57

あなたが抜け毛に悩んでいて肩こりがひどい場合は、身体の血液の流れが悪くなっている血行不順体質かもしれません。血行不順体質はハゲになりやすい3つの体質「炎症体質」「貧血体質」「血行不順体質」の中の1つです。

肩こりと抜け毛には、関連性があるとはあまり思えないかもしれません。ただ実際には、肩や首、腰のコリや痛みは、血行障害が原因となっていることがよくあります。そして、血行障害で血液の流れが悪くなることで頭皮の血行も悪くなると、抜け毛になったり白髪になったりするのです。

血液は、私たちの身体のすみずみまで酸素や栄養素を運んでくれますが、その血液の流れが悪くなると酸素や栄養素が、身体の各細胞まで十分に行き届かなくなります。すると、健康ばかりではなく髪の毛の成長にも悪い影響が出てきます。

特に、肩や首、腰のコリ悩んでいる現代人はとても多く、これらの症状は国民病であるといっても過言ではありません。同時に、髪の毛のトラブルに悩む人も増えています。最近では日本での成人男性の薄毛率は26%となり、4人に1人は薄毛で悩んでいるのです。

また、血行不順は体質だからといって放置していると、動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞などの命に関わる病気にもなりかねません。健康な体や丈夫な髪を維持するためにも、血行不順体質を改善していくことは大切です。

ここでは、血行不順が私たちの健康や髪の毛の成長にどのような悪い影響を与えるのかについて解説します。

血行不順体質と抜け毛のメカニズム

血行不順体質とは、血液の流れが悪くなって全身や頭皮に血液が十分に行きわたっていない状態のことです。漢方ではこれを瘀血(おけつ)といいます。

血液は、身体のすみずみまで栄養や酸素を届けています。血行が悪いということは、身体の細胞に必要な栄養や酸素などが不足しているということです。

頭皮には、髪の毛を生成する毛母細胞があります。血行不順体質の人は、この毛母細胞に育毛に大切な栄養が十分届いていません。毛母細胞に栄養が足りない状態になる理由は、全身の血行が悪くなると、私たちの身体は生きていくうえで重要な細胞に優先的に栄養を送る働きがあるためです。

要は、血行不良で血液の流れが悪くなると、人間の身体は生命維持に重要な細胞への栄養補給を優先して、生命に関わらない髪の毛への栄養補給を後回しにしてしまうということです。

その結果、髪の毛を生成するエネルギーが不足して、髪の毛が抜けやすくなったり、抜けた髪の毛の再生がされにくくなったりするのです。

血行不順体質の人に見られる特徴

血行不順体質になっている人たちには、身体的特徴体質的特徴があります。血の巡りが悪いことでさまざまな症状が出てきてしまいます。

血行不順体質の身体的特徴とは

それでは、血行不順体質(瘀血)の人の身体的特徴を見ていきましょう。以下に瘀血の人の特徴を記します。

1. 症状:肩こり・腰痛・むくみ

2. 顔色:青色、黒っぽい

3. まぶた裏:赤黒い

4. 爪:赤黒い

5. 唇:赤黒い

6. 手のひら:やや黒っぽい

このように、瘀血の人は血の巡りが悪いために、全体的に顔色などが黒っぽい印象を他人に与えてしまいます。

血行不順体質の体質的特徴とは

次に血行不順体質(瘀血)の体質ですが、次のような特徴があります。

1. 身体が冷えやすい

2. 肩こり、首のコリがある

3. アザができやすく、治りにくい

4. むくみやすい

5. 便秘気味

6. 女性の場合、生理痛などがある

これらの体質も、すべて血行不良が原因となっています。

血行不順になる原因とは

血行が悪くなる原因はおもに次の5つです。

1. 栄養バランスの悪い食事:野菜不足やインスタント食品の過食、脂分の多い食事など

2. 運動不足:適度な運動をしないと血の巡りがよくならない

3. 喫煙:医学的にもタバコは血行を悪くすることがわかっている

4. 睡眠不足:睡眠不足で「副交感神経の働きが優位となって全身の血管が拡張する機能」が低下する

5. 過度のストレス:自律神経のバランスが崩れて血管の収縮機能が低下する

喫煙、睡眠不足、過度のストレスはガンの原因にも当てはまりますので、特に注意が必要です。

血行を良くする方法

血行を良くする方法は、日常生活の中で先述の血行不順の原因になる行動をとらないようにすることです。以下に効果的に血行を良くする具体的な方法を記します。

血行が良くなる食事を摂る

特に、食事には細心の注意を払うべきです。実は長年の間違った食生活で血行不順体質になってしまっている人は多くいます。また、髪の毛のトラブルに悩んでいる人は、自分の体質にどの食べ物が合うか合わないかを知っておくことは大切です。

