89

あなたは、ダイエットによる急激な体重減少は、抜け毛が増える原因になることを知っていますか。ダイエットによる過度の食事制限が、健康維持のために必要な栄養の不足を招き、その結果抜け毛が増えることはよくあります

体型的にハゲになりやすいのは、瘦せ型の人よりも肥満型の人です。その理由は、肥満型の人の方が高脂血症や高血圧、高コレステロールなど、健康にも問題がある場合が多いからです。

肥満型の人の食事は栄養バランスが悪く、脂肪分や糖分をとりすぎる傾向があります。その結果、血液がドロドロになり、血行が悪くなります。血行が悪くなると、頭皮にも栄養が届かなり、髪が育ちにくくなります。

しかし、痩せようとして過度な栄養制限を行うと、今度は健康維持にとって必要な栄養も髪の毛に必要な栄養も不足してしまうことがあります。

その結果、髪の毛の成長が妨げられて、抜け毛が増えてしまうのです

肥満型の人が、正しいダイエット法によって健康を維持しながら、体重を落とすのであれば全く問題ありません。しかし、現実を見ると多くの人が無理なダイエットによって、抜け毛や体調不良に悩まされているのです。

ここでは、間違ったダイエット法が招く抜け毛や体調不良の原因と、ダイエットによって抜け毛が増えた場合の対処法について説明していきます。

ダイエットで抜け毛が増える原因

毎日多くの髪の毛や頭皮に触れる機会の多い美容師の経験から、ある事実があるそうです。それは、常連客の髪の毛に以前と比べハリやコシが無くなって、なんとなく髪の毛が弱々なっていると感じられる場合は、そのお客さんが「ダイエット中であることが多い」ということです。

もちろん、ダイエットをしている全員に当てはまることではないにせよ、やはりダイエットをして体重が大幅に減少した人たちには、髪の毛の状態がよくなくなってしまっていることが多く見られるそうです。

例えば、短期間で5kg以上体重を減少させるには、ある程度の食事制限は必要です。そのため、急激な体重減少によって身体に必要な栄養も不足しがちになりやすいといえます。

また、体重が急激に減ると、同時に筋肉量や基礎代謝も落ちてしまうので、全身の血行が悪くなり頭皮の毛母細胞に栄養が十分に行きわたらず、細胞分裂が起きにくなったりします。その結果、髪の毛の成長が鈍ることで、髪は抜けたり細くなったりしてしまうのです。

間違った方法が身体に与える悪影響

専門家のアドバイスなしに、自己流による間違ったダイエットを続けた場合、体重は減少するかもしれませんが、さまざまな問題も起きやすくなり、以下のような悪影響が出てきてしまいます。

1. 食事制限による栄養不足

私たちが、健康でエネルギーに満ちた生活を送るためには、身体の各組織がしっかりと働けるように十分な栄養素を毎日食事を通して身体に取り込まなければなりません。そのためには、栄養バランスのとれた食事を「適量」とることが大切です。

「適量」としたのは、いくら栄養バランスが取れている食事とはいえ食べ過ぎは、健康を害する大きな要因となってしまうからです。実際に、大食漢と普通の食事の量をとる人では、平均寿命に約15年ほどの違いが出てしまいます。

毎日の食事を、栄養バランスのとれた内容にして量も腹八分に抑えていれば、本来私たちは病気やハゲにはなりにくいといえます。しかし、脂肪分や糖分が多い食事を毎回満腹になるまで食べていると、内臓が休むことができずに疲弊して、やがて病気やハゲになりやすくなってしまいます。

実は、内臓とハゲには密接な関係があります。そのことを表す言葉として、「毛髪は内臓の鏡」という表現があります。内臓の状態が、髪の毛に現れるということです。

特に、若くして病気や薄毛になってしまう人は、はぼ間違いなく食事に問題があります

しかし、食べ過ぎが病気やハゲを招くように、栄養バランスが悪く、なおかつ量も栄養も十分でない食事をとり続けてしまうことも、病気や薄毛の原因となるといえます。

私たちの身体は、栄養不足に陥ると飢餓によって死に至らないように、身体は生命維持のために必要な器官に対して優先的に必要な栄養素を送るようになります。そのために、十分な栄養が体内にある状態のときと違って、生命維持にとって優先順位が低い器官には、栄養供給が後回しにされて十分な栄養が届きにくくなってしまうのです。

