あなたは、お茶をよく飲みますか?あなたがお茶が好きで、育毛にいいと思ってお茶をよく飲むのであれば、「プーアール茶」を飲むようにしましょう。プーアール茶は、ハゲに悩む人にとっては、もしかしたら最高のお茶かもしれません。

日本人はお茶が好きな国民で、国民一人当たりの消費量は世界の中で17番目となります。日本のお茶は他の国と比べても、緑茶やウーロン茶、ほうじ茶、麦茶、紅茶などお茶の種類は多いほうだといえます。

お茶が健康にいいということはよく知られていますが、この場合のお茶とは緑茶を指すと思われます。日本において緑茶の消費量が日本一の県は静岡県ですが、健康寿命が日本一の県も静岡県です。意外なことに静岡県の平均寿命は全国10位ですが、健康寿命となると全国1位となります。

この事実を知ると、緑茶が健康にいいといわれることには納得ができます。実際に、日本よりも紅茶などの他のお茶を飲む国の平均寿命は、緑茶をよく飲む静岡県ほどは高くありません。

また最近では、緑茶のに含まれる「カテキン」の健康効果が注目されたことで、健康やダイエットのためにも緑茶を選ぶ人が増えているようです。

このように、緑茶には素晴らしい健康効果があることが認められてはいますが、「ハゲを改善する」ということになると話は少し違ってきます。実は、ハゲを治すには緑茶よりもプーアール茶の方が効果が高い可能性があります。

その理由は、プーアール茶には整腸作用があるからです。ハゲに悩む人に多く見られる症状として、便秘があります。便秘が長期間続くと腸内環境が悪くなり血液も汚れてしまいます。血液が汚れると血行と血液の質が悪くなるので、髪の毛の成長にとってはよくありません。

また、プーアール茶を飲むときには「スピルリナ」も一緒に摂ることがおススメです。スピルリナは、藻の一種です。スピルリナというタンパク質が豊富な食品と、プーアール茶を一緒に飲むことで頑固な便秘も解消できます。

そして、プーアール茶の整腸作用によって便秘が改善されて腸内環境が改善されると、育毛効果も一気に高まります。実際に、便秘が治って体調が良くなってくると、真っ先に肌の状態が改善されます。顔の皮膚と頭皮は同じ皮膚1枚でつながっていますので、顔の皮膚の状態が良くなったということは、頭皮の状態も良くなっているということです。

このように、腸内環境を改善することは、ハゲ改善にとっては極めて大切なことなのです

ここでは、プーアール茶を飲み続けたときの体調の変化と、その結果どのようなハゲ改善効果が期待できるのかについて説明していきます。

プーアール茶はどのようなお茶なのか

プーアール茶は、中国発症のお茶です。プーアール茶の茶葉は、日本でよく飲まれている緑茶と同じ茶葉です。緑茶を麹菌などの微生物とともに長期間熟成させて作られるのが、「後発酵茶」と呼ばれるプーアール茶です。

種類が豊富な中国茶は、発酵度によって大きく7つに分類されます。それらは、「緑茶」「白茶」「黄茶」「青茶」「紅茶」「黒茶」「花茶」の7つです。プーアール茶は、その7つの中で「黒茶」に分類されます。

黒茶は、その製法からヴィンテージワインのように年代物には高い値が付いたりします。また、プーアール茶は、その製法からさらに2つに分けられます。それらは、「生茶」と「塾茶」です。塾茶は、生茶に比べて色も濃い茶褐色になり、一般的に日本で飲まれているのも塾茶となります。

中国の中でも特に香港では、プーアール茶は食事の際によく飲まれています。その理由は、プーアール茶には脂肪分解作用があり、脂っこい食事の脂肪を分解してくれるからです。また、一説にはプーアール茶は脂肪を分解するのではなく、脂肪の吸収を妨げる働きがあるから食事の際に飲まれているともいわれています。

私自身が、香港に仕事で行ったときに「香港の人は1日5食」だと聞いて驚いたことがありました。ただ、その割には肥満の人があまり多くないのでその理由を聞いたところ、その香港人がいうには、香港に肥満の人が少ない理由は「プーアール茶を食事の際に必ず飲む」からだと説明していました。

プーアール茶の健康効果とは

香港では、プーアール茶は肥満防止のためによく飲まれているようでした。しかし、実はプーアール茶の効能はそれだけではありません。プーアール茶には、その他にもさまざまな健康効果があります。

