74

頭皮の血行促進を促すために、冷水シャワーを用いるという方法があります。冷水シャワーを、頭皮にあてることで血行が良くなります。血管は、収縮したり拡張したりすることで、血流が良くなったり悪くなったりします。

血管のこの特性を上手に活用して、温水や冷水を交互に身体にあてることで、体温や皮膚の温度を上げることができます。この方法用いて頭皮の血行を良くすると、頭皮全体の新陳代謝が活発になり、抜け毛予防や育毛促進効果が得られるのです。

また、冷水シャワーを行うことで、免疫力強化や脂肪燃焼効果も期待できます。冷水シャワーを毎日行うことで、風邪を引きにくくなったり、ダイエット効果が得られたりするのです。その他にも冷水シャワーには、男性の生殖機能強化やうつ病改善、炎症を抑える効果もあることがわかっています。

このように、私たちの髪の毛の成長や健康維持にとって、素晴らしい効果がある冷水シャワーを実践しない手はありません。ここでは、冷水シャワーの効果的実践法とその注意点について解説していきます。

冷水シャワーが身体にもたらす働きとは

あなたも冬の寒い日に、冷たい水で手を洗ったり、靴の中に水が入って足先を濡らしたりしたことはありませんか? 雪国育ちの私は、学生時の真冬に長靴から雪が入って、足先を濡らしてしまったことがよくありました。

雪が積もって外気が氷点下になった時に、足先を濡らしたときの辛さは経験した人でなければ分かりません。特に足先が濡れててしまうと、そのあまりの冷たさから指先の感覚がすぐに無くなってしまいます。この状態は、大変辛いものがあります。

しかし、この状態が30分も続くと、やがて足先に不思議な感覚を感じるようになります。あの冷え切って感覚がほとんどなかった指先に、温かさを感じるようになるのです。すると今度は、足先の感覚がハッキリと感じられるようになり、その状態がしばらく続くようになります。

相変わらず靴の中は濡れていていて、靴中の温度は氷点下に近い状態であっても、不思議なくらい足先の暖かさが心地よく感じられるのです。

この時、指先で起こっていた現象は、冷たい水で冷やされた足先が、毛細血管が拡がることで血行がよくなって暖かく感じるような状態だったと思われます。

私たちの身体には、温まりすぎたら冷まし、冷えすぎたら温めようとする働きがあります。この働きを「ホメオスタシス(恒常性)といいます。このホメオスタシスの働きが、例えば真冬に足先が冷たくなっても、その冷たくなった足先を温めて、足先の温度を常に一定に保ってくれるのです。

冷え切った足先の温度を元に戻そうとする時に、足先の毛細血管が拡がって血流を増加させて、皮膚の温度を上げています。指先が冷たくなったことで、血行が良くなったのです。

この現象を、頭皮に用いて頭皮の血行を良くする方法が、冷水シャワーです。

冷水シャワーの医学的効果

冷水シャワーの健康効果は、医学的にも認められています。

患者に薬を用いない治療を行うため、水治療院を創設したヴィンセント・プリースニッツによれば、「定期的に冷水シャワーを浴びることで、体内のすべての機能が強化され、細菌やウィルスに対する免疫力が高まる」と述べられています。このことは、現代医学によって証明されつつあります。

また、オーストラリアのスポーツ科学博士によれば、「冷水シャワー療法には、体の末端から奥深くを流れる血液の流れを変えることで、炎症や腫れを抑え、静脈還流を向上させる効果がある」とされています。

そして、バージニア・コモンウェルス大学医学部の研究調査によると、「冷水シャワーを短時間浴びると、脳幹の中の青斑核というノルアドレナリンを作る部分が刺激されて、うつ病を改善する効果がある」とされています。

このように、冷水シャワーを実践することは、身体にとってさまざまな健康効果をもたらしてくれるのです。

また、冷水シャワーと同じような効果が得られる方法として「サウナ」があります。フィンランドやロシアでは、サウナで十分に温まってから雪の積もった極寒の屋外に飛び出して、雪に身を投げて温まった身体を冷やす、という習慣が古くからあります。この方法も、効果という面においては冷水シャワーと同じだといえます。

医学的効果ではありませんが、冷水シャワーには脂肪燃焼効果があることも認められています。このとは、ダイエットの分野ではよく知られた事実です。

その理由は、次の通りです。まず、冷水シャワーによって新陳代謝が上がるので、脂肪燃焼能力が上がります。同時に、脂肪燃焼の働きがある褐色脂肪細胞が刺激されて、消費カロリーも高まります。これらの効果により、ダイエット効果が得られるのです。

育毛冷水シャワーのやり方

冷水シャワーで頭皮を冷やすことは、薄毛サロンで使われている方法です。実際に効果が認められているから、行われているわけです。

ただ、育毛サロンと自宅では大きな違いがあります。それは、育毛サロンでは洗髪台で行いますが、自宅ではお風呂に入りながら行えるということです。

せっかく冷水シャワーを行うのであれば、身体にとっては健康効果、頭皮にとっては育毛効果が2つ同時に見込める方法を実践したほうが良いといえます。

そこで、私がおススメする方法は、次の通りです。

1. まず、お湯で頭皮を軽く洗う

2. タオルで水気を切ったら、ホホバオイルを使って頭皮マッサージを行う

3. そのまま10分ほど蒸しタオルで頭皮を蒸して、毛穴の汚れを浮きだたせる

4. この時、半身浴を行い身体を温める

5. 10分経ったら、ホホバオイルをお湯で一度流す

6. 冷水シャワー(18~20度位)を身体をにあてて、軽く身体を冷やす

7. シャンプーをしながら、5分ほど頭皮マッサージを行う

8. その後シャンプーをお湯でしっかりと流す

9. タオルで水気を切ったら、開いた毛穴に育毛剤を塗布してマッサージを行う

10. マッサージが終わったら、再び蒸しタオルで10分ほど頭皮を蒸らして、育毛剤をしっかりと毛穴に浸透させる

11.この時も、半身浴を行い再び身体を温める

12. 十分に身体が温まったら、最後に身体と頭皮を冷水シャワー(18度)で流す

この方法で、身体も頭皮も血行が良くなりポカポカ状態が長く続きます。これにより、冷水シャワーの医学的効果と育毛効果の両方が同時に得られるのです

この時、最後に冷水で髪の毛をすすぐことで、洗髪時に開いてしまった髪の毛のキューティクルを引き締めることができ、傷みにくくツヤのある髪の毛を維持できます。実際にこの方法は、プロの美容研究家が行っているヘアケア法です。

冷水シャワーの注意点

ただし、冷水シャワーを行う時はいくつかの注意点があります。やり方を間違うと、心臓に大きな負担がかかるので十分な注意が必要です。

冷水シャワーをあてるときは、手足から徐々にあてていき、最後に身体全体にあてます。こうすることで、心臓への負担が軽減されます。時間も1~2分で十分です。

また、もしあなたが以下の項目に該当する場合は、冷水シャワーは行わないほうがいいでしょう。

1. 心臓機能が弱い人、または高血圧の人

2. 風邪、疲労などで体調がすぐれない人

3. 高齢者、妊婦

このような方が、無理に冷水シャワーを行うと、倒れてしまうこともあります。お風呂場で亡くなる日本人は、年間約14,000人にもなりますので十分に気をつけて下さい。

健康効果と育毛効果が得られる冷水シャワーを上手に活用して、健康な身体と頭皮を維持していきましょう。