あなたは、毛細血管は減少するという事実を知っていますか? 実は、私たちの体内を流れる毛細血管は加齢やストレスによって年々減少しています

毛細血管は、体内のいたるところを流れていて身体の隅々に栄養や酸素を運んでいます。そして、毛細血管が丈夫であれば栄養や酸素が身体全体に行きわたるので、年齢に関係なく身体は若々しさを保つことができます。

一説には血管の99%は毛細血管といわれており、その全体の長さは約10kmにもおよびます。毛細血管の太さは動脈の1000分の1程しかありませんが、その細い毛細血管の中を血液がスムーズに流れることで、私たちの身体は健康に保たれているのです。

しかし、毛細血管は加齢と共に減少していき、60歳を過ぎると約40%も減少するといわれています。また、このとき頭皮の毛細血管が年齢に関係なく早く減少してしまうと、毛根奥の毛母細胞に栄養が行き届かなくなり脱毛も急速に進んでしまいます。

そうならないためにも、日頃から毛細血管が減少しにくい体質づくりを目指すことが大切です。しかし、もし毛細血管がすでに減少してしまったとしても、心配することはありません。なぜなら、減少した毛細血管には再生させる方法があるからです。

毛細血管が再生することは、医学的にも認められています。もし、自分は頭皮の血行が悪くて抜け毛の数も最近増えてきているなと感じていたら、明日から毛細血管が蘇る方法を実践して毛細血管が再生させるようにしていきましょう。そうすることで、髪の毛の再生にも可能性が見えてくるはずです。

ここでは、毛細血管が減少するメカニズムとその防止法、そしてどのようにすれば毛細血管が再生されるのかについて説明していきます。

毛細血管の仕組みを理解する

毛細血管の構造は、動脈や静脈とは違います。動脈や静脈は、血管内部がいくつかの層になっていますが、毛細血管は血管壁と血管内皮の2層のみでできています。毛細血管は血管壁が薄いために、酸素や二酸化炭素、白血球などの物質を簡単に通すことができます。こうして、毛細血管周辺の細胞とさまざまな物質のやりとりをしているのです。

毛細血管のこのような働きによって、酸素や栄養が身体の隅々までに送られることで全身の細胞は活動することができます。

ただ、毛細血管はその細さゆえに一旦血液がドロドロになると、血液の流れが悪くなりやすい血管でもあります。毛細血管を電子顕微鏡で見ると、血管内を赤血球が流れていることが確認できます。血液がサラサラな人の流れは早くてスムーズですが、少しでも血液がドロドロになると流れも遅くなり、血管内を赤血球がやっと流れていることも確認できます

身体中の毛細血管の流れが悪い状態であれば、各細胞への酸素や栄養の供給も悪くなり体調不良や病気も引き起こされやすくなります。頭皮の毛細血管がそのような状態であれば、当然ながら髪の毛の成長が悪くなったり抜け毛も増えたりします。

このような状態を避けるためにも、血液の流れは常に良くしておくことが大切です。

毛細血管は減少する

毛細血管は、加齢やストレスによって減少します。毛細血管が減少すると、身体の隅々まで酸素や栄養が行きわたらなくなるので、さまざまな問題が引き起こされやすくなります。

毛細血管が減少することで、体内の大切な臓器や脳までにも悪影響を及ぼしてしまいます。その結果、内臓の病気や認知症も発症してしまうのです。頭皮の毛細血管が減少すると、ハゲが進行してしまうということになります。

毛細血管が減少するメカニズム

毛細血管が減少するメカニズムは、次のように説明できます。

1. 健康な毛細血管の血管壁と血管内皮はしっかりと接着していますが、加齢とともに接着部分がゆるくなると血液が漏れ出してしまい血管の劣化につながってしまします。

2. その状態が進むと、血管そのものは残っていたとしても血液の流れが完全に止まってしまします。このような状態になった血管を「ゴースト血管」と呼んでいます。最悪の場合は、血管そのものが消えてなくなります。

このようにして、毛細血管は減少します。

しかし、日頃から血液の流れが十分にあれば血管の内部もしっかりとくっついているので、血液が漏れたり劣化したりしにくくなります。

また、毛細血管がゴースト化してしまうとガンのリスクも高まります。実は、ガン細胞の周辺は血液やリンパの流れが悪くなっていて、毛細血管のゴースト化が進んでいる場合がよくあります。血液やリンパの流れが悪いために、その状態を修復するために細胞分裂を繰り返すとガン細胞になるのです。

毛細血管が減少すると、どのような症状となって表れるのか

毛細血管が減少すると、身体に次のような症状が表れます。

1. 肌トラブルの増加

毛細血管が減少することで、最も影響を受けやすいところが肌です。肌下には、毛細血管が張り巡らされているので、毛細血管の減少がシミやたるみ、しわの原因となります。また、唇が荒れやすくなったりもします。

2. 抜け毛の増加

頭皮の毛細血管の減少が、髪の毛の成長に悪影響を与えます。

3. 冷え性

血流不足が、体温を下げ冷え性や低体温などを招きます。

4. 爪の色が白くなる

血行不順の人によく見られる症状です。

5. 舌の色が赤黒くになる

血液不足だと、舌の色が赤黒い紫色になります。この状態を、東洋医学では「瘀血(おけつ)」と呼んでいます。

毛細血管が減少しやすくなる生活習慣とは

毛細血管が減少する主な理由は、加齢とストレスです。しかし、同じような年齢であったり、やはり同じようなストレスをかかえている同年代の人全員の毛細血管が、同じように減少しているわけではありません。

