14

薄毛対策に不可欠なこととして、体質改善があります。

私たちは長年の間違った生活食習慣によって内臓が弱ってしまったり、病んでしまったりすることがあります。その結果、「健康な髪の生成に必要な正常な血液」が作られなくなってしまっていることがあります。これは髪の毛も同様であり、間違った生活食習慣が原因で、髪が抜けやすい「炎症体質」「血行不順体質」「貧血体質」になってしまっている場合もよくあります。

特に20代や30代などに若くして髪にトラブルが発生した場合、まずしなければならないことは、間違った生活食習慣を改めて早めに健康で正常な体質に戻してあげることです。

同時に正しい頭皮ケアを実践することが大切ですが、ここでは体質改善がなぜ育毛に重要なのかについて解説していきます。

異常な抜け毛は病気の前兆

例えばある日突然、可愛がっているペットの猫の毛が大量に抜け出したとします。ペットはまだ2歳で、人間に換算すれば20代くらいです。

おそらく、多くの飼い主さんは「この抜け方は2歳の猫にしては異常だから、もしかしたら病気かもしれない」と思われるのではないでしょうか? そして、すぐに動物病院に連れていくはずです。

2歳の猫にとって、本来あるべき毛が多く抜け落ちる現象というのは異常です。前述の通り、2歳の猫は20代の人間に相当します。そのため、多くの抜け毛に悩まされている20代の人間というのは、本来であれば何らかの病気の兆候、もしくは前兆を疑うのが当然です。

ただ不思議と人間の場合は、ほとんどの方が「薄毛は病気の前兆」だとは考えません。「俺は若ハゲになってしまった!」と思い、各社の育毛剤をネットで入念に調べ、その中からよさそうなものを購入して、朝晩頭皮にすりこむといった行動パターンが多くみられるのではないでしょうか。

しかし実際のところ、そのように育毛剤だけに頼って抜け毛が減ることはありません。その根本となる体質を改善させなければいけないのです。

実は漢方では、人の髪の毛をつかさどる臓器は腎臓といわれています。腎臓の働きが弱まると、髪のトラブルが起きやすいといわれています。そして、猫に異常な抜け毛が見られるときの原因としても、同じように腎臓病が挙げられます。つまり、人間にとっても、猫にとっても腎臓が髪の毛を生成するときに重要な臓器であることがわかります。

人間の体質は変えられる

腎臓などの臓器が悪化すると薄毛になりやすいですが、これは特に生活習慣が深く関わっています。要は食生活が悪ければ、抜け毛が進行していくのです。

私自身も大学生時代、3年間の間違った生活食習慣で「炎症体質」の薄毛になりました。ハゲやすい体質として「炎症体質」「血行不順体質」「貧血体質」が知られていますが、その中で最も薄毛に関する「炎症体質」になってしまったのです。

今振り返ると、激しい部活の後、21時から翌朝9時まで12時間コンビニエンスストアでのバイトを週3回していました。このときは余ったコンビニ弁当を食べ、野菜や果物などをほとんど摂らない食生活です。しかもチョコレートやスイーツ、炭酸飲料をたくさん摂るなど、いま思っても本当にひどい食習慣でした。

そうしているうちに20代前半で後頭頂部がハゲだしていたのですが、大学の先輩に指摘されるまで自分では全く気づきませんでした。

このときはあまりのショックでしたが、漢方を主とした育毛法に出会いました。必死になってこの方法を23歳の時に実践し始めたところ、約3週間後から体調に変化がみられました。それ以来、30年以上にわたり実践し続けています。

漢方というのは、人間が本来持っている「病気を治す力(自然治癒力)」を高めることに重点をおいている治療法です。そこで漢方によって、薄毛体質を改善させるのです。

漢方を主にしたこの育毛法を実践することにより、あれだけひどかった「炎症体質」も約2年後には完全に克服できました。食生活の悪化によって臓器が弱っていたのですが、それを正すことによって健康問題がほとんどない、正常な体質に戻ったのです。

体質改善の結果、腎臓病に関わっている高めの血圧やむくみも解消されました。当時は20代であったにも関わらず、さまざまな不調が表れていたのです。

同時に、正しい頭皮ケアも毎日実践しました。その結果、髪の毛は今でも十分に生えそろっています。また、抜け毛の本数も正常範囲の1日70~80本に抑えられています。

育毛対策から健康を考える

ちなみに私が50歳を過ぎたとき大学時代の友人に会ったところ、当時薄毛だった私が現在はフサフサで、逆に大学生のときにフサフサだった友人が現在薄毛になっていました。こうした現実を見たとき、正しい生活食習慣と頭皮ケアを毎日実践し続けることがいかに重要であるかを再認識しました。

なお私自身は「炎症体質」を克服して体質が正常に戻ってから、体調がすこぶる良くなりました。薄毛には他にも「血行不順体質」「貧血体質」が存在しますが、これらについても体質を改善することによって、薄毛がなくなり体調もよくなります。

体質を直すことによって薄毛を克服すれば、いつも健康で上部でいれる体を手に入れることができます。「間違った生活食習慣を改め、早めに健康で正常な体質に戻してあげる」ことが、育毛にも体調改善にも大切なのです。