AGA(男性型脱毛症)は正しく治療すれば、薄毛が改善してフサフサの状態にできることが実証されています。

ただ、世の中にはAGA治療に効果があると謳っている商品が多く存在します。そうしたカテゴリーとして、「発毛剤」「育毛剤」「育毛シャンプー」という言葉で分類されています。

薄毛に悩むあなたは、おそらく薄毛改善に効果が期待できる商品であるリアップ、チャップアップ、ブブカ、プロペシア、スカルプDなどの名称をご存知と思います。これらの商品がどのカテゴリーに分類されるかわかるでしょうか?

AGA治療に悩む方でも、意外と「発毛剤」「育毛剤」「育毛シャンプー」の違いを説明できる方は少なく、実際どのような違いがあるのでしょうか?

ここでは、「発毛剤」「育毛剤」「育毛シャンプー」の違いや効果、副作用、コストについて詳しく解説しています。

発毛剤と育毛剤の違いは?

従来、薄毛治療には「育毛」という言葉が主に使われていましたが、いまでは「発毛」という言葉も良く耳にするようになりましたよね。

そもそも「発毛」と「育毛」は何が違うのでしょうか?

言葉自体の意味をとれば、「発毛」は毛を頭皮から生えさせることです。毛根に直接栄養を届け、毛根活性(毛根復活)させることで毛を発現させるのが発毛ともいえます。

一方、「育毛」とはその発毛した毛を太くかつ長く伸ばし、かつ抜け毛を防ぐことを指します。

薄毛治療ではヘアサイクルと呼ばれる「髪の毛が頭皮から生え(発毛)、それが太く長く成長し(育毛)、抜けていくという一連の流れ」を整える必要があります。

発毛剤では「発毛」「育毛」「抜け毛予防」という効果により薄毛を改善しますが、育毛剤では「発毛促進」「育毛」「抜け毛予防」により薄毛を改善します。

つまり、発毛剤と育毛剤の違いは、発毛効果が主な効果であるか、発毛促進が主な効果であるかにあります。

また、有効成分も発毛剤と育毛剤では大きく異なることから、発毛剤と育毛剤を併用して使用することが薄毛治療に最も効果があるといえます。

ただし、通常発毛剤と育毛剤は似たようなものと捉えられている場合が多く、実際のところ曖昧に使用されていることが多いです。また、「発毛」「育毛」「抜け毛予防」のどこに最も効果があるかどうかは製品にもよるため、製品の効果を調べてから使用しましょう。

「医薬品」か「医薬部外品」か

曖昧に捉えられがちな発毛剤と育毛剤ですが、厳密には見分け方があります。

それは、薬事法による「医薬品」か「医薬部外品」ということです。

通常、ヘアケア、スキンケア関連の製品は「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」に分類されます。また、「薬用」と記載されている製品は「医薬部外品」に相当します。

同系列の製品においては「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」という順番で一般的には目的を果たす効果が低くなります。つまり医薬品が目的を果たす効果が最も高いとされていますが、その分だけ副作用リスクも同順で高まる傾向があります。

例えば、発毛剤として有名なリアップ(有効成分:ミノキシジル)やプロペシア(有効成分:フィナステリド)は医薬品に分類されます。医薬品なので、その分だけ薄毛への効果は高いです。

また、育毛剤として有名であるチャップアップやブブカなどは医薬部外品に分類されます。

ただし、発毛剤や育毛剤の効果は個人差が大きいため、医薬品や医薬部外品という枠を超え、実際に使用してみないとその効果はわかりません。

しかし、育毛剤は「発毛剤の有効成分ミノキシジルやフィナステリドと同等の効果を持つ天然由来成分」を含んでおり、薄毛への効果があるといえます。

育毛剤の方が副作用は少ない

「発毛剤」として有名なリアップなどにも含まれている有効成分ミノキシジルは、厚生労働省から効果があると認可されている成分です。そのため、AGA治療薬としての効果は高いといえます。

実際、私や私の父は有効成分ミノキシジルを含んだ内服薬である「ミノキシジルタブレット」を服用した経験があります(私は現在も服用中)。

ミノキシジルタブレットは通常1日5mgを服用しますが、この量を初めて服用したとき、私も私の父も非常に強い動悸が起こりました。

そもそもミノキシジルという成分は、元々は血圧を下げるための薬です。ただ、臨床試験時に被験者の髪の量も増えていることに着目し、発毛剤としての研究・開発が始まったという経緯があります。

