16

男性であっても女性であっても、抜け毛が目立ってくると真っ先に育毛剤の購入を考えます。それは、薄毛を何とかしようとして最も思いつきやすい方法が育毛剤の使用だからです。

育毛剤には、いくつかの種類があります。医学部外品など、それぞれ効果が認められた育毛剤が販売されています。しかし、たとえ育毛効果が認められていたとしても、育毛剤は正しい使い方をしないと効果が得られないことがあります。せっかく高価な育毛剤を購入しても、育毛効果が感じられないのでは意味がありません。

ここでは、育毛剤の種類と効果的使用法について説明します。

育毛剤の種類と成分

育毛剤には含まれる成分としては、目的ごとに分けると大きく3種類あります。以下に、育毛剤の種類と成分を記します。

1 頭皮の血行を良くする

育毛剤には、髪の毛が生えるのに必要な栄養を頭皮に与えるために血行を良くする成分が含まれています。この成分の効果は、毛細血管の拡張、血流改善です。

成分:センブリエキス・トコフェロール(ビタミンE)・塩化カルプロニウム

2 栄養補給

毛の成長を促すためには、頭皮の毛細血管への栄養補給が不可欠です。髪の毛は体で作られる組織の一部であるため、十分な栄養が必要なのです。例えばビタミン類が極端に不足すると抜け毛になりやすいので、栄養不足は薄毛の原因になります。

そこで育毛剤には、栄養補給を目的として成分が含まれていることがあります。

成分:ビタミンA、ビタミンB類、ミネラル、オウゴンエキス、オトギリソウエキス

3 男性ホルモン制御

薄毛には男性ホルモンが関わっていることは深く知られています。こうした男性ホルモンの名でも、特に「ジヒドロテストステロン(DHT)」という物質がハゲに関与しています。

男性ホルモンの一種であるテストステロンは細胞内の酵素によって、ジヒドロテストステロン(DHT)へと変換されることが分かっています。これが原因となって薄毛になるため、テストステロンからジヒドロテストステロンへの転換を制御する成分が育毛剤に加えられていることがあります。

成分:スピロノラクトン、ホップエキス、フィナステリド、エストラジオール

育毛剤には、ここに述べた含まれた成分が配合されています。重要なのは、以上3点が配合された育毛剤を選ぶことにあります。

育毛剤が効きやすい頭皮環境をつくる

では、具体的な育毛剤の使用法を説明します。

当然ですが、育毛剤がその効果を発揮するためには、育毛剤の成分が頭皮の中にしっかりと吸収されなければなりません。そのためには、まず毛穴の汚れをシャンプーでしっかり落とす必要があります。

しかし、石油系の安価なシャンプーは薄毛にはよくありません。必要な皮脂まで落としてしまうので頭皮のトラブルにつながる可能性があるからです。薄毛には、頭皮にやさしい自然派シャンプーがおすすめです。同じく肌に優しい弱酸性のシャンプーとして、ベビーシャンプーもあります。

シャンプーはしっかりと、頭皮マッサージを毛穴の汚れをしながら洗います。頭皮マッサージは、指の腹を使って頭皮を圧しながら前後左右に動かします。このとき、決して爪は立てないでください。爪を立てると気持ちいいと感じるかもしれませんが、頭皮を傷つけてしまうことがあります。

シャンプーの本来の意味は「圧す」「押す」であって、「髪を洗う」ではありません。マッサージは最初は疲れますが、毎日行うと血行が良くなり頭皮のコリがとれ、育毛に大変効果があります。ただ、やりすぎもいけませんので、5分くらいにしてください。

そして、シャンプーの成分が髪に残らないようにしっかりとすすぎます。もし、シャンプーの成分が残ってしまうと、かゆみやフケなどの原因になります。しっかりとすすいだら、一度タオルで拭いて水分をしっかりと取ってください。

このように、まず育毛剤が効きやすい頭皮環境をつくります。

蒸しタオルを使う

水気を取ったのち育毛剤を頭皮に塗布したら、蒸しタオルを頭部に巻きそのまま約10分間蒸してください。このように頭部をタオルで蒸すことで、育毛剤がしっかりと頭皮に浸み込んでいくのです。蒸すことで育毛剤の効果が格段に上がりますが、実はこの方法はほとんど知られていません。

蒸しタオルは5分くらい経つと冷めてしまい効果がなくなりますので、5分ほど経過した後はタオルを熱いお湯につけ、しっかりと絞って再度頭に巻きます。前述の通りこの蒸しタオル巻きを合計で約10分間行います。

湯船につかり半身浴をしながら行うと、身体も温まります。リラックスしながらお湯につかり、育毛剤の効果も伸ばすことができるため一石二鳥です。

このように蒸しタオルを使うことで、汚れが落ちた毛穴から育毛剤の成分がしっかりと頭皮深くへと浸みわたることにより、育毛剤の効果が十分に発揮されます。

多くの人が育毛剤の効果を感じられない理由は、「汚れがしっかりと落ちていない頭皮に育毛剤をふりかけるだけ」の場合が多いからです。

「適切なシャンプーを活用して頭皮マッサージによって毛穴の汚れを取り去り、育毛剤を塗布した後に頭を蒸す」という方法を、毎日行うのとそうでないのでは、抜け毛の本数が違ってくるはずです。私自身は、この方法を20代前半から30年以上実践していますが、発毛効果をはっきりと実感しています。

以上のように、育毛剤の効果的な使用法は、まず頭皮の毛穴を正しい方法でキレイにすることから始まります。その後に育毛剤を塗布した後にタオルで蒸して、育毛成分を頭皮奥まで浸み込ませるようにしましょう。