AGA(男性型脱毛症)に悩む人は、生活習慣の改善や育毛剤の使用によって薄毛の回復を試みるケースが多いです。

中でも、育毛に興味のある場合、豆乳を飲むと「育毛を促進させる」「抜け毛を減らせる」という口コミを一度は見たり、聞いたりしたことがあるでしょう。

この「豆乳を飲用することによって、薄毛を改善できる」という噂は本当なのでしょうか。嘘でない場合はどのようなメカニズムでハゲに効くのでしょうか。

ここでは、「豆乳には薄毛治療への効果があるのか」「豆乳の育毛効果をより高めると噂の黒ゴマきなこ豆乳とは何か」について解説していきます。

豆乳は育毛に有効なのか

結論からいいますと、豆乳を適切な量摂取すれば、薄毛治療に効果があります。これには、豆乳に含まれる育毛成分が大きく関係しています。

大きく分けて豆乳には成分調整タイプと成分無調整タイプが存在しますが、構成成分は似たようなものです。

豆乳には「髪の成長を促すビタミンB」「毛髪自体を構成するタンパク質」「抗酸化作用があるレシチン、ビタミンE、ダイズサポニン」など、間接的に育毛に効く成分を含みます。さらに、薄毛治療に直接的に関係する成分も豊富にあります。

これらハゲの改善に深く関係する各成分について以下で確認していきます。

イソフラボンが育毛効果を高める

豆乳の中で薄毛の治療に効く成分として有名なものに「イソフラボン(ダイズエキス)」が大きく関係しています。

男性がハゲる理由のほとんどはAGA(男性型脱毛症)です。そして、AGAが起こる原因は、特定の男性ホルモン(専門用語ではジヒドロテストステロン)が多く分泌されることです。

つまり、ジヒドロテストステロン(DHT)が多く出るほど、抜け毛量の増加につながります。このとき、大豆イソフラボンを摂取すると、ジヒドロテストロンの分泌を抑制することができます。結果として抜け毛改善の効果が得られます。

私の場合は、無調整タイプの豆乳の味が好きであり、毎日飲むことで薄毛治療に役立てています。

以下のような豆乳です。

以下のように、イソフラボンの含有量が表記されています。

この豆乳であれば、100mlあたり29mg含有されていることになります。後に詳しく解説しますが、毎日のイソフラボンの摂取量の目安にするといいです。

豆乳に含まれる亜鉛は薄毛改善に効く

同時に豆乳には亜鉛が多く含まれます。先にも述べたように、ハゲの原因はジヒドロテストロン(DHT)の分泌量が多いことです。イソフラボンと同様に、亜鉛にもジヒドロテストロンが出ることを抑える効果があります。

また、亜鉛には育毛を促す細胞(専門用語では毛母細胞)を活性化させる効果もあるために、薄毛治療に効くのです。

以下のように亜鉛の含有量が記載されています。

こちらの記載によって、100ml辺りに亜鉛の量が0.3mg含まれていることが確認できます。

糖質が多い豆乳飲料には気を付けるべき

このように、成分調整豆乳でも成分無調整豆乳でも豆乳であれば、ハゲに効く成分が豊富に含まれています。

ただ、豆乳と似た豆乳飲料である場合、糖質を加えることなどによって味付けをしている場合があります。そのため、豆乳飲料では豆乳と比べて非常に糖質の量が多い場合があるので、気を付けましょう。

例えば、私がおすすめの先にも述べた豆乳の糖質含有量は100mlあたり、1.2gと少ないです。

以下のような記載です。

これに対して豆乳飲料であったら、100mlあたり10.7gと多くの糖質を含む製品もあります。

以下のような表記です(200mlあたりの含有量を記載)。

https://www.kikkoman.co.jp/products/product/K581508/index.htmlより引用

糖質を過剰摂取すると、血管の中は高血糖状態になります。高血糖状態では、「細胞機能の低下」「血行不順」が起こると科学的に証明されています。結果として、毛母細胞の機能を悪くしたり、頭に運ばれる血液の量が減ったりするため、ハゲるのです。

私の場合は、「豆乳も豆乳飲料も同程度の成分でそれほど変わらないだろう」と誤解していたことがあり、実際に何度か間違えて購入してしまったことがあります。

そのため、「豆乳と明記されていることをチェックする」「念のため糖質の量を確認する」ということを習慣づけましょう。

育毛に効くイソフラボンの摂取量

このように、適切に摂取することで育毛効果を得られる豆乳ですが、具体的にどの程度飲むといいのでしょうか。大豆イソフラボンは一日に目安として、50~150mg未満の摂取がいいとされています。