その違いはどこから来るかというと、食事や生活習慣です。同じような年齢や生活環境にあっても、食事や生活習慣が違っていると毛細血管や健康状態は同じようにはなりません。これは、ハゲの進行状況にも当てはまります。

毛細血管が減少する食事と生活習慣

毛細血管が減少する原因は食事と生活習慣ですが、それらは以下の通りです。

1. 脂肪や塩分の多い食生活

2. 野菜不足

3. バランスの悪い食事

4. 喫煙

5. 運動不足

6. 寝不足などによる血行不順

以上の要因は、そのままハゲの進行ばかりか、健康を損ねることにもつながることは明らかです。食生活や生活習慣を改善することは、毛細血管を減らさないためにも、健康維持のためにも、そして育毛対策にとっても、それら全ての基本となる極めて大切なことなのです

毛細血管を再生させるためにはどのよう方法があるのか

毛細血管は加齢やストレスによって減少しますが、それは食事や生活習慣の影響を大きく受けるからであることはわかりました。食事や生活習慣を改めながら、次に紹介することを実践することで毛細血管が再生されていきます。そうすることで、結果的に髪の毛の成長にもつながっていくのです。

毛細血管を増やす方法

減少してしまった毛細血管や、ゴースト化した毛細血管を再生するには、次の方法があります。これらを毎日の生活に取り入れることで、毛細血管を増やして健康と髪の状態をよくしていきましょう。

1. 有酸素運動を行う

ウォーキングや水泳、自転車などの有酸素運動を毎日20~30分行うと、眠っていた毛細血管が再生されたり、新しい毛細血管が作られるようになります。すると、それらの新しい毛細血管が酸素や栄養を身体の隅々の細胞までに運ぶようにもなります。

2. バランスのよい食事をとる

毎日の食事内容を見直して、栄養バランスのとれた食事に切り替えます。同時に、インスタント食品やレトルト食品、ジャンクフードやスナック菓子などもなるべく食べないようにします。

3. 青魚や納豆を毎日食べる

イワシやサバなどの青魚や納豆には、血流を改善する効果があることはよく知られているので、なるべく毎日食べるようにします。血流改善は、新たな毛細血管再生には不可欠です。

3. ぬるま湯のお湯で入浴する

38~40度位の少し温度が低いお湯に長く浸かることで、血流がよくなります。できれば、15分位はお湯に浸かるようにすると効果的です。

4. 質の高い睡眠をとる

質の高い睡眠は、身体の修復や再生にとって欠かせません。特に、髪の毛の成長は22:00から26:00までの間に行われますので、なるべく早く睡眠に入るようにします。最低でも6時間以上、できれば7時間位の睡眠をとるようにします。

5. シナモンを摂取する

日本の有名な化粧品メーカーが、毛細血管の強化・再生に効果がある食材を調べた結果、シナモンがいいことが判明しました。シナモンは、もともと漢方の「桂皮(けいひ)」としても用いられていました。桂皮エキス0.6gを摂取すると、毛細血管の若返りに効果が認められました。

シナモンは、シナモンパウダーとしてスーパーの調味料売り場で簡単に手に入ります。だた、シナモンの過剰摂取は肝臓に障害を起こす危険性がありますので、1日1グラム以下にとどめるようにします。摂取する際は、成長ホルモンが分泌される就寝前がいいでしょう。

6. ルイボスティーを飲む

ルイボスティーは、南アフリカ原産のお茶です。最近は、スーパーや通販でも簡単に購入することができます。ルイボスティーには、毛細血管強化・再生の効果も期待できます。また、「SOD」という抗酸化成分が含まれているので、南アフリカでは昔から「不老長寿のお茶」とも呼ばれています。

7. 呼吸法の実践

ストレスが、毛細血管減少の原因の1つであることは説明しました。ストレスを減らすための効果的な方法に「呼吸法」があります。呼吸法といってもさまざまなやり方がありますが、おススメの呼吸法があります。

それは、腹式呼吸です。この腹式呼吸を目を閉じて行うと、瞑想と同じ効果を得ることができます。

目を閉じた状態で、鼻から5秒かけて息を吸いますが、その際息をお腹を膨らませながら吸います。お腹に息をとどめた状態で息を5秒間止めます。今度は、お腹をへこませながら口から息を5秒間にわたって吐きます。

この呼吸法を20回も行うと、脳波が「アルファ波」に変わります。脳波がアルファ波に変わると、人間がリラックスした状態になるので、ストレス軽減にも役立ちます。

この呼吸法は、スポーツ選手の「イメージトレーニング」の際にも行われたりします。イメージトレーニングは、腹式呼吸を繰り返して脳波がアルファ波に変わったところで、自分が望む結果が実現された状態をイメージすることで、そのイメージが実現するとされる方法です。

もし、あなたが腹式呼吸法を実践するのであれば、脳波がアルファ波に変わったところで「毛穴から髪の毛が生えてきた」状態を、イメージしてください。そして、そのような状態の髪の毛に満足している自分をイメージすると、発毛効果も倍増します。その位、本来イメージの力は強いのです。

以上のように、私たちにとって毛細血管が減少することは、ハゲにとっても健康維持にとってもよくありません。日頃から正しい食事や生活習慣を心がけて、毛細血管を強化して丈夫で長持ちな血管を維持できるようにしていきましょう。