皮の毛母細胞まで行きわたるからです。

しかし、身体全体の血流が悪いと、頭皮の毛母細胞までも栄養が届きにくくなるばかりか、さまざまな体調不良を引き起こすことになります。薄毛を改善しようと思ったら、頭皮だけでなく身体全体の健康状態を改善させなければなりません。

オメガ3脂肪酸には健康維持のために大切な働きがたくさんあります。血行促進を図り身体全体の健康状態を改善させて、同時に正しい育毛ケアを行うことが正しい薄毛対策です。オメガ3脂肪酸を毎日の食生活に積極的にとり入れていくことで、健康状態が良くなり育毛効果も増すのです。

実際に私自身が、オメガ3脂肪酸を毎日摂取した結果、特に健康指数に驚くべき効果がありました。ここでは、その内容を含めオメガ3脂肪酸の育毛効果について詳しく説明していきます。

オメガ3脂肪酸とは

脂質には、2種類あります。「常温で固形となるバターやラードなどの飽和脂肪酸」と、「常温で液体となる植物性の油や魚油などの不飽和脂肪酸」です。

オメガ3脂肪酸とは、後者の「常温で液体となる不飽和脂肪酸」の中の1つです。不飽和脂肪酸は、食品など食事などから摂取する必要のある必須脂肪酸に分類されています。そして必須脂肪酸は、オメガ3とオメガ6の2つに分けられます。

オメガ3脂肪酸には、青魚に含まれるDHAやEPAや、えごまに含まれるαリノレン酸などがあります。DHAやEPAは、ともに血液サラサラ効果や悪玉コレステロールを減らしてくれる効果があることから、大変注目されている栄養成分です。

オメガ3脂肪酸は、細胞が正しく機能するためには不可欠なものであることがわかっています。

オメガ3脂肪酸の効能

オメガ3脂肪酸にはさまざまな健康効果があります。それらは、以下の通りです。

1. 血液サラサラ効果

2. 中性脂肪を下げる効果

3. コレステロールを下げる(LDLコレステロールを下げる)効果

4. 高脂血症予防
 
5. 高血圧予防効果

6. 動脈硬化、心筋梗塞予防効果

7. 脂肪肝予防効果

8. 生活習慣病予防効果

9.アンチエイジング効果 

10.アレルギー抑制効果

11. 記憶力アップ効果

12. ダイエット効果

以上のように、オメガ3脂肪酸は、私たちが健康で丈夫な身体を維持するための必要な栄養成分なのです。

オメガ3脂肪酸の多い食べ物

オメガ3脂肪酸は、えごま油、アマニ油、青魚、しそ油、クルミ、緑黄色野菜、豆類などの食品に含まれています。

オメガ3脂肪酸の特徴として、熱に弱いことがあります。えごま油やアマニ油などをとる場合は、炒め物などに使用するよりも、ドレッシングに使用したり、直接スプーンなどで摂取するのが効果的です。成人の場合、えごま油やアマニ油は、小さじ1杯で1日に必要量である2gをとることができます。

青魚を食べる時も、熱を加えるなど調理して食べるより、お刺身など生で食べる方が望ましいです。

オメガ3脂肪酸の育毛効果

オメガ3脂肪酸には、育毛効果があると説明しました。その理由は、次の通りです。

オメガ3脂肪酸には、頭皮の「毛嚢(もうのう」という髪の根っこ部分に直接栄養素を与える働きがあるために、髪が丈夫で抜けにくくなる手助けをしてくれます。

また、オメガ3脂肪酸には細胞膜を柔らかくして、血管を広げて血流を良くする働きもあります。頭皮の血行が良くなることで、頭皮が柔らかくなる効果も得られて、毛母細胞にも育毛効果がある栄養素が十分に届くことになります。そうなることで、髪が力強く成長することが可能になるのです。

抜け毛が増える大きな原因の1つが、頭皮の血行不順です。このような場合は、頭皮の血行を改善することで抜け毛が止まり、新しい髪の毛が生えてくることがあります。薄毛対策にとって、頭皮の血行改善は不可欠なのです