そのため、大豆製品をほとんど取らずに豆乳のみでイソフラボンを100mg摂取しようとするケースでは、およそ345mlとれば十分であると判断できます。

計算式:1日に必要なイソフラボン100[mg] / 豆乳に含まれるイソフラボン29[mg/100ml] × 100 = 345[ml]となるのです。

この345mlとは、コップ2杯弱程度とそれほど多い量ではなく、以下の程度の量です。

豆乳以外にも大豆製品を食べるとき、摂り過ぎの副作用に気を付ける

このように大豆イソフラボンの服用推奨量は意外と少ないです。また、薄毛の改善効果が得られるからといってイソフラボンを過剰摂取した場合、「逆に脱毛の促進」「胃腸の痛み発生」「爪の変形」などの副作用が起こることがあります

また、イソフラボンは豆乳だけでなく、大豆製品全般に含まれます。そのため、豆腐や納豆などの大豆製品が好きな方は、摂取のし過ぎには気をつけましょう。

例えば、イソフラボンの含有量は、納豆であれば1パックあたり65mg程度、豆腐であれば1/2丁で55mg程度、みそにはおおさじ一杯で8mg程度です。

大豆製品が好きで、かつイソフラボンの育毛効果が得たいと考えている場合は、「どの程度大豆イソフラボンを摂取しているのか」を計算しておきましょう

もし、薄毛改善のためだけに、大豆製品を得ようとしているのであれば、「豆乳単体」か、豆乳に黒ゴマときな粉を混ぜた「黒ゴマきな粉豆乳」によってイソフラボンを摂取するといいです。摂った量の計算が簡単になります。

