91

あなたが将来、AGA(男性型脱毛症)を発症しやすいかどうかを調べる方法があります。その方法とは、AGA遺伝子検査といわれるものです。

この検査法は、毛乳頭に存在する男性ホルモン受容体「アンドロゲンレセプター」が働きやすいかどうかを調べる検査法です。アンドロゲンレセプターが働きやすい体質の人ほど、AGAを発症しやすいといわれています。

AGAは、脱毛を引き起す物質といわれている「ジヒドロテストステロン」がアンドロゲンレセプターに作用して発症します。ジヒドロテストステロンとアンドロゲンレセプターがお互いに作用した結果、髪の成長が止まり脱毛が引き起こされてしまうのです。

このような現象が起きやすい体質は、「ハゲやすい体質」といえます。しかし、アンドロゲンレセプターの感受性が高くハゲやすい体質であるからといって、必ずしもハゲるわけでもありません。中には、アンドロゲンレセプターが働きやすい体質であっても、ハゲない人もいるのです。

ここでは、AGAの発症と強く関わっているとされているアンドロゲンレセプターが、どのような仕組みでAGA を引き起こしたり、または引き起こさなかったりするのかについて、詳しく説明していきます。

アンドロゲンレセプターの働きとは

AGA(男性型脱毛症)のメカニズムは、次の通りです。

男性ホルモンの「テストステロン」に、酵素の一種である「5α-リダクターゼ」が作用することにより生成される物質が、脱毛男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」です。このジヒドロテストステロンと、毛乳頭に存在する男性ホルモン受容体「アンドロゲンレセプター」が反応しあうことで、AGAは発症します。

将来、自分がAGAを発症するかしないかは、「アンドロゲンレセプターの感受性が大きく関わっている」といわれています。

つまり、アンドロゲンレセプターの感受性が強い人は、脱毛男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の影響を受けてしまいAGAを発症しやすくなります。一方で、アンドロゲンレセプターの感受性が弱い人は、ジヒドロテストステロンの影響を受けにくく、AGAも発症しにくいといえます。

このように、AGAは、アンドロゲンレセプターの働きが強いか弱いかで発症率が違ってくるのです

ということは、男性の場合はアンドロゲンレセプターの働きが強いか弱いかを調べることができれば、将来自分がAGAによってハゲてしまうのかどうかを知ることができるということになります。

このアンドロゲンレセプターの働きが強いか弱いかは、遺伝子によって決めらていて、それぞれに個人差があります。男性は、父親からのY染色体と母親からのX染色体を、一つずつ受け取りXYとなって生まれてきますが、アンドロゲンレセプターの働きを決めるのは、母親から受け継ぐX染色体です。

そのために、アンドロゲンレセプターの働きによって起こるAGAは、母方からの遺伝が大きく影響しているといわれているのです。

アンドロゲンレセプターの働きは人によって違う

アンドロゲンレセプターの働きの違いは、遺伝子配列の違いからくるものです。では、その遺伝子配列とはどのようなものでしょうか。

遺伝子を構成する要素に、塩基というものがあります。塩基には、4種類あります。この4つの塩基の中で、3つの塩基の配列を確認します。この3つの塩基が、どのように並んでいるか(遺伝子配列)によって、アンドロゲンレセプターの働きが変わってくるのです。

この遺伝子配列を数値化することで、アンドロゲンレセプターの働き度合いが分かり、AGA発症率が高くなるか低くなるかも見えてくるのです。数値化した数字が、標準値38と比較して、38以上であればAGA発症率は低くなり、38以下であればAGA発症率は高くなります。

また、この遺伝子検査によって分かることが他にもあります。それは、AGA 治療薬である「フィナステリド(プロペシア)」が自分にとって効果があるのか、ないのかを知ることがでることです。数値化した数字の値が低い場合には、自分にはフィナステリドの効果が見込めて、高い場合には効果が見込めないということが、AGA遺伝子検査によって確認できるのです。