そうなると、生命維持ということからすると優先順位が低くなってしまう髪の毛にも、栄養が十分に行きわたりにくくなります。毛母細胞にも栄養が行かないことで、やがて抜け毛が引き起こされてしまうのです。

2. ホルモンバランスの乱れ

ダイエットによる食事制限で、栄養不足による身体のバランスが崩れるとホルモンバランスの乱れにつながります。ホルモンバランスの乱れよって、男性ホルモンが多めに分泌されると、その男性ホルモンが抜け毛を誘発するホルモン「ジヒドロテストステロン」に変化する可能性が高まります。

3. ダイエットによるストレス

今まで、満腹になるまで食べていた肥満型の人達にとって、食事制限には大変な苦痛が伴います。食事制限をすることで、イライラしやすくなったり集中力が低下したりなどの、症状が現れやすくなります。特に、夜食を習慣にしていた人たちにとっては、「空腹のあまり寝れない」といったことも起きます。

4. 体内の水分不足

食事制限中に、水分を十分に補給していれば問題ありませんが、食事制限と共に水分制限まで行うと水分不足からくる血液ドロドロ状態を招き、血流が悪くなり血管が詰まりやすくなります。血管が、詰まりやすい状態になってしまうと、脳梗塞や心筋梗塞などの病気が起きやすくなります。

ハゲを招いてしまう「やってはいけないダイエット」とは

誤解を避けるために明言しますが、ダイエットが悪いということではなくて、間違ったダイエットの方法が悪いということです。

ハゲの中で、急激に脱毛が進みあっという間にハゲてしまう症状に、「脂漏性脱毛症」があります。この病気の原因は、ズバリ食生活による肥満です。

現代の成人病の原因は、食べ過ぎです。必要以上に栄養を取り込むことで、私たちは病気になってしまうのです。

これから、私の身近で起きたある例をお話しします。

私の身近に38歳にして、脂漏性脱毛症を患って3~4週間でハゲてしまった知人がいました。日々急激に脱毛が進む姿は、それはそれは余りにも不憫で本当にかわいそうでした。この症状に見舞われると、本当に約1ヶ月で頭部の約80%ハゲてしまいます。

私は、頭皮の症状を見た時にすぐに皮膚科医に診てもらうように忠告しましたが、本人は直ぐには病院に行きませんでした。その理由は、38歳でハゲが始まったと思い、半ば諦めていたからでした。そうしているうちに、脱毛の症状が日に日に悪化する様子に危機感を覚えた本人が、ようやく皮膚科を受診したのです。

血液や頭皮の検査の結果、脂漏性脱毛症との診断でした。短期間で約10kgの急激な体重増加が大きな原因だったのです。以来、皮膚科医の忠告を守って、まず今までの脂肪分が多い食事と好物のスイーツを止めて、野菜と魚を多めの食事内容に変えました。

そして、満腹になるまでは食べないようにした結果、2016年の8月に始まったダイエットが、4か月後の12月には、5~6kgのダイエットに成功しました。同時に、病院から処方された塗り薬を毎日シャンプー後に患部に塗りつづけたところ、頭皮や体調に良い変化が現れてきました。また、赤ら顔も改善されてきました。

そうしたところ、4ヶ月後には頭皮の状態も約70%症状も回復しました。ただ、残りの30%には円形脱毛症に近い症状が見られるので、完治にはもう少し時間がかかると思われます。しかし正直なところ、あれほど酷かった頭皮の状態が、約4ヶ月後には約70%も回復するとは夢にも思いませんでした。

この脂漏性脱毛症が急激な回復を見せた理由は、正しいダイエットと食事内容を変えたことでした。皮膚科医の忠告に従って、特に正しいダイエットを真面目に実行した結果、驚くべき速さでハゲが回復したのです

やってはいけないダイエットとは

前述の脂漏性脱毛症が、急激な回復を見せたのは、正しいダイエットによって栄養管理をしっかりと行ったことが大きな要因でした。正しいダイエットのおかげで、脂漏性脱毛症も健康状態もよくなったのです。