血行不順体質には血行を悪くしたり、身体を冷やしたりする食品がよくありません。

食べ物の中で、髪にとって積極的に毎日食べた方が良い食品を宣髪食(せんばつしょく)といい、なるべく食べない方が良い食品を忌髪食(きはつしょく)といいます。宣髪食と忌髪食を毎日の食事メニューの参考にしていきましょう。

血行不順体質の宣髪食と忌髪食は以下の通りです。

・宣髪食:長ネギ・ショウガ・ゴボウ・にら・シイタケ・ナス・イカ・牡蠣・シソ・ほうじ茶

・忌髪食:豆腐・チーズ・玄米・冷たい食べ物・南国果物・柿・たばこ・コーヒー

血行不順体質を解消させるには、身体の発汗を促し血行を良くする食品を積極的に摂ることが重要です。そして、血行を悪くしたり身体を冷やしたりする食品は避けることが大切です。意外に思われるかもしれませんが、玄米は血行不順体質で冷え性の人には合わない食品ですので食べないようにしましょう

また、血行不順体質の人が豆腐や豆乳を取ると、身体がだるくなることがありますので避けましょう。コーヒーもあまり良くありませんので、1日2杯くらいに抑えるべきです。カフェインには、血行を促進して体を温める働きもありますが、過剰に摂取すると体を冷やす働きが作用します。

また、漢方薬を併用すると効果が高くなりますので、漢方医に相談することもいいでしょう。

適度な運動をする

適度な運動は血行をよくします。一番のおススメはウォーキングです。運動することになれていない場合は、無理をせず1日30分以上を歩くことから始めましょう。週2回から3回実践することで、血行と発汗が促進されます。

毎日の肩まわりのストレッチもおすすめです。ストレッチは血行を促す効果があるのと同時に、有酸素運動なので血行促進には最適です。ストレッチには、日本で生まれた、1日3分で行える「真向法」という効果的な方法があります。真向法については、当サイトの「体の全身ストレッチで血行を良くすると、抜け毛が減る」を参考にしてください。

また、ふくらはぎを揉むと全身の血行が良くなりますので、お風呂の後にマッサージすることもいいでしょう。

禁煙をする

タバコがなぜ血行不順の原因になるかは次の通り説明できます。ニコチンの主な作用は毛細血管の収縮作用です。毛細血管というのは体の隅々まで血液を送るための細い血管です。この細い毛細血管が収縮するということは、ただでさえ細い血管がさらに細くなってしまうことで、送られる血液も減ってしまうとことになってしまうのです。

このように、タバコによる血行不良は医学的にも明白です。抜け毛に悩んでいる人は、禁煙を心がけるべきです。

質の高い睡眠をとる

慢性的に睡眠不足の人は、毎日熟睡できる人と比べて健康状態が劣ることは明らかです。また、両者には血行状態にも違いが見られます。睡眠不足の状態だと血管が細くなり、血液の流れが悪くなります。しかし、十分な睡眠をとることができれば、副交感神経が優位になるので、血管が膨張して血液の流れが良くなります。

また、睡眠不足はストレスが関わるさまざまな病気の発症率を高めてしまうことがさまざまなデータでわかっています。日ごろから質の高い睡眠を心掛け、睡眠不足という健康にとって悪い影響を取り除いていくことが大切です。

過度のストレスを避ける

当然ながら強すぎる精神的ストレスは血行を悪くし、抜け毛を引き起こしやすくなりますので、健康にも育毛にとってもよくありません。また過度のストレスが自律神経のバランスを崩して、血管の収縮機能を低下させることがわかっています。

しかし、強いストレスを取り除くことは簡単ではないことも事実です。もし、ストレスがあってもそれだけではハゲになることはありません。自分の体質に合った食事や規則正しい生活習慣、そして正しい頭皮ケアを実践していけばいいのです。そう思うことで、必要以上に抜け毛に対して過度に神経質にならず、結果的にストレスによる抜け毛を抑えることになります。

血行不順体質は、放置すると命に関わる病気にもなりかねない体質です。新陳代謝を高める食事や運動、そして禁煙や十分な睡眠をとることなど生活習慣を改善するようにしながら、血行を改善させていくことが大切です。そして必要と感じたら漢方薬を併用して1日も早く血行不順体質を改善しましょう。

そして、正しい頭皮ケアや頭皮マッサージを実践することで、4ヶ月過ぎたころから発毛効果を感じることが期待できます。