プーアール茶の健康効果は、以下の通りです。

1. 血圧降下作用

2. 血行改善

3. 整腸作用

4. ダイエット効果

5. 血糖上昇抑制

6. ガン防止

7. 免疫力向上

8. 美肌効果

9. アレルギー体質改善

10. デトックス効果

11. 老化防止

12. 虫歯予防

これらが、プーアール茶の健康効果です。このようにプーアール茶には、さまざまな健康効果が期待できます。緑茶も健康にいいとはされていますが、便秘解消効果はあまり期待できないかもしれません。

また、プーアール茶の特徴として、熟茶は生茶に比べてカフェインが少ないことも挙げられます。そのため、プーアール茶を就寝前に飲んでも、睡眠の妨げにはなりにくいといえます。

プーアール茶の整腸作用は育毛に効果がある

冒頭で述べたように、プーアール茶を飲むことなどで得られる整腸作用は育毛には大変重要です。残念ながら、多くの人たちは腸の働きの重要性を十分に理解しているとはいえません。しかし本当は、腸が丈夫で健康であることは、身体の全体の健康維持にとっては極めて大切なことなのです。

最近は、腸の働きの重要性が少しづつ認知されてきてはいますが、腎臓や肝臓、胃などの他の内臓や器官などと比べると、腸の働きの重要性はまだ十分に認知されているとはいえません。ですが、腸の働きと健康には実は深いつながりがあるのです。

もしあなたが、長い便秘の状態であるとしたならば、次のことが体内では起こっています。長期間の便秘によって食べた物が腸内に長く留まると、食べのもが腐敗して腸内環境が悪化します。腸内環境が悪化すると、腸内では有害物質が発生します。

腸内で発生した有害物質は、腸から吸収されて血液を通して身体全体に運ばれます。このような状態が長く続くことで、常に体内には有害物質や毒素がとどまっていることになります。想像しただけでも、ゾッとする話です。当然ながら、体内に毒素がとどまっている状態で健康な髪が生えてくるはずがありません。

また、健康にとって大切な働きがある免疫機能も、約70%は腸に集中しています。その腸の働きが低下すれば、それにともない免疫機能も低下します。

免疫機能が低下すると、身体は生命を維持するために生命維持に関わらない器官には栄養を送らなくなります。そうなると、生命維持に直接関わらない頭皮にも栄養は届きにくくなります。

また当然ながら、有害物質が含まれた血液の質は悪くなります。そのような血液は、ドロドロとした状態になりやすく血行もよくありません。そうなれば、身体の末端にある頭皮には、なおさら栄養が届きにくくなってしまうのです。

このように、血液の質そのものが悪くなるということは、健康維持ばかりでなく髪の毛の成長にとっても大きなマイナスになるのです。

プーアール茶を飲むことで腸内環境が改善される

プーアール茶には整腸作用があることが、他のお茶との大きな違いです。先述の香港人の説明の通り、プーアール茶を食事の際に常に飲むことで実際に香港人は1日5食の生活習慣の割には、肥満が少ないといえます。

これは、プーアール茶の効果によるところが大きいと思われます。プーアール茶の脂肪分解効果や脂肪吸収阻止効果によるところはもちろんですが、整腸作用があることも肥満防止に役立っています。

その理由は、肥満防止の要因の1つが「快便」だからです。快便で肥満の人もいることから、快便と肥満には関連性がないという人もいますが、決してそうではありません。それは、腸内細菌と関係があります。

腸内細菌にはには、太りやすくなる「デブ菌」と、瘦せやすくなる「ヤセ菌」があります。両者の理想的案バランスは、「デブ菌」6:「ヤセ菌」4です。

ところが、米国のワシントン大学の実験チームの報告によると、太った人と痩せた人の腸内環境を調べてみると、太った人には「デブ菌」が、痩せた人には「ヤセ菌」が多く存在していたのです

つまり、肥満の人が快便であっても腸内にはデブ菌が多いのです。デブ菌が多いから、太りやすくなるのです。快便であっても、デブ菌が多ければ太りやすくなるということです。

実際に、便秘が肥満につながる理由は、次の通りです。

1. 消化吸収のスピードが落ちる

便が腸内にたまっていると、消化吸収のスピードが落ちます。そのため、便秘でない人よりカロリーを多くとってしてしまう傾向もあります。

2. 基礎代謝が落ちる

消化吸収のスピードが落ちると内臓の活動も下がり、基礎代謝も下がります。基礎代謝が下がると、脂肪がつきやすくなります。

3. 皮下脂肪がつきやすくなる

消化吸収のスピードが落ちると、同時に腸にたまった栄養素は皮下脂肪になりやすくなります。皮下脂肪は内臓脂肪よりも落ちにくいために、肥満になりやすいのです。

また、欧米型の食事のような脂肪分の高い食事を続けていると便秘や肥満にやすいはずですが、同じように脂肪分の高い中国料理を毎日食べている香港人が、肥満や便秘の人が少ないのはプーアール茶を常飲しているからなのです。

