20

頭皮には、抜け毛に関係する大切なツボがいくつもあります。全身を回っているエネルギーの流れのことを経絡といいますが、その経絡上に点在するのがツボです。人は身体が不調になるとエネルギーの流れが悪くなります。そこで、身体の不調と関係のあるツボを刺激することによりエネルギーの流れを良くすれば、体調を整える効果が得られます。

ツボには育毛に効果のあるものもありますが、多くは頭皮上にあります。例えば、頭のてっぺんにある百会(びゃくえ)の両脇にある通天(つうてん)は薄毛に効果的です。また、耳の上側の生え際辺りにある角孫(かくそん)というツボも抜け毛に効果があります。通天や角孫をしっかりと刺激することが抜け毛を防ぐことになります。

また、頭皮を刺激することは、さまざまな内臓に関連のあるツボに良い刺激を与えることにもなりますので、正しい方法で毎日行うことが大切です。

ここでは育毛効果のあるツボへの刺激の与え方を説明していきます。

育毛に効く頭皮のツボ

前述の通り、百会や通天、角孫を刺激することは抜け毛予防になりますが、頭皮には他にも育毛に効くツボがたくさんあります。

img_catch

出典 https://www.w-ikumou.com/

脱毛予防:目窓・曲差・承光・前頂・通天・百会

頭部の緊張をほぐす:風府・角孫

頭部の血行促進:風池

リラックス:神庭・天柱・百会

このように頭皮上には育毛に効くツボがたくさんありますので、正しい方法で毎日刺激してあげることが大切です。その他にも、以下のイラストの通り頭には不眠や肩こりにも効果のあるツボもあります。

imgdet_3183_73257_imgdet_org出典:https://haft.jp/

不眠:神庭

肩こり:後頂

疲労回復:風池

不眠症:亜門

このように頭皮のツボを刺激することが、私たちの育毛や健康維持に大切であることがお分かり頂けたかと思います。

それでは、どのようなやり方をすれば効果的に頭皮ツボのマッサージを行えるのかについて説明していきましょう。

頭皮の刺激に効くおススメのブラシ

頭皮ツボのマッサージはブラシを使って行います。なぜブラシを使うかというと、頭皮全体をまんべんなく効率よく刺激することができるからです。

ブラシは、天然猪毛(ちょもう)100%のブラシを選びます。ナイロン製やプラスチック製ブラシは、頭皮を傷つけたり静電気が発生したりするので適しません。

一方で猪毛のブラシであれば天然素材100%を使用したブラシであるため、動物の脂肪が自然に髪につくことで静電気が発生しません。さらに頭皮の新陳代謝を良くする効果に優れています。天然猪毛100%のブラシは、自然派商品専門店やインターネット通販で購入することができます。

ブラシの形状は写真のように、毛がある程度密集していて毛先が白くなっているものを選びましょう。この形状のものを使う理由は以下の通りです。

1 ブラシを頭皮に当てたとき、毛先を頭皮に当てやすいため刺激する際の効率がよくなる

2 静電気がおきにくく、髪の毛につやが出る

3 自然素材のため頭皮にやさしい

47

頭皮ツボのマッサージのやり方

頭皮のツボのマッサージ法は2つあります。1つ目に、「圧しながらマッサージする」という方法です。「圧しながらマッサージする」では、直角にブラシで頭皮を圧します。軽く圧しながら、痛いところやブヨブヨして柔らかくなっているところを探してください。そのような箇所が見つかったら、重点的に圧すようにします。

この方法によって、前述の育毛に効果のあるツボをマッサージします。特に頭のてっぺんにある百会やその両脇にある通天、両耳上部にある角孫をしっかりとほぐしてください

2つ目に「圧しながら揺り動かす」という方法があります。ブラシを手のひらでしっかり持ち、圧しながら前後左右に揺り動かします。少しずつ移動しながら、頭皮全体をマッサージします。

実際に行う手順としては、最初に「圧しながらマッサージする方法」によってツボを刺激することで、育毛に効果のあるツボをマッサージします。次に「圧しながら揺り動かす方法」によって、頭皮全体をマッサージします。

マッサージをする時の注意点

以上に記した2つのやり方を、それぞれ毎日3分ほど行います。このときの注意すべき点は、ブラシで頭皮をこすったり強く圧しすぎたりして頭皮を傷つけないことです。頭皮はデリケートな部分ですので慎重に行ってください。

また、10日に1日は休むようにしましょう。刺激が単調化することで、効果が下がってしまうことを防ぐためです。

マッサージの効果

最初は、異常のある箇所をマッサージすると痛みます。しかし、毎日少しずつ実践すると、徐々に痛みもとれてマッサージが気持ちよく感じられるようになってきます。1ヶ月もすれば、マッサージが痛くなく、むしろ気持ちよくなるはずです。

そのころには頭皮のコリやブヨブヨしたところもなくなり、頭皮は健康な状態に近づいているはずです。

また、頭皮には内臓と深い関係があるツボもあります。このマッサージを毎日行うと、内臓に関わるツボを圧すことになり、弱った内臓を回復させる効果も得られることになります。

例えば胃腸が弱っているときは、目の真上にある髪の生え際に異常が感じられます。また、コメカミ付近に痛みがあれば、生殖器の病気の兆候と思われます。薄毛は内臓の不調とも密接に関わっていますので、頭皮マッサージは体調改善にも役立ちます。

特に百会は、全身のさまざまな病に対して有効な万能ツボですので、しっかりとマッサージしましょう。百会は自律神経と直結しており、自律神経の働きを整えます。自律神経とは、全身の内臓や血管の機能をコントロールしている神経のことです。百会をマッサージすることが、自立神経の働きを良くすることによって体調改善に役立ちます。

頭皮マッサージは、頭皮環境を改善させることによる育毛効果だけでなく、弱った内臓を回復させる効果も同時に得られる方法だといえます。薄毛を改善するうえで、頭皮マッサージは一石二鳥の方法ですので、日々の生活に取りいれていきましょう。