ただ、頭皮の血行改善は全身の血行改善がなければ不可能です。全身の血行が良くなることで、初めて頭皮の血行改善も図れるのです。なぜなら、身体は生命維持のために、身体の末端の細胞への栄養補給は後回しにする傾向があるからです。

そのため、全身の血行が悪い場合は、その原因として考えられる間違った食生活や生活習慣を正していくことが必要です。その時に、血行促進の働きがある食材を毎日積極的にとることで効果が高まるのです。

オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸をバランスよく摂取する

前述の通り、食事などから摂取する必要のある脂質である必須脂肪酸は、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸の2つに分けられます。これまでに、オメガ3脂肪酸の健康効果を説明してきましたが、オメガ6脂肪酸も身体にとっては欠かせない脂質です。

オメガ6脂肪酸が体内で不足すると、皮膚状態の悪化、成長の遅れ、肝臓や腎臓におけるトラブルなどが起こることがわかっています。

オメガ6脂肪酸を多く含む食品は、紅花油、ひまわり油、コーン油、ゴマ油などです。

オメガ6脂肪酸の代表的な成分である「リノール酸」は、悪玉コレステロール(LDL)を低くする働きがあるとして、注目されたことがありました。しかし、後にリノール酸は善玉コレステロール(HDL)も同時に低くしてしまうことが明らかになったことで、現在ではリノール酸ばかりを摂取することは勧められていません。

オメガ6脂肪酸の摂取には、バランスが非常に大切で、オメガ3脂肪酸1に対して、オメガ6脂肪酸が4の割合が理想的とされています。ただ、食生活の欧米化や魚食の減少によって、現代の日本では、オメガ3脂肪酸の摂取量が減っているという事実があります。

一説にはその割合が、昔はオメガ3脂肪酸1に対してオメガ6脂肪酸が4だったのが、今では約1対10となってしまっているといわれています。その事実に比例して、日本のハゲ率は年々高まっており、近年では成人男性のハゲ率は約26%となっているのです。そして、この数字はアジアでは一番高い数字となっています。

自分がオメガ3脂肪酸をとってから、どのような変化があったか

私自身、今から30年前の23歳の時に突然ハゲが進行しました。しかし、「絶対にハゲを治す」という強い気持ちから、徹底的に間違った食生活や生活習慣を正すことと、正しい頭皮ケアを実践することによって、約2年後にハゲを治すことができました。

それ以来約30年にわたり、食生活や生活習慣には十分に注意しながら生活してきたことで、50歳を過ぎた今でも髪もフサフサで健康状態も万全でいることができています。

ただ、私の場合はやや血圧が高い傾向がありました。30年前は、学生であったにもかかわらず、上の血圧が150もありました。以来間違った食生活や生活習慣を正すことで随分改善されましたが、最近は上の血圧が140を超える日がありました。

私自身が、オメガ3脂肪酸の重要性を知ってから、毎朝小さじ1杯のアマニ油を直接飲むようになったのが、約4ヶ月前です。その結果、最近の血圧の平均値が大幅に下がったのです。

現在の上の血圧の平均値が約127mmhgで、下の血圧が約81mmhgと平均で上下とも約10近く下がったのです。これは、アマニ油を毎朝小さじ1杯飲むようになったことと、毎日「韃靼(だったん)ソバ茶」を飲むようになったことが相乗効果となって現れたことだと思われます。

韃靼ソバ茶にも、ルチンという血管を丈夫にする働きがある成分が多く含まれていますので、アマニ油のオメガ3脂肪酸と韃靼ソバ茶のルチンが、血圧を下げたと確信しています。

ルチンについては、若々しい血管は健康にも育毛にも不可欠であるを参考にしてください。

もともと、私の毎日の抜け毛の本数は、正常本数内に収まっていますので、このことで抜け毛が減ったということはありません。しかし、血圧が下がったということは、血行が良くなったことですので、血圧が高めで薄毛に悩む人にとっては、オメガ3脂肪酸は育毛効果が期待できると思います。

ハゲを治すためには、全身の血行と頭皮の血行の両方をを良くしなければなりません。血液サラサラ効果があるオメガ3脂肪酸を毎日欠かさずとるようにして、育毛効果と健康効果を得るようにしていきましょう。