これらの肥満につながりやすい原因が、プーアール茶を常飲することで防ぐことが可能になります。同時に、プーアール茶が腸内環境を整えてくれるので便秘防止にもなるのです。

成人男性のハゲ率が欧米各国では軒並み40%以上になりますが、香港の成人男性のハゲ率24%となり日本のハゲ率26%よりも低くなります。

この違いがどこから来るのかといえば、「香港人の方が、欧米人や日本人よりもプーアール茶をよく飲む」ということが考えられます。そしてその結果、香港人の方が欧米人や日本人よりも、デブ率やハゲ率が低くなっているのです。

また、香港人の平均寿命は、中国本土の平均寿命と比べても約8歳も高くなっています。近年では、平均寿命は男女ともに日本人よりも高くなっており、香港人は長生きであるともいえます

プーアール茶を飲むときの注意点

このように、便秘解消や肥満防止など私たちにとってうれしい健康効果が多く期待できるプーアール茶ですが、その効果を得るためにいくつかの注意点もあります。

どんなに身体によいとされているものも、過剰摂取や間違った摂取法によっては、その効果が半減してしまいます。それどころか、特に過剰摂取は場合によっては健康を害してしまうことにもなりかねません

プーアル茶の飲み過ぎによって、以下の副作用が表れる場合があります

・睡眠の質の低下

・不整脈

・腹痛や下痢

・貧血

・血圧の上昇

ただし、これらの症状が表れるには、1日何リットルもプーアール茶を飲んだ場合とされており、今のところはプーアール茶の副作用による重篤な症状は報告されておりません。

プーアール茶の効果的で安全な飲み方を知っておく

プーアール茶の効果的で安全な飲み方は、以下の通りです。

1. プーアル茶を選ぶ際には、熟茶を選ぶ

日本で売られているプーアル茶は熟茶が一般的であるが、中国茶専門店では生茶と熟茶の両方を売っているので、購入の際確認する。

2. 安価過ぎるプーアール茶は購入しない

プーアール茶の中には安価過ぎるものもあるが、そのような商品は避けるようにする。できれば、製造元が記されている商品を信用できるお店から購入するようにする。

3. 1日の飲む量を守る

プーアール茶のカフェイン量は、150リットルあたり生茶が約30mg、熟茶で15~30mgとなる。コーヒーが約90mg、緑茶や紅茶、ウーロン茶が約30mgなので、プーアール茶のカフェイン量は決して高すぎるわけではない。

ただ、プーアール茶の飲み過ぎは先述の通り副作用をもたらす場合があるので、1日の飲む量は守ったほうがよい。

プーアール茶の摂取量は、1日1リットルでカップ6~7杯となる。妊婦さんは、その半分の0.5リットルを上限にするといいとされている。

成人の1日のカフェイン摂取量の上限は400mg程度とされている。他のコーヒーや緑茶に含まれるカフェイン量も考慮して、プーアール茶は主に食事の際に飲むとよい。

4. プーアル茶の飲み方は、食事前に飲む

食事前に飲むことで、脂肪の吸収をしっかりブロックできる。

5. 育毛効果を得るために「スピルリナ」と一緒に飲む

育毛効果が高い食品に、「スピルリナ」がある。スピルリナは、藻の一種でタンパク質が60~70%含まれている。スピルリナは、その他にも約40種類ものミネラルを含んでおり、身体への吸収率も高く、まさに「スーパーフード」といえる食品である。

スピルリナは、育毛にとっても大変優れた食品でもある。このような優れた食品を、プーアール茶と一緒に毎日摂取することで、便秘解消や育毛効果が得られる。

実際に、私自身も20代前半に頭頂部後部がハゲだしたときに、毎日スピルリナとプーアール茶を一緒に飲むことで、頑固な便秘か約3週間後には完全に解消することができた。それ以来、スピルリナを毎日プーアール茶と一緒に飲んでいるが、便秘の心配は全くない。

以上のように、プーアール茶を毎日の生活に取り入れることで、さまざまな健康効果が得られ結果的に育毛効果も期待でるようになります。長期間の便秘はハゲもつながりますが、プーアール茶には整腸作用もありますので、プーアール茶を毎日の生活に取り入れていくことで腸の調子を整え、丈夫で健康な髪に毛が生えてきやすい体質を作っていきましょう。