AGA(男性型脱毛症)に悩むあなたは、生活習慣の改善や育毛剤の使用などにより薄毛改善を試みるでしょう。

薄毛を改善する方法として代表的な方法に「頭皮マッサージ」があります。頭皮マッサージは適切な方法で行うことにより、血行が促進され、育毛効果が得られます。

育毛に興味があるあなたは頭皮マッサージを行う際は、手で行っていますか? それともブラシを用いてブラッシングしながら行っていますか?

実はブラッシングの仕方によっては逆にハゲる危険性もあります。

そのため、適切なブラッシング方法を学び、実践する必要があります。

ここでは「正しいブラッシングのやり方」「ブラッシングによる育毛効果をより高める方法」について詳しく解説しています。

育毛のためにブラッシングを行う理由

頭皮マッサージを行う際にあなたはブラシを使用していますか?

ブラシを使用しているあなたは「何となく育毛効果がありそうだから」という理由で行っている場合が多いのではないでしょうか?

ここで、ブラシによる頭皮マッサージであるブラッシングを行うことで育毛効果を上げる意味について以下で確認していきます。

①血行を促進する

ブラッシングを行う理由の一つに「血行を促進させること」が挙げられます。手で行う頭皮マッサージと同様の効果であるといえます。

頭皮の発毛・育毛に必要な栄養素は血流にのって運ばれます。そのため、ブラッシングによって頭皮の血行が良くなると、頭皮に必要な栄養素もきちんと届けられるようになります。

結果として、薄毛改善につながるため、適切なブラッシングを行っていきましょう。

②髪のホコリや汚れ、抜け毛を除去する

ブラッシングを行うことで、髪に付着したホコリや汚れ、抜け毛を取り除くことができます。これは、頭皮マッサージでは行えないことです。

髪の汚れが付着していると、汚れの中で雑菌が繁殖し、頭皮環境を悪化させるケースがあります。

頭皮環境の悪化は結果としてハゲを進行させます。

ブラシを髪にかけることで、髪のパサつきの緩和や汚れを除去し、薄毛の進行を止めましょう。

③髪に潤いを与えパサつき、きしみを改善する

髪のパサつきやきしみがあると、ふと髪を触った際などに髪の毛に引っかかり抜け毛が増えるリスクがあります。

ブラッシングをすることで、頭皮の皮脂が髪に行き届き、潤いを与えます。

つまり、髪にブラシを入れることはパサつきやきしみが改善されるために、抜け毛予防となります。

逆にハゲるブラッシングの間違ったやり方と対策

髪や頭皮に適切にブラシを入れることは育毛効果がありますが、ブラッシングのやり方を間違えますと逆にハゲを進行させます。

薄毛を進行させてしまうブラッシングのやり方を以下で確認していきます。

①頭皮に強く押し当ててしまう場合

手で頭皮マッサージを行う時にも同様に言えることですが、頭皮に強い負担をかけるブラッシングは頭皮を痛めます。

髪の毛は頭皮から生えており、この根本の土台である頭皮にダメージが与えられると、結果として抜け毛も増えます。

頭皮にブラシを強くあてることは力が過剰にかかった状態です。

ブラッシングを行う際は頭皮に触れ、ブラシや手の重みがかかる程度の弱い力をかけるだけでも血行促進効果があります。

②キューティクルの流れの逆にブラシを入れる場合

髪の毛のキューティクルはうろこのように、髪が重なって構成されています(下図参照)。

※※キューティクルの図入れる※※

そのため、髪の毛を下から上にあげるような形でブラッシングを行うと髪の毛を痛めて、パサつきやきしみの原因となります。

結果として、抜けやすい髪質になり、薄毛を進行させます。

そのため、ブラッシングを行う際はキューティクルの流れに沿った方向にブラシを入れましょう。

③速くブラシを動かし髪をとかす場合

時間がないときにブラッシングをすると陥りやすい現象として、速くブラシを動かし過ぎることが挙げられます。

髪の毛のパサつきやきしみが十分取り除かれていない状態で、速くブラシを動かすと髪がひっかかり抜け毛になります。

そのため、速くブラシを入れることは避けてください。

ブラッシングをしない方が良いタイミングや行う頻度は?

