60

あなたは、意外に思われるかもしれませんが、腸内環境と抜け毛には密接な関係があります。便秘が続くことで腸内環境が悪化すると、抜け毛が起きやすくなります。腸内環境を良くすることは、身体の健康にとってはもちろんのこと、髪の健康のためのも大変重要です。

抜け毛が増えたり体調や肌の調子が良くなかったりする場合は、腸内環境が悪化していることが考えられます。便秘の状態が長く続くと老廃物が体内にとどまることになり、身体のいたる所に悪い影響が現れるのです。

実際に、長く便秘が続いている人ほど体調が良くないことがよくあります。特に女性は、男性に比べて便秘に悩んでいる人が多いです。そしてそのような女性ほど、肌荒れや髪のトラブルに悩まされています。

最近は、医学の世界でも腸内環境を良くすることが健康にとって重要であることが、よくいわれるようになりました。同時に、育毛にとっても腸が健康であることが不可欠であることもわかってきました。

ここでは、意外に思える腸内環境と髪の毛の状態の関連性について説明します。

なぜ腸内環境を整えると抜け毛が止まるのか

私たちが長く便秘の状態が続くと、食べた物は体外に排泄されず腸内に留まり、じきに腐敗し始めます。食べ物が腸内で腐敗することで発生した有害物質は、腸から吸収されて血液を通して身体全体に運ばれます。

つまり、便秘が続くと有害物質が含まれた汚れた血液が、身体の隅々まで行きわたることになるのです

また、人体の免疫機能は約70%が腸に集中しているといわれています。便秘によって腸の状態が悪くなると、免疫機能も低下してしまいます。すると、身体は免疫機能が低下したことで、生命維持のために生命活動に支障をきたさない髪の毛に栄養を送らなくなります。

さらに、有害物質が多く含まれ汚れた血液は、ドロドロとした状態になりやすくなります。当然ながら、血液がドロドロとした状態では血液の流れは悪くなります。これにより、頭皮には育毛効果のある栄養素が血液と一緒に運ばれにくくなってしまいます。

つまり、腸内環境と抜け毛の関連性は次のように説明できます。

腸内環境が悪くなってしまうと、腸内で食べ物が腐敗したことで有害物質発生します。また、有害物質により汚れてドロドロになった血液は身体の隅々まで流れますが、血流は悪くなります。血液の流れが悪くなったことで、頭皮に存在する髪を作る働きをもつ「毛母細胞」には、十分な育毛効果のある栄養が届かなくなります。

また、有害物質により汚れてドロドロ化した血液は免疫機能も低下させます。その結果、身体は生命維持に支障がない髪の毛を犠牲にして、他の臓器に栄養を回してしまうのです。

以上の2点により、結果的に十分な栄養が髪の毛を育てる細胞に届かず、髪の毛が抜け落ちてしまうのです。

また、血液の汚れは老化を進ませます。血液は、約60兆ある細胞に栄養や酸素を絶えず運び続けています。そして、細胞から二酸化炭素や老廃物を受け取っています。

このようは働きのある血液が、滞ったり汚れたりすることで、細胞の新陳代謝は当然ながら悪くなります。すると、細胞の働きが鈍くなり、これによって身体の老化が進んでしまうのです。また、血液の質が低下することは、内臓疾患やガンなどのリスクが高めることにもつながります。

このように、健康のためにも育毛のためにも、腸内環境の悪化を招く生活習慣はぜひとも改善しなければなりません

免疫学からも腸内環境の重要性がわかった

腸内環境学、微生物分類学の専門医が、「あらゆる病気の根源は、腸内細菌にある」と断定しています。腸内細菌の働きが、体の免疫機能と関係することは、以前からよく知られていました。

最近では、アトピー性皮膚炎などのアレルギー反応や、自閉症やパーキンソン病などの心身症、または肥満症や糖尿病などの成人病にも、腸内細菌との関連性を示す研究も報告されています。

先程の腸内環境学、微生物分類学の専門医は、「病気になる、ならないの分かれ道は、腸内細菌の数と腸内バランスがいかに整っているかにある」ともいっています。つまり、腸内に何兆も存在する腸内細菌が、腸内でどのような割合で存在して、どのように効果的に働くかよって、私たちの体調は良くなったり悪くなったりするのです。

