69

あなたは、「DHEA」という成分を知っていますか?DHEAとは、体内の副腎で生成されるホルモンの一種である「デヒドロエピアンドロステロン」の略式名のことです。

このDHEAには、さまざまな働きがありますが、その中で特に注目されているのが「若返り効果」です。また、若返り効果は育毛効果にもつながっていることから、DHEAを体内で増やすことがハゲ対策になるともいわれています。

DHEAを食事によって体内で増やすと、抜け毛が減ることは、実際に私自身が経験しています。そして実際に、DHEAを多く含む食品をよく食べる人にはハゲが少ないことも事実です。

DHEAは加齢とともに減少しますので、日頃の食事からDHEAを積極的に摂ることを心がけることが、薄毛に悩む人にとっては大切なのです。

ここでは、DHEAを摂取することで期待できる健康効果や育毛効果、そしてDHEAの効果的な摂取法について説明していきます。

DHEAの働きとは

DHEAは、南米の山芋から見つかった成分です。日本には、「自然薯(じねんじょ)」という山芋の一種があります。自然薯は昔から精がつく食べ物とされていますが、この南米の山芋も自然薯と同じような成分が含まれています。

自然薯を始め、日本の山芋には「ジオスゲニン」という成分が含まれています。ジオスゲニンは、DHEAの分泌を体内で増やす働きがあるのです。

DHEAには、主に7つの働きがあります。

1. 性ホルモンの分泌を促す

DHEAは、男女ともに性ホルモンの分泌を促します。特に、体内で男性ホルモンの「テストステロン」や、女性ホルモンの「エストロゲン」などを増やす働きがあるため、男女の不妊治療によく用いられます。

2. 若返り効果

DHEAには、老化のスピードを抑える効果があることが確かめられています。そのため、「アンチエイジングホルモン」とも呼ばれています。DHEAが皮膚に多く含まれれば皮膚が若返り、頭皮に多く含まれれば頭皮が若返るのです。また、DHEAには美肌効果や骨粗しょう症予防も期待できます。

3. うつ病などの精神疾患の改善

DHEAは、うつ病の原因となる物質である「コルチゾール」の発生を抑えます。うつ病患者は、コルチゾール値が通常より高くなっていることが多くありますが、DHEAを投与することでコルチゾール値が下がり、うつ症状が改善されます。

4. 免疫力強化

DHEAは、白血球の中のリンパ球を活性化させる働きがあるため、免疫力を向上させます。免疫力が高まると、体力向上につながり病気の予防にもなります。

5. 記憶力向上とアルツハイマー病の予防

人間の脳内に存在して、記憶力をつかさどる器官が「海馬」です。DHEAが、海馬の損傷を防ぐことで、記憶力の低下やアルツハイマー病の予防になります。アルツハイマー病患者は、DHEA値が低いのが特徴です。

6. 動脈硬化予防

先ほどDHEAは、コルチゾールを抑える効果があることを説明しました。コルチゾールは、血圧や血糖値を上げることもわかっています。コルチゾールの発生をDHEAが抑えることが、血圧や血糖値を下げることにもつながります。

7. 筋肉量を増やす

コルチゾールは、内臓脂肪増加の原因にもなります。DHEAは、コルチゾールの働きを弱めて脂肪を分解し、筋肉量を増やしてくれます。

このように、私たちを老化や病気から守ってくれる大切な働きがあるのがDHEAなのです。

DHEAが減りすぎると、どうなるのか

私たちの身体にとって欠かせない成分であるDHEAですが、残念ながら加齢とともに、体内での分泌は減少していきます。DHEAの体内分泌は20代がピークとなりますが、やがて40代で約半分になり、60代で約1/3、80代では約1/10まで減ってしまうのです。

そして、DHEAが低下すると次のような症状が起きやすくなります。

1. 更年期障害

2. 気力の低下

3. 免疫力低下

4. 筋力低下

5. 肥満や糖尿病

この中で、特に気をつけなければならない症状が「気力の低下」です。実は、アメリカでは過去に50歳代や60歳代の男性の自殺が多い時期がありました。その原因は、更年期障害からくる精神疾患でした。

この事態を重く見た米国食品医薬品局(FDA)が、DHEAには精神疾患改善の効果があることから、この年代の男性にDHEAの摂取を奨めました。その結果、DHEAを摂取した50歳代や60歳代の男性の自殺者が激減したのです。

それ以降、「気力の低下」からくる精神疾患や自殺などの問題は、DHEAの摂取により改善されました。

またDHEAの減少は、老化を早めてしまいます。このことは、薄毛で悩む人たちにとっては好ましくないことですので、毎日の食事にDHEAを多く含む食品を積極的に摂りいれていくことが必要です。

DHEAを多く含む食材とは

DHEAは、食事から摂るようにしましょう。先ほどのアメリカの自殺者が激減した理由には、サプリメントの活用がありました。しかし、日本ではサプリメントを利用しなくても、DHEAを食事から十分に摂取できます。私たちの周りには、DHEAが多く含まれた食材が沢山あるのです

育毛に効果があるという理由から、サプリメントを安易に利用するのは良くありません。サプリメントからしか摂取できない成分があることは事実です。しかし、サプリメントには決まった摂取量があり、過剰摂取は避けなければなりません。

またサプリメントよりも、できるだけ毎日のバランスの良い食事から育毛効果のある栄養素を摂った方が、健康面においても経済面においても良いといえるのです。

それでは、どのような食品にDHEAが多く含まれているのでしょうか。それらの食品は、次の通りです。

山芋

前述の通り、日本の山芋には「ジオスゲニン」という成分が含まれています。ジオスゲニンは、DHEAの分泌を体内で増やす働きがあります。

また、山芋の若返り効果は特筆すべきものがあります。山芋を毎日3~5cm生で食べると、3週間後には若返り効果が実感できます。肌つやが良くなったり、性機能が向上したりすることが昔から知られています。

イワシ

DHEAは、体内の副腎から分泌されます。副腎が活発に働くことが、DHEAの分泌を促します。その副腎の活動を活発にする成分が、セレンです。イワシには、このセレンが多く含まれています。

イワシ料理をよく食べる漁師や魚港の住人には、ハゲが少ないといわれていますが、その理由がイワシをよく食べることだと思われます。

納豆や黒豆

納豆や黒豆に含まれるイソフラボンは、DHEA生成の原料となります。

また、納豆はネバネバ食品ですが、ネバネバ食品は髪の育成に関わる腎臓機能を強化します。

そして、実はあまり知られていませんが、黒豆の育毛作用は効果絶大です。私の長年の経験から、黒豆をトウガラシに含まれるカプサイシンと一緒に摂り続けることで、抜け毛の本数が減ることを身をもって体験しているのです。

黒豆の育毛効果については、当サイトの「育毛に驚くべき効果のある黒豆の食べ方」を参考にしてください。

今紹介したこれらの食品は、DHEAの他にも育毛効果を得られる栄養素を多く含んでいて、私たち日本人にとって健康効果や育毛効果が得られる、大変ありがたい貴重な食品です。実際に、これらの食品をよく食べている人たちにハゲが少ないという事実があることから、あなたも毎日の食事に積極的に摂りいれていって下さい。

そうすることで、思ったよりも早く育毛効果が実感できるはずです。