AGA(男性型脱毛症)に悩むあなたは、生活習慣の改善や発毛剤や育毛剤を使用することにより、薄毛治療を試みるでしょう。

ただ、発毛剤や育毛剤といった高い薄毛改善効果がある製品を使用した場合、副作用など何かしらのリスクがあるのではないか? と考えるでしょう。

副作用の中でも、育毛剤を使用した場合に副作用である勃起不全(ED)が起こるリスクがあると噂を聞いたことはないでしょうか? 発毛剤や育毛剤を使用した場合、本当に勃起不全(ED)が起こるのでしょうか?

ここでは、「発毛剤・育毛剤を使用することで本当に勃起不全(EDが起こるのか」「勃起不全などの副作用が無く薄毛改善に効く製品」について解説していきます。

発毛剤・育毛剤を使用することで本当に勃起不全(ED)が起こるのか

実は私自身、発毛剤(医薬品)・育毛剤(医薬部外品)両方とも使用経験があり、薄毛を大幅に改善させています。ただ、発毛剤使用時では勃起不全(ED)が起こり、育毛剤の使用時には勃起不全が起こっていません。

この経験を踏まえて、他の人でも同様に発毛剤で勃起不全は起こるのか?育毛剤では勃起不全がおこらないのか? ということを考えていきます。

まず、私自身が使用した発毛剤(医薬品)は数種類あり、有名な有効成分である「ミノキシジル」「フィナステリド」の両方とも使用しました。ミノキシジル、フィナステリドともに薄毛改善の効果が高い有効成分があり、厚生労働省からも認可済です。

ミノキシジルでは「主に発毛・育毛効果を高めること」により、フィナステリドは主に「AGAによる薄毛の原因である男性ホルモン(専門用語ではジヒドロテストステロン)を抑制すること」により、薄毛を改善させます。

そして、効果が異なる両成分ですが、両方とも勃起不全(ED)になるリスクが高まるといわれています。

フィナステリドを服用すると勃起不全が起こる

フィナステリドを服用すると勃起不全が起こる理由は、フィナステリドの薄毛改善のメカニズムと関係しています。

先にも述べたようにフィナステリドは抜け毛を増やす男性ホルモンのジヒドロテストステロンの分泌を抑えます。つまり、ホルモン調整剤の役割も持っています。

フィナステリドが開発されてからまだ日も浅いため明確な実証データはまだないですが、ジヒドロテストステロンの抑制の他に、一般的に知られる活力を上げる男性ホルモンであるテストステロンの分泌まで低下させる可能性があるといわれています。

勃起力はテストステロンの分泌が多いほど高くなる傾向にあるため、テストステロンの分泌をさげるフィナステリドを服用すると勃起不全がおこるケースがあります。

実際に私自身もフィナステリドの服用経験があり、規定量である1日1mgを服用を数か月ほど続けていた場合は勃起不全(ED)が顕著に表れました。

フィナステリドの服用を一次中断したり、服用量を規定量より少なくすることで、勃起不全(ED)が改善したため、これはフィナステリドによる副作用であるといえます。

ただ、勃起不全が起こっていた期間は服用していた期間のみであり、血中の有効成分濃度が服用していない状態に戻る1日後あたりには回復しています。

掲示板などで他の人の口コミを確認しても、フィナステリドの服用によるEDは実際に起こっているようです。

薄毛改善ができても、勃起不全になり健康を損ねるリスクを考えると、使用を停止するかもしくは規定量からの服用量をさげての使用をつづけるように切り替えるといいです。

フィナステリドの長期間服用では、ポストフィナステリド症候群(PFS)がおこるリスクもある

私自身は起こっていないですが、いまではフィナステリドの長期間服用をするとポストフィナステリド症候群といわれるフィナステリドの服用をやめてもその後に副作用がでつづける症状がおこることが徐々にあきらかになってきています。

PFSが起こる確率は少ない(多くても5%以下程度)ですが、飲み続けている限りPFSにかかる可能性は0ではありません。

そしてPFSの症状としては以下の内容が挙げられます。

もともとフィナステリドの副作用としては、精力の低下、勃起不全(ED)だけではなく、不眠症、うつや倦怠感や疲労感、思考力の欠如、集中力の低下などが挙げられます。

薄毛が改善したとしてもこれらの副作用がでてしまい、それが長期間つづくリスクを考慮したすると安易にフィナステリドを長期間することはおすすめできません。

ミノキシジルでも勃起不全は起こる

フィナステリドと異なり、ミノキシジルは発毛・育毛を促すことにより薄毛を改善させます。そのため、男性ホルモンの分泌の調整は行われていません。

ただ、ミノキシジルを使用していると勃起不全になるというデータは多くあり、いまのところ原因はわかっていないが、勃起不全になる傾向にあります。

私自身もミノキシジルの使用経験もあり、塗るタイプのミノキシジルではカークランド(海外製のミノキシジル含有製品であるロゲインのジェネリック医薬品を使用し、飲むタイプではミノキシジルタブレット(通称ミノタブ)を服用の経験があります。