頭皮に「かゆみ」「赤み」「発疹」など炎症を起こし、頭皮環境が悪化している場合には、ブラッシングはしないようにしましょう。より頭皮環境の悪化につながります。

ブラッシングのし過ぎにも注意しましょう。できるだけ早く薄毛を改善したいという重いから、極端にブラッシングの回数を増やす人がいます。

ブラッシングのし過ぎも逆にハゲてしまいます。静養する時間も頭皮には大事であることを覚えておきましょう。

ブラッシングを行う頻度の目安としては、朝と夜の2回程度行っていれば十分です。

育毛ブラシの選定方法

育毛のために使用するブラシのことを育毛ブラシと呼びます。

それでは、ブラシの選定によって育毛効果は変わるのでしょうか?

育毛ブラシ選定のポイントとして、「毛先が硬すぎないこと」「毛が細かすぎないこと」が挙げられます。そのため、金属製のブラシでは毛先が硬すぎるために使用を控えた方がいいです。

また、毛が細かすぎるブラシでも髪の毛に引っかかりやすくなり、抜け毛を増やしてしまいます。

巷では猪毛(ちょもう)ブラシや豚毛ブラシといった高級なブラシには育毛効果があると紹介しているものもありますが、樹脂製であっても毛先が硬すぎず、細かすぎなければ問題ないです。

私は樹脂製のホテルで置いてあるようなブラシを育毛ブラシとして使用しています。以下のようなものです。

※※写真※※

育毛ブラシの選定以上に、ブラッシングの仕方の方がより重要です。

ブラッシングだけでなく育毛剤も使用した方がいい

ブラッシングを行うことで、先に述べたような育毛効果が期待できます。生活習慣の改善も同時に行うことで、軽度のハゲや頭頂部のように治療が容易な場所の薄毛改善はある程度期待できます。

ただ、前頭部付近や中程度以上にハゲている場合には、ブラッシングだけでなく、育毛剤も使用した方がいいです。

育毛剤は基本的に有効成分が天然由来成分です。そのため、副作用がほとんどがなく、高い薄毛治療効果があります。

前頭部付近のU字ハゲやM字ハゲで悩んでいる方や中程度以上に薄毛が進行している場合は、ブラッシングを適切に行いつつも育毛剤を使用しましょう。

より薄毛改善効果が上がることは間違いないです。

まとめ

「正しいブラッシングのやり方」「ブラッシングによる育毛効果をより高める方法」について解説しました。

正しいブラッシングを行うことで「血行を促進する」「髪のホコリや汚れ、抜け毛を除去する」「髪に潤いを与えパサつき、きしみを改善する」という育毛効果が得られます。

ただ、間違ったブラッシングを行うことで逆に頭皮にダメージを与え、薄毛が進行してしまう場合があります。

間違ったブラッシングとは、「頭皮に強く押し当ててしまう」「キューティクルの流れの逆にブラシを入れる」「速くブラシを動かす」場合のことを指します。

これらを行わない正しいブラッシングにより、育毛効果を上げましょう。

ブラッシング時のブラシの選定としては、「毛先が硬すぎないこと」「毛が細かすぎないこと」が条件です。これを満たしていれば、猪毛ブラシや豚毛ブラシといった高級品でなく、安いブラシでも問題ないです。

育毛ブラシの選定以上にブラッシング方法を気を付けましょう。

正しいブラッシングを行うことで育毛効果が期待できますが、育毛剤を使用することで育毛効果がさらに高まります。

特に前頭部付近のU字ハゲやM字ハゲで悩んでいる方や中程度以上に薄毛が進行している場合などの薄毛治療が難しい場合は、育毛剤を使用するべきです。

ブラッシングを適切に行いつつも育毛剤を使用することで、薄毛を克服していきましょう。