AGA(男性型脱毛症)に悩むあなたは発毛剤(医薬品)・育毛剤(医薬部外品)の使用や生活習慣の改善を試みるでしょう。ただ、子作りを考えている場合は発毛剤や育毛剤の使用を気を付けた方が良い場合があります。

子作りを考えている場合、女性側だけでなく男性側(旦那側)の体質や健康状態も妊娠できるかどうかに影響を与えます。つまり、子供ができない原因が男性側にある場合があります。

男性側が原因で子供ができない場合、精子の質や量が低下していることがあります。精子の質や量が低下は、特定の有効成分の発毛剤(医薬品)を使用していることが原因となっているケースがあります。

ここでは、妊活中に男性が「有効成分ミノキシジルを含む発毛剤」「有効成分フィナステリドを含む発毛剤」「育毛剤(医薬部外品)」を使用しても大丈夫なのか? また使用はいつまでなら大丈夫なのか? ということについて詳しく解説していきます。

妊活中に男性はミノキシジルを含む発毛剤を使用しても大丈夫なのか?

発毛剤として有名なリアップやロゲインに含まれる有効成分ミノキシジルは薄毛治療に効果があります。厚生労働省からも認可済です。

それでは医薬品である発毛剤(有効成分:ミノキシジル)は妊活中に使用しても問題ないのでしょうか? 有効成分の胎児への影響はあるのでしょうか?

結論としては、妊活中の男性はミノキシジルの使用は控えた方が良いです。これはミノキシジルの副作用として、精力の低下や勃起不全(ED)になる場合があるからです

重度の勃起不全(ED)になると、そもそも妊娠するために必要な精子自体を女性に提供することができなくなります。

また、軽度の勃起不全(ED)であり、精子を提供すること自体はできたとしても精子の質や量が低下している場合があります。結果として、力が弱まった精子では受精できない可能性が高まります。

つまり、ミノキシジルを使用することで妊娠の可能性が低くなる場合があるため、子作り中の男性は使用を控えましょう。

また、巷ではミノキシジルの使用により奇形児が生まれるというリスクがあるという口コミもあります。ただ、本当にミノキシジルの影響により奇形児が生まれているかどうかは科学的には証明されていません。

ただ、子作り中では胎児に影響を与える可能性がある懸念材料は減らした方が、安心して妊活に取り組むことができます。そのため、子作り中はミノキシジルの使用は控えた方が良いです。

男性不妊で悩んでおり、ミノキシジルを使用している方は、特に使用を控えましょう。

妊活中の男性はいつからミノキシジルの使用を控えると良いのか?

塗り薬としても飲み薬(ミノキシジルタブレット)としてもミノキシジルを使用している場合は、性行為を行う最低でも2週間以上前から服用をやめると良いです。

塗り薬では頭皮からミノキシジルが浸透し、血液中に入りこむことで細胞に働きかけ、薄毛治療の効果が表れます。一方、飲み薬ではミノキシジルを直接内服することで、薄毛治療の効果が表れます。

塗り薬でも飲み薬でも、血液中のミノキシジルの濃度が高くなると薄毛治療への効果がよくなります。ただ、薄毛治療への効果が高まる一方で、副作用である勃起不全(ED)や精力の減退が起こるリスクも高まります。

そのため、性行為を行う前からミノキシジルの使用を控えた方が良いです。

また、ミノキシジルは「塗り薬の場合はハゲている部分(患部)に1日2回塗る」、「飲み薬の場合は1日5mg程度服用する」ことが一般的な規定量です。規定量を守って使用することで薄毛改善への効果が得られます。

つまり、「塗り薬の場合は1回塗ると半日の期間」だけ、「飲み薬の場合では5mgの服用で1日の期間だけ」、血液中のミノキシジルの濃度が薄毛治療に効果的な値だといえます。

そのため、ミノキシジルの濃度が「薬を使用していない状態(濃度が濃くない状態)」と同程度になるためには、最低でも塗り薬の場合は半日、飲み薬の場合は1日かかります。

つまり、血液中の高い濃度のミノキシジルが精子に悪影響を与える可能性があるため、服用してから濃度が薬を使用していない状態となるまでのは、1日以上の期間を、性行為をするまでに開けた方が良いです。