このように、肥満が原因で脂漏性脱毛症のような症状が出た場合は、正しいダイエットをすることが症状改善に効果があることを目の当たりにしたことで、正しいダイエットの重要性が改めてよく理解できました。

しかし実際には、肥満解消のために自己流の間違ったダイエットを行うことで、体調や髪の毛に悪い影響が出ている場合が多くあります。それらの間違ったダイエットを行うと、深刻な体調不良を招く場合がありますし、実際にそのような症状に見舞われている若者が多いのです。

やってはいけないダイエットは、以下の通りです。

1. 絶食

絶食や断食は、やり方を間違えると最悪な場合死を招いてしまいます。断食は、断食道場で正しい指導のもとで行えば、内臓の休息や、自然治癒力の向上、体質改善などの効果が認められています。しかし、自己流で行うことは危険が伴うので絶対にやってはいけません。

2. 糖質制限ダイエット

糖質制限ダイエットは、 医師の中でも評価が分かれています。糖質制限とはその名の通り、ご飯やパンなどの糖質をとらないダイエット法です。  効果が出るのが早いのですが 、断食と同じでやり方を間違えると健康被害も起きるので 注意が必要なダイエット法でもあります。

炭水化物には、糖質だけではなく、カルシウムやミネラルも多く含まれていますので、身体にとって必要な栄養素です。

ただ、糖質をとり過ぎは、身体の老化を早めてしまうことも事実ですので、食べ過ぎもよくありません。糖質制限をするのであれば、ご飯の量を少し減らすようにするなどして、全く食べないということだけはしないことです。

3. リンゴダイエットやバナナダイエットなど

このようなダイエットの問題点は、栄養が偏ってしまうことです。その結果、体内に脂肪分が吸収されやすくなり、逆に太りやすくなるといわれています。

4. 利尿剤を使用する

利尿剤を使うことで、身体から水分が抜けすぎるとさまざまな副作用が出てきます。頭痛、吐き気、貧血、発疹、じんましん、倦怠感、嘔吐などが報告されています。

健康的な正しいダイエット法

健康的な正しいダイエットの基本は、以下3つです。

1. 摂取カロリーを減らす(腹八分)

ただし、栄養バランスは偏らないようにする。

2. こまめに身体を動かす

まとまった運動よりも、こまめに動く人の方が太りにくいのです。例えば、日中身体をあまり動かさない人と、こまめに立ったり座ったり、または階段を上ったり下りたりしている人では、1日のカロリー消費が約400kcalも違ってきます。

3. 間食や夜食をしない

太っている人達に共通する習慣は、間食と夜食です。特に、夜食は内臓に負担を掛けて脂肪も蓄積しやすいので、ダイエットにも健康にもよくありません。

当たり前のことかと思われますが、この3つを徹底することが、リバウンドをしない健康的なダイエット法なのです。

ダイエットで抜けた髪を復活させる方法

不幸にも、間違ったダイエットで髪が抜けても悲観することはありません。先ほどの、酷い脂漏性皮膚炎であっても急速に改善したように、正しいケアを行えば髪の毛が復活する場合は思いのほか多いのです。

髪を復活させる食事と生活習慣

間違ったダイエットによって、髪が抜けてしまっても食事と生活習慣を正すだけで回復が期待できます。

1. 栄養バランスの良い食事を徹底させる

野菜、海草、肉、魚、大豆のバランスを考えて、腹八分を守った食事にすることです。

特に育毛効果が高い食品は、次の通りですので参考にしてください。

黒豆スピルリナブロッコリースプラウトイワシシャケシリカ水亜鉛ノコギリヤシ

2. 規則正しい生活

髪を復活させるためには、規則正しい生活を送ることです。体調が良くなり、生命エネルギーが増すことは健康にも育毛にも大切なことです。

3. 質の高い睡眠

特に、髪の毛は22:00~26:00の間に作られます。この時間は、できる限り睡眠をとるようにしましょう。

間違ったダイエットにより栄養不足を招いて体調を崩してしまい、その結果、抜け毛に悩んでいる人は多いという事実があります。しかし髪が抜けても、毛根は休止しているだけで、毛根そのものが死んでしまっているわけでありません。

正しい食事と生活習慣に戻せば、髪は必ず復活することを信じて、決してあきらめずに治していきましょう。