AGA遺伝子検査は、何処で受けることができて費用はどのくらいかかるのか

AGA遺伝子検査を受けるには、2つの方法があります。それらの方法は、以下の通りです。

1. AGA治療院で受ける

メリット:専門医からの説明を受けられるので、安心して治療することができる

デメリット:検査費用が高い(2万円~3万円)、検査結果に時間がかかる(1ヶ月以上)

方法:血液採取、または口内粘膜から採取

2. AGA遺伝子検査キッドを購入して、自宅で行う

メリット:検査キッドが安い(1万3千円前後)、自宅で簡単にできる、検査結果が早い(2~3週間)

デメリット:AGA発症体質の結果が出た場合、専門医のアドバイスをすぐには直接受けられない

方法:口内粘膜から採取

2つの方法に共通することとしては、検査は一回のみでいいということです。遺伝子の情報は、一生変わることはないので、どちらかの検査を一回受ければ十分です。

ただ、現在AGAによる薄毛が進んでいるのではないかと感じる場合は、ハゲを進行させないためにも早めの対策が必要ですので、なるべく早く検査を行ったほうがいいとされています。

AGA遺伝子検査の結果によって本当にハゲるのか

ただ、AGA遺伝子検査の結果には、疑問が残る部分もあります。実は、AGA遺伝子検査の結果がAGA体質であっても、実際にはハゲない人は多くいます。その逆に、検査結果はAGA体質でなくても、実際にはハゲている人もいます。

先ほど、AGA遺伝子検査を行うことで遺伝子配列が分かり、その結果、AGA 体質であるかどうかを判別することができると説明しました。しかしあるAGA専門医は、「このようなAGA遺伝子検査はあまり意味がない」と明言しています。

その専門医の意見としては、AGA遺伝子検査から分かる遺伝子配列とAGAリスクには、関連性がないとしているのです。その理由は、「両者の関連性を示す明確な証拠や確証が十分には存在しない」からと説明しています。

1998年に報告された、48名の男性と60名の女性を対象にした比較的小規模な試験では、遺伝子配列とAGAリスクに関連性が見られました。しかし、2012年に報告された実験結果では、AGA患者2074名と、AGA患者ではない人1115名を比べた結果、遺伝子配列とAGAリスクには関連性は認められませんでした。

以上のことから、この専門医は「AGA遺伝子検査はあまり意味を持たない」と結論づけたわけです。

ただ、検査の意味があるとすれば、フィナステリド(プロペシア)がAGA患者に効くかどうかを判断するために参考にはなるかもしれないとしています。しかし、実際にはフィナステリド検査においても、結果と有効性にはバラツキが見られることから、やはり信ぴょう性は高いとはいえないとしています。

ハゲと遺伝には本当に関連性はないのか

確かに、AGA遺伝子検査の結果と現実には隔たりがあります。AGA体質を遺伝的に受け継いでも、必ずハゲるわけではありません。また反対に、AGA体質を遺伝的に受け継いでいなくても、ハゲてしまっている場合も多くあります。

AGA体質とハゲには100%の関連性はないというのが、専門家の一般的な見解です。AGAそのものが遺伝するのではなく、あくまで「AGAになりやすい体質」が遺伝することであって、たとえ遺伝したとしても必ずハゲるということではありません

しかし現実を見ると、父親と息子が共に同じようなハゲ方をしている場合もよく見られます。このような現実を目の当たりにすると、「やはりハゲと遺伝には関連性があるのではないか」と感じる人が多のではないかと思われます。

ハゲの遺伝子は母親から受け継ぐX染色体が関係しており、遺伝の約25%の影響を受けるといわれています。特に母方の祖父がハゲている場合は、自分もハゲる確率が高くなるといわれています。しかし、このようにハゲは母親からの遺伝によるところが大きいとなると、先ほどの父親と息子が同じようなハゲ方をしている場合は、どのように説明がつくのでしょうか。

また、親子が同じようなハゲ方をしている場合でも、兄弟も同じようにハゲているかというと必ずしもそうではありません。また、親戚関係で母方の同じ祖父をもつ従兄同士を見ても、ハゲにはバラツキがあります。