私は子づくりの2週間前から発毛剤(医薬品)の使用を中断した

私自身も「ミノキシジル」「フィナステリド」という2種類の発毛剤を使用している中で、子作り活動を行いました。私自身の経験では、性行為の2週間前から「ミノキシジル」「フィナステリド」の使用を完全にやめました。

薬を使用しているとき、私は勃起不全(ED)気味であったのですが、完全にやめてからは勃起不全も治り、子作りもうまくできました。そして、幸いなことに奇形児ではない、元気な子供を授かりました。

また、髪の方も「ミノキシジル」「フィナステリド」の使用をやめる前、薄毛改善されていました。ただ、使用を中断しても育毛剤を適切に活用していたので薄毛に戻ることはありませんでした。

薄毛改善の効果は保ちつつ、子づくりに影響を与えなかった経験から、子作りの2週間以上前から「ミノキシジル」の使用をやめると良いと、私は考えています。

先にも述べましたが血液中のミノキシジル濃度は、ミノキシジル使用後1日たてば、元の薬を使用していない状態の濃度にもどります。

ただ、人によってはミノキシジルの長期間にわたる使用により、精子の質自体が下がっている場合もあります。そのため、使用をやめてから子作りを行うまでの期間は、1日といわずに可能な限り長くしましょう。私の場合は2週間で問題なく、子作りができました。

ただ、「ミノキシジル」「フィナステリド」を使用することでの胎児への影響が怖いものの、薄毛改善効果も得たい場合、育毛剤(医薬部外品)を使用した方が良いです。

「ミノキシジル」「フィナステリド」などの発毛剤(医薬品)と同等とはいかないまでも、薄毛改善効果があります。そして、妊活への悪影響を与えることがありません。

そのため、妊娠を最優先に考える場合は、育毛剤(医薬部外品)を使用しましょう

妊活中に男性はフィナステリドを使用しても大丈夫なのか?

薄毛治療に効果が高い有効成分には「ミノキシジル」だけではなく「フィナステリド」があります。この2種類は「発毛に効果がある」と厚生労働省より認可されています。フィナステリドを含む有名な製品はプロペシアです。

フィナステリドは抜け毛の原因となる男性ホルモン(ジヒドロテストステロン(DHT))の生成を抑制する薬であり、副作用としては「精力の低下」や「勃起不全(ED)」が挙げられます。これは、ミノキシジルと同様の副作用です。

フィナステリドは女性(特に妊娠中の女性)は服用してはいけません。女性にもAGA(男性型脱毛症)はあるのですが、男性のAGAとは起こるメカニズムが異なり、フィナステリドを服用しても薄毛改善への効果がないからです。

さらに、妊娠中の女性がフィナステリドを服用した場合、胎児の性器がうまく形成されないリスクが高まります。妊娠中の女性は絶対に服用してはいけません。

一方で男性については、子作りのときに男性がフィナステリドを服用していても、胎児の生殖器発達に及ぶことはないです。

ただ、フィナステリドを男性が服用することによる精力の低下や勃起不全(ED)が起こると、「子作り自体ができない」「子作りができても精子の質が低下していて妊娠ができない」という場合があります。

こうした懸念から、妊娠前の男性はフィナステリドを服用することは控えましょう

子作り中では男性側、女性側ともにデリケートになっている場合が多いです。そのため、安心して妊活に取り組むために、子作り中はプロペシアの使用は控えた方が良いです。

男性不妊で悩んでおり、フィナステリドを使用している方は、特に使用を控えましょう。

妊活中の男性はいつからフィナステリドの使用を控えると良いのか?