製品としてリアップなどの塗り薬(外用薬)としてのミノキシジルは、厚生労働省より認可されています。

(※リアップの写真(後程更新))

これに対して、飲み薬(内服薬)としてのミノキシジルは、発毛剤として認可されているものはなく、あくまで血圧を下げる薬を飲むというスタンスです。

つまり、ミノキシジルは薄毛治療のために内服薬として服用すると副作用が大きく、育毛剤よりも副作用が大きくなる傾向にあります。

私はミノキシジルタブレットの服用量を減らすことで1日5mgから一日2.5mgと減らすことで心臓の動悸がほとんど起こらないようになりました。しかし、私の父は量を減らしても心臓の動悸が収まりませんでした。

さらに、父は塗り薬のミノキシジル含有の発毛剤に切り替えたのですが、それでも動悸が収まりませんでした。そこでミノキシジルが入った薬をやめ、育毛剤に切り替えたところ、「動悸などの副作用が全く見られなくなった」と言っていました。

他にも、発毛剤ミノキシジルの副作用は、「むくみ」「頭皮のかぶれ、かゆみ、フケの発生」「多毛症」などという副作用が確認されているようです。

これに対して、育毛剤では「トウガラシエキス」「ノコリギリヤシエキス」「オウゴンエキス」などの天然成分由来を基本として構成されているため、育毛剤では副作用が非常に少ないです。

現在、発毛剤だけを使用している人の場合、副作用が起こっている人であれば塗布量もしくは内服量を減らし、一部を育毛剤に置き換えることをおすすめします。育毛剤に置き換えることにより、副作用のリスクを減らすことができるからです。

また、発毛剤の量を減らしつつ育毛剤を併用してもいいです。

個人輸入を用いれば発毛剤の方が安い

有効成分ミノキシジルを含むリアップは、ドラッグストアやネット通販を通して購入が可能です。

ドラッグストアやネット通販での購入では、買うためにいくつかの条件があります。

ドラッグストアでの購入では薬剤師との相談(面談)を受け、購入の許可がおりたら、買うことが可能になります。

面談ではそれほど細かい内容を聞かれるわけではなく、ミノキシジルを使用してはいけない人に提供しないようにするために年齢や性別、健康状態など簡単な質問がされます。

また、ネット通販での購入では、薬剤師からの質問と同様、注文後店舗から来る「健康状態などに関する質問」に返信することによって買うことができます。

リアップは有名なネット通販であるアマゾンや楽天などでも購入が可能です。

ただし、リアップの値段は6000~7000円/1本(1か月分)程度と値段は高いです。

そこで、私はオオサカ堂などの個人輸入を通して、リアップの有効成分(ミノキシジル)が配合されている「カークランド」という商品を買い、使用しています。

カークランドは海外製の発毛剤である「ロゲイン」のジェネリック医薬品であるため、非常に安い価格で購入することができます。値段は、1か月分が1本1500円程度です。

以下が私が使用しているカークランドの外観写真です。

なお、もう一つの発毛剤として有名なプロペシアは皮膚科や育毛クリニックで受診時に入手することが可能です。しかし、皮膚科や育毛クリニックでの購入ルートでは、1ヶ月分が8000円程度と約1万円弱かかります。

しかし、個人輸入によってプロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシアなどを購入すれば、1mg錠(100錠:約3か月強分)が3000円程度とこちらも非常に安い価格で購入することができます。

一方、育毛剤であるチャップアップやブブカ、ポリピュアXなどの人気商品は、ネット通販によりおおよそ7000円程度(1か月分)で購入が可能です。

そのため、個人輸入により購入する発毛剤よりも育毛剤の購入は若干高い価格となっています。

しかし、発毛剤と育毛剤を併用することをおすすめします。これは「薄毛治療への高い効果の維持」「コスパ上昇」「副作用の低減」につながるためです。

発毛剤・育毛剤と育毛シャンプーの違い

発毛剤・育毛剤に加えて、薄毛治療のための製品として有名なものに育毛シャンプーと呼ばれるものがあります。

発毛剤・育毛剤と育毛シャンプーの大きな違いは、「塗ったり飲んだりすることで直接頭皮に働きかける」か「シャンプーとして使用する」かにあると思います。

つまり、発毛剤・育毛剤では、有効成分を塗り込むか飲むことにより頭皮の細胞に直接働きかけます。一方で育毛シャンプーではシャンプーを行う際にシャンプー中の有効成分を洗い流してしまうため、育毛シャンプーの方は発毛剤・育毛剤よりも薄毛治療への効果は低いです。