このように、腸内細菌の働きが私たちの病気の原因を解明するカギになったといえるのです。

腸内細菌の種類とは

腸内細菌には、大きく分けて3つに分類できます。以下に、種類を記します。

1. 善玉菌(ぜんだまきん):ビフィズス菌などで全体の20%を占める

2. 悪玉菌(あくだまきん):大腸菌などで全体の10%を占める

3. 日和見菌(ひよりみきん):状況に応じて善玉菌にも悪玉菌にもなる菌で全体の70%を占める

善玉菌が多く悪玉菌が少なければ、病気にはなりにくいといえます。しかし、このバランスが崩れて、善玉菌が減って悪玉菌が多くなると、逆に病気になりやすくなるともいえます。

このとき、状況に応じて善玉菌や悪玉菌のどちらにも変化する日和見菌を、善玉菌として働かせるようにもっていくことが大変重要になります

腸内細菌の働きとは

善玉菌、悪玉菌、日和見菌の各腸内細菌の働きは以下の通りです。

1. 善玉菌:健康維持、老化防止

2. 悪玉菌:健康阻害、老化促進、病気を引き起こす

3. 日和見菌:健康時には悪さをしないが、不健康時には悪さをする

特に、日和見菌の働きには注目しなければなりません。先述の通り、日和見菌は状況によって善玉菌や悪玉菌のどちらにも変化する特性があります。しかも、腸内細菌全体の70%を占めています。

腸内環境が整っていて、善玉菌が優勢の状態が保たれているときの日和見菌は、病原菌の感染を防ぐなどの体に良い働きをします。しかし、腸内フローラのバランスが崩れて悪玉菌が優位になると、普段は病原性のない無害な日和見菌が病原菌になり、身体に悪い働きをすることもあります。

そのような性質の日和見菌を、善玉菌の味方になるように働かせる秘訣は食事内容の改善です。常に善玉菌が優勢な状態になる食事を摂り続けることで、日和見菌を増やすことができるのです。

太りやすくなるデブ菌と太りにくくするヤセ菌とは

私たちの腸内細菌は、太りやすい体質になりやすい「デブ菌」と太りにくく健康な体質をつくりやすい「ヤセ菌」に分けられます。両者の理想的な利率は、6:4です。ヤセ菌が6で、デブ菌が4となります。

実際に、米国のワシントン大学の実験チームが太った人とさせた人の腸内環境を調べてみると、やはり太った人にはデブ菌が多く存在しており、痩せた人にはヤセ菌が多く存在していました

薄毛で悩む人の割合は、痩せている人より太っている人の方が高いことは統計的にもはっきりと分かっています。理由は、太っている人の食事内容が欧米型の高脂肪、高カロリーである場合が多いからです。

欧米型の食事は、野菜が少なく脂肪分が多いので、胃腸への負担が大きくなります。また、便秘にもなりやすく血液汚れやすいという傾向があります。そして先述の通り、血液が汚れると結果的に抜け毛につながります。

欧米人の成人のハゲ率が40%を超えているところからも、欧米型の食事が抜け毛を引き起こすことがよくわかります。

腸内環境を良くする食品を積極的に摂ってハゲを防ぐ

それでは、実際に腸内環境を良くする成分には、どんなものがあるでしょうか。それらを以下に記します。

1. 食物繊維:野菜、ゴボウ、キノコ、海草類

2. 乳酸菌:ヨーグルト、乳酸菌飲料、発酵食品

3. オリゴ糖:オリゴ糖は善玉菌のエサとなる

これらを毎日の食生活に積極的に摂りいれていきましょう。

便秘にも育毛にも効果絶大のスピルリナ

腸内環境を良くする成分を3つ挙げましたが、実はその他にもう一つあなたに紹介したい食品があります。その名は、スピルリナです。スピルリナは、藻の一種ですが完全食品です。栄養価にすぐれ、しかも身体への吸収率も約95%です。知る人ぞ知るスーパーフードなのです。

スピルリナは、私が23歳の時ハゲを克服しようとした時から、30年経過した現在でも摂り続けています。私がハゲを完治できたのは、このスピルリナのお陰だと思っています。

スピルリナは、腸内環境を整えます。私の場合は、プーアール茶と一緒に摂り続けた結果、約1ヶ月後に頑固な宿便を一掃することができました。その強力な腸内環境を整えるパワーには驚くべきものがあります。

また、髪の成長にとっても欠かせない栄養成分が豊富に含まれています。これほど、育毛にとって理想的な食品は、他にあるでしょうか。

このスピルリナについての説明は、当サイトの「便秘を解消し、薄毛や育毛対策に最適なスピルリナとは」に書かれていますので、参考にしてみてください。

腸内環境を整えることは、育毛や健康維持のためにも大変重要です。バランスの取れた食事と、腸内環境を整える食品を毎日摂り続けることで、健康な身体と髪を維持していきましょう。