フィナステリドを使用している場合も同様に、性行為を行う最低でも2週間前から服用をやめると良いです。

血液中のフィナステリドの濃度が高くなると薄毛治療への効果が高まります。ただ、その分副作用である勃起不全(ED)や精力の低下が起こるリスクも高まります。そのため、子作りを行う前から服用を控えた方が良いです。

フィナステリドの使用量、使用頻度は基本的には「1日1mgを毎日服用すること」で薄毛改善への効果が得られます。

つまり「1mgの服用で1日の期間だけ」血液中のフィナステリドの濃度が薄毛治療に効果的な値になります。フィナステリドの濃度が使用していない状態(濃度が薄い状態)と同程度になるためには1日ほどかかります。そのため、服用中止から1日以上あけて子作りをするといいです。

ただ、より確実な妊娠を希望する場合はミノキシジルと同様に2週間以上をあけるといいです。

なお、ミノキシジルの使用と同様に、人によってはフィナステリドを長期間の服用することによって精子の質自体が下がっている場合もあります。

また、フィナステリドを保管する場所については十分に注意しましょう。特にコスパを上げようと、服用量を規定量より減らすために半分に切って服用している方は、その粉を女性が吸い込む危険性が増します。

女性が粉を吸うと奇形リスクが高まるので非常に危険です。

以下のような保管容器に入れたり、切った後の錠剤の粉が舞わない場所に保存したりしましょう。

妊活中に男性は育毛剤(医薬部外品)を使用しても大丈夫なのか?

発毛剤(医薬品)とは異なり、育毛剤(医薬部外品)の有効成分は「オウゴンエキス」「ノコギリヤシエキス」「トウガラシエキス」などの天然由来成分です。有効成分は製品によって大きく異なりますが、天然由来成分で副作用がほとんど無いことが共通しています。

そのため、妊活男子でも育毛剤は使用しても大丈夫です。これは、育毛剤の副作用として精力への悪影響を与えることが少ないからです。

ただ、薄毛治療の製品に知識がない方は、発毛剤(有効成分:ミノキシジルやフィナステリドなどの医薬品)と育毛剤(医薬部外品)を勘違いしている場合があります。そのため使用する製品について、妊活中でも使用して問題ないのかを理解するようにしましょう。

例えば、リアップやプロペシアは発毛剤(医薬品)であり、チャップアップ、ブブカ、イクオス、ポリピュアEXなどは育毛剤(医薬部外品)にあたります。

育毛剤は発毛剤ほどではないですが、薄毛治療への効果はあります。特に軽度から中程度の比較的生えやすい頭頂部の薄毛改善には育毛剤でも効果が出る場合が多いです。さらに、妊娠に悪影響を与える副作用がほとんど無いです。

そのため、妊活中は発毛剤(医薬品)の使用は控え、育毛剤(医薬部外品)を使用すると良いです

まとめ

妊活中に男性が「有効成分ミノキシジルを含む発毛剤」「有効成分フィナステリドを含む発毛剤」「育毛剤(医薬部外品)」を使用しても大丈夫なのか? また使用はいつまでなら大丈夫なのか? ということについて解説しました。

リアップなどのミノキシジルを含む発毛剤やプロペシアなどのフィナステリドを含む発毛剤(医薬品)は、妊活中は使用を控えた方が良いです。これは、副作用による勃起不全(ED)や精子の質や量の低下が起こる場合があるからです。

ミノキシジルやフィナステリドの血液中の濃度は、使用後1日立てば元の薬を使用していない状態に戻ります。ただ、長期間ミノキシジルやフィナステリドを使用した場合に精子の質の低下が起こるリスクがあります。

もし、精子の質の低下が起きていた場合、改善されるまでに要する時間は科学的に解明されていません。そのため、精子の質の低下のリスクも考慮した場合、ミノキシジルやフィナステリド使用から性行為までの期間はできる限り長くした方が良いです。

私自身の経験も踏まえて、最低でも子作りを行う2週間以上前までにはミノキシジルやフィナステリドの使用をやめた方が良いです。

これに対して育毛剤では、発毛剤でおこるリスクの勃起不全(ED)や精子の質や量の低下は起こりません。また、薄毛改善効果は発毛剤と同等とまではいかないものの薄毛改善への効果があります。

そのため、妊活中は胎児への影響を優先して考え、発毛剤(医薬品)ではなく育毛剤(医薬部外品)の使用に切り替えましょう。