黒ごまきな粉豆乳にすると育毛効果が上がる

さらに、普通の豆乳に加えて、黒ごまときな粉を加えると薄毛回復への効果を上げることができます。黒ごまときな粉は、基本的に豆乳と構成成分が似ています。

ただ、黒ゴマときな粉には豆乳に含まれていない薄毛改善に効果がある成分も含まれているのです。

これらの豆乳には含有していないハゲに効く成分について、以下で確認していきます。

きな粉には食物繊維が多く育毛にいい

きな粉は大豆を粉砕した状態のものであり、豆乳には含まれていない食物繊維を多く含みます

豆乳は大豆を絞ることで得るため、繊維質は全くなくなるのです。実際に成分を確認しても食物繊維の配合量は0と記載されています。

以下の通りです。

一方で、きな粉には食物繊維が100g中に20g程度と多く含有されています。食物繊維の含有の記載がないとしても、普通のきな粉すべてに含まれています。

以下のようなものです。

この食物繊維には、「糖質を摂取したときに血糖値が上昇すること」を抑える作用があります。

先にも述べたように高血糖状態が続くことで老化が促進されると、毛母細胞の働きを弱めたり、髪を支える土台である頭皮のハリを無くしたりします。結果としてハゲます。

そのため、食物繊維が豊富なきな粉を摂ることで、アンチエイジング効果を得ると育毛につながるのです。

黒ゴマはセサミンが多くハゲ治療に効果がある

同時に黒ゴマも豆乳に加えることで、より薄毛回復への効果を得ることができます。

具体的には、黒ゴマには豆乳と同様にビタミンEなどが多く含まれるだけでなく、抗酸化作用が強いセサミンを多く含みます。

私の場合は以下のような市販品を使用しています。

このように、黒ゴマやきな粉を豆乳に入れることによって、より高い薄毛治療への効果を発揮できます。

育毛効果が高い黒ゴマきな粉豆乳の作り方

それでは、黒ゴマきな粉豆乳はどのように作るのでしょうか。以下で順を追って、作製方法を確認していきます。

①豆乳200mlをコップに入れる

まず、豆乳200mlをコップなどの容器に注ぎましょう。

以下のような状態です。

②きな粉をスプーン2杯分加える

次に注いだ豆乳にきな粉をスプーン2杯分加えましょう。きな粉を入れた直後は以下のような状態です。

良くかき混ぜて、きな粉の塊を取り除きましょう。

③黒ゴマをスプーン1杯分入れる

同様に黒ゴマをスプーン1杯を加えます。きな粉と同じように、しっかり撹拌するといいです。

④スプーン半分程度の微量の甘味料を入れる

最後に味を整えるために、スプーン半分程度の比較的少ない量の甘味料を加えます。

良く混ぜこんだら、黒ゴマきな粉豆乳の完成です。特別なことは何もしておらず、簡単に誰でも作ることができます。

黒ごまきな粉豆乳を飲むと髪の量が増える

このようにしてできる「黒ごまきな粉豆乳」を実際に飲み続けています。具体的には、朝と夜の1杯ずつおよそ200ml弱ずつ飲んでいます。

イソフラボンを始めとした有効成分の効果を長続きさせるためにも、朝と夜で分けるといいです。

実際に私自身は週に3~5日程度というペースで、継続して3か月ほど飲み続けたあたりから、特に抜け毛の減少を実感しています。

また、味自体もとても美味しいため、糖質過剰な清涼飲料水を良く飲む方は置き換えて飲むといいです。

男性の薄毛への豆乳による育毛効果が出るまでの期間

このように、豆乳単体や黒ごまきな粉豆乳には薄毛改善の効果があります。それでは、どの程度の期間継続して豆乳を摂取するとその効果が得られるのでしょうか。

男性のハゲの回復への豆乳の効果が表れるまでには、少なくても1か月程度はかかります。これには、ヘアサイクルとよばれる「毛髪が頭皮から生え、長く太く成長し、抜けていく」という一連の流れが関与しています。

ヘアサイクルとは以下のようなイメージです。

http://www.mymed-project.com/hair-cycle.htmlより引用

ヘアサイクルはおよそ半年~2年かけて1サイクルします。そのため、育毛効果が実感できるほどになるには1か月という比較的長い期間が必要なのです。

たった1週間ほど使っただけでは、ほとんど薄毛の改善が見られません。育毛には時間がかかることを念頭におき、焦らずにハゲを治療していきましょう。

黒ごまきな粉豆乳に加え、育毛剤を使用するといい

黒ごまきな粉豆乳を飲むことによって、体の中からの薄毛治療を行うことができます。これに加えて、イソフラボンを始めとする育毛成分を含む育毛剤を頭皮に塗るといいです

体の内部からだけでなく、外からも頭部に働きかけることができるため、育毛効果を向上できます。

なお、人気の育毛剤であればイソフラボン(ダイズエキス)だけではなく、イソフラボンと同等にジヒドロテストステロン(DHT)を抑制する成分の「オウゴンエキス」「ビワ葉エキス」「ヒオウギエキス」「ノコギリヤシエキス」「キャピキシル」「パルテノライド(ハーブティーのフィーバーフュー抽出液)」などを含んでいることがほとんどです。

人気の育毛剤のチャップアップの外観は以下のようなものです。

具体的な構成成分は以下の通りです。

先にも述べたジヒドロテストステロン(DHT)を減らすことができる成分として「オウゴンエキス」「ビワ葉エキス」「ヒオウギエキス(ヒオウギ抽出液)」「ダイズエキス(イソフラボン)」が配合されています。

育毛剤を購入する場合、きちんと構成成分が明記されており、実際にジヒドロテストステロン(DHT)を低減できる成分を含有していることを確認しましょう。

また、育毛剤(医薬部外品)では発毛剤(医薬品)に見られるような大きな副作用の「精力の低下」「動悸」などが起こることはありません。

このように、黒ごまきな粉豆乳の摂取やと育毛剤を使用によって、体の内側からも外側からも頭皮に働きかけ、薄毛を克服していきましょう。

まとめ

ここでは、「豆乳には薄毛治療への効果があるのか」「黒ゴマきなこ豆乳にするとより育毛効果を高められるのか」ということについて解説しました。

豆乳に含まれる成分である「イソフラボン」「亜鉛」が直接的に薄毛治療に実際に効果があります。これは、AGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の分泌を抑制することが主な理由です。

「豆乳」であれば、成分調整豆乳と成分無調整豆乳を問わずして、イソフラボンや亜鉛が豊富に含まれています。一方で、「豆乳飲料」である糖質を加えることなどにより、味を調整しているものでは、イソフラボンなどの有効成分が少なく、糖質が非常に多いため気を付けましょう。

豆乳をきちんと選定したとしても、イソフラボンの摂取目安量はコップ2杯程度と意外と多くないです。過剰摂取となると、逆に抜け毛の促進となることがあるため、摂り過ぎには注意するといいです。

また、豆乳に黒ごまときな粉を混ぜた、黒ゴマきな粉豆乳では、「食物繊維」「セサミン」も同時に摂れるためにより育毛効果が得られます。

さらに、黒ゴマきな粉豆乳と育毛剤を使用し、体の内からも外からも頭皮に働きかけることで、ハゲを克服していきましょう。