塗り薬ではそこまで顕著な勃起不全(ED)は起こらなかったのですが、飲むタイプのミノタブを1日5mgから10mg程度(規定量)服用していた場合、勃起不全(ED)がおこりました。

EDだけではなく、動悸や多毛症(体毛が濃くなる現象)が起こっているために、こちらも服用を停止するか規定量から服用量をさげて使用するといいです。

いまのところミノキシジルではポストフィナステリド症候群のような服用をやめた後の後遺症の発生は確認されていないようですが、副作用のリスクを考慮した場合多くの量を長期間飲み続けることはおすすめできません。

勃起不全が起こらず育毛剤では勃起不全は起こらずに育毛効果が得られる

このように発毛剤は高い薄毛改善効果はあるものの、勃起不全という大きな副作用も起こすリスクを高めます。

ミノキシジルでもフィナステリドでも、規定量を数年レベルの長期間使用し続けることは危険です。私自身の経験からも安易に発毛剤に頼りなくなる気持ちはわかりますが、間違いなく副作用は存在するといえます。

そのため、使用を中断するか、使用を続けていたとしても規定量から徐々にその使用量を減らしていき、その分育毛剤(医薬部外品)を併用し、育毛剤の使用量、使用頻度を徐々に上げていくといいです。

具体的には、すでに発毛剤のみを規定量使用している方であれば、その使用量を半分程度の量使用するといいです。例えばフィナステリドのみを規定量の1日1mgを使用していたとすると、1日0.5mgに服用量をさげ、その分育毛剤を1日2回髪に適量つけるようにしましょう

育毛剤の効果の上げるための栄養素を摂る・運動する

育毛剤の使用効果を高めるためには、薄毛に効く栄養素や有効成分をサプリや食べ物からきちんと摂取するようにしましょう。

薄毛に効果がある栄養素としては、髪の毛を構成する成分であるタンパク質はもちろんのこと、髪の発毛・育毛を促し頭皮環境も整えられる亜鉛やイソフラボン、頭皮の老化を防ぐ効果がある抗酸化作用が強いポリフェノール類などを多く摂取するといいです。

他には、抜け毛の原因となる男性ホルモンのジヒドロテストステロンを抑制することができる、ノコリ技ヤシエキスやヒオウギエキス、ハーブであるフィーバーヒューに含まれる

パルテノライドなどを摂取すると育毛剤の育毛効果をより高めることが可能です。

他にも、当たり前のことですがなかなか実践することが難しい生活習慣の改善をできることから一つずつ行い、育毛剤の育毛効果を最大限に引き出しましょう。

まとめ

ここでは、「発毛剤・育毛剤を使用することで本当に勃起不全(EDが起こるのか」「勃起不全などの副作用が無く薄毛改善に効く製品」について解説しました。

勃起不全(ED)が起こるリスクがあるのは、有効成分にフィナステリド、ミノキシジルを含む発毛剤(医薬品)であり、育毛剤(医薬部外品)では起こりません。

私自身も経験では、フィナステリド、ミノキシジル、どちらの成分を摂取したとしても薄毛が改善されましたが、同時に規定量の摂取では実際に勃起不全(ED)が起こりました。

フィナステリドが薄毛に効く理由としましては、抜け毛の原因である男性ホルモンの一種のジヒドロテストステロンの分泌を抑制するためです。ただ、同時に男性ホルモンのテストステロンの方の分泌にも異常をきたす場合があり、これが元となって勃起不全(ED)を引き起こす場合があります。

私の場合は服用を停止することによって、勃起不全が改善されましたが、人によってはポストフィナステリド症候群(PFS)と呼ばれるフィナステリドの服用を停止後も副作用が残る後遺症がおこるケースもあります。そのため、安易にフィナステリドの規定量の長期間の服用は続けることはおすすめできません。服用を停止するか規定量よりも下げて服用することでリスクを低減できます。

一方でもう一つの発毛剤の有効成分であるミノキシジルでは発毛・育毛を促す効果が高く、男性ホルモンへの影響は少ないですが、データとして勃起不全が起こるリスクがあります。私自身もミノキシジルの使用で実際にEDが起こり、実際の多くの人もEDが起こっています。

そのため、発毛剤(医薬品)ではなく、勃起不全をはじめとした副作用が起こらず、高い薄毛改善効果がある育毛剤(医薬部外品)を使用した方がいいです。

育毛剤の使用とともに育毛効果がある成分を摂取し、最大限に育毛効果を高めて、ハゲを克服していきましょう。