このような現実を見ていくと、ハゲの原因は約25%といわれている遺伝の影響よりも、実際にはその他約75%の遺伝以外の影響を受けていると考えられています。

この事実を証明することとして、日本人の成人男性のハゲ率の上昇が挙げられます。戦前と比べると日本人成人男性のハゲ率は徐々に高くなっており、ある調査によれば、近年では約26%の成人が髪の毛のトラブルに悩まされているとの結果が出ています。

欧米人の成人男性は、約40%以上が薄毛といわれていますが、その主な原因は食事です。脂肪分が多く高カロリー・高コレステロールの食事が原因で、欧米ではハゲが多いとされています。このような食事は、血液がドロドロになりやすく血行も悪くなるために、頭皮にも栄養が届きにくくなってしまいます。

この欧米の薄毛率40%以上という数字は、遺伝による影響25%を大きく超えています。つまりは、遺伝以外の影響が作用しているということになります。

そして、近年の日本人男性のハゲ率の上昇も、欧米型の食事が増えたことに原因があるとされているのです。また、生活習慣の乱れやストレス、喫煙、間違った頭皮ケアなども、薄毛率が高まった要因とされています。

このような事実を見ていくと、先ほどのAGA遺伝子検査の結果と現実にバラツキがあるという事実は、AGA遺伝子の影響よりも、今挙げた食生活や生活習慣、ストレス、喫煙などの影響が大きく反映されたものであると考えられるのです。

私自身も、食生活と生活習慣、頭皮ケアを正すことでハゲが治った

私自身も、23歳の時に間違った食生活や生活習慣が影響して、頭頂部後部がハゲてしまいました。もともと、ハゲ家系だとは思っていなかった私が23歳にしてハゲたことで、あまりのショックから精神的にも大きなダメージを負いました。そのダメージは、相当なものでした。

そのような状態から何とかして抜け出そうとしていろいろ調べました。その結果、漢方をもとにした治療方法にたどり着いたのです。この治療法をを毎日実践することで、約2年後にはハゲを治すことができました。以来、食事と生活習慣、頭皮ケアには十分注意しながら生活してきた結果、現在52歳でも髪はフサフサで健康状態も全く問題ありません。

私の祖父は、母方も父方も髪は薄いほうだったと思います。それでも、親戚にハゲは少なかったことから、私はハゲ家系の人間ではないと信じていたのです。

冷静に過去を振り返ってみると、私の父親が現在の私と同じ52歳の時は、今の私よりも明らかに髪が薄かったことが思い出されます。父は、若ハゲではありませんでしたが、50歳を過ぎた頃から急速に頭頂部が薄くなっていきました。

当時父は、喫煙や飲酒などで生活習慣が決して良いとはいえませんでした。そのような生活を何年も続けていた結果、50歳を過ぎた頃からハゲが進行したと思われます。

父の23歳の頃の写真を見ると、私の23歳の頃と比べても断然髪はフサフサで、健康そうでした。しかし、その後約30年経過した当時52歳時の父と、現在52歳の私を比べると、明らかに私の方が髪はフサフサです。しかも、驚くことに私は実際の年齢よりも若く見られることが多いのです。

このよう事実からも、私自身は、ハゲは遺伝よりも食生活や生活習慣、頭皮ケアなどの方が影響が大きくでるのではないかと思っています。そして実際に、その事実を自分自身の30年の生活から証明できているわけです。

自分がAGA遺伝子の遺伝子を持っているかどうかを調べることは、参考までには知っておいてもいいかもしれません。そうすることによって、日頃の薄毛に対する心構えが変わってくると思います。と同時に、ハゲは遺伝だけではなく、それ以外の影響を大きく受けているという事実も意識しながら生活することが大切です。

髪の毛は、毛根さえ死んでいなければ必ずまた生えてくるといわれています。このことを信じて、たとえAGA遺伝子を受け継いでいても、また一度ハゲてしまっても、決してあきらめずに失った髪の毛を取り戻していきましょう。