発毛剤・育毛剤では、薄毛治療に期待できる効果は「発毛もしくは発毛促進効果」「育毛」「抜け毛予防」です。

一方で、育毛シャンプーではこれらの中でも「抜け毛予防の効果」のみを高めます。

しかし、やはり洗い流してしまうことが大きな原因となり、薄毛治療に期待できる効果は低いです。

シャンプーの選定では有効成分の有無よりも、きちんとした洗浄を行うことの方が重要であり、育毛シャンプーを使用するとしてもあくまで気休めです。ゲン担ぎ程度の効果であることを理解しましょう。

育毛シャンプーと発毛剤・育毛剤を組み合わせは気にしなくて良い

頭皮環境を整えた上で、さらに発毛剤・育毛剤を使用することで、はじめて発毛剤・育毛剤の薄毛治療への効果を高めることができます。

また育毛シャンプーの有効成分としては、育毛剤と近いような天然由来成分のセンブリエキス、ノコギリヤシエキスなどが配合されていることが多いです。

しかし、洗い流してしまうため、薄毛治療への効果が低いです。

「育毛シャンプーの使用」と「発毛剤・育毛剤の使用」を組み合わせてもいいですが育毛シャンプーの効果が低いことを考えると、育毛シャンプーは使わなくてもいいです。

育毛シャンプーの使用よりも、発毛剤・育毛剤の選定に力を入れることが薄毛治療への近道といえます。

育毛シャンプーの副作用はほとんどない

育毛シャンプーは薄毛治療への効果が薄い分、副作用もほとんどないです。

ただし、育毛シャンプーに多くみられる爽快系(スースーするもの)のシャンプーを使用することは避けた方がいいです。

スースーすることはつまり、頭皮の熱を奪っていることを意味します。つまり、頭皮は急激に冷やされています。皮膚が急激に冷やされると皮膚に刺激(負担)が与えられるため、血の流れが悪くなるたって抜け毛が増え、薄毛が進む傾向にあります。

そのため、爽快系(スースーするもの)のシャンプーは使用しないようにしましょう。

また通常のシャンプーでも同じですが、頭皮に悪影響を及ぼす可能性が高いといわれる「石油系のシャンプー」「パラベン含有のシャンプー」はできる限り使用を控えましょう。

育毛シャンプーは割高である

育毛シャンプーとしてはいくつかの種類がありますが、およそ1000~2000円(1か月)程度です。一般的なシャンプーの価格である500円~1000円(1か月)よりも、割高です。

育毛シャンプーを使用することで効果があると思い込むことができる人はプラシーボ効果(思い込みによる効果)によって、若干薄毛治療に効果がでるかもしれません。

ただ、発毛剤・育毛剤によるの薄毛治療への効果の方がより期待できるため、薄毛治療のコスパを上げるためには、通常のシャンプーで問題無いでしょう。例えば、以下のようなシャンプーになります。

私自身は発毛剤・育毛剤の使用をしましたが、シャンプーはパンテーンやいち髪などの市販品を使用しています。ただ、発毛剤や育毛剤を活用しているため、きちんと薄毛治療の効果が見られました。

まとめ

発毛剤・育毛剤や育毛シャンプーの違い、副作用、効果について解説しました。

薄毛治療に効果があるのは、発毛剤・育毛剤であり、育毛シャンプーはほとんど効果がありません。

このとき、発毛剤の購入ルートは個人輸入にしましょう。正規ルートでは非常に高額であり、個人輸入でなければ続きません。そうしたうえで育毛剤を併用しましょう。

発毛剤と育毛剤の併用することは「薄毛治療への効果上昇」「コスパの上昇」「副作用の低減」につながるためにおすすめです。

また、発毛剤と育毛剤の使用のバランスは個人差によりますが、可能であれば「薄毛治療への効果を得つつ、副作用を減らすことができる」ように、育毛剤の使用量の割合を上げた方が良いです

発毛剤と育毛剤の使用量のバランスの調整を各自でおこない、最適化することでハゲを改善していきましょう。