「育毛剤を使用している」もしくは「育毛剤の使用を考えている」あなたは、育毛剤を使用することで体毛が濃くなるという噂を聞いたことがないでしょうか?

体毛が濃くなりすぎる症状のことを別の言い方で多毛症とも呼びます。

育毛剤を使用することで髪の毛が増え、薄毛が改善されるのは嬉しいですが、その分多毛症になったら嬉しさが減ってしまいますよね。

育毛剤は髪の毛の量を増やす効果があるために、他の部分の毛も濃くなる可能性があるように思えます。本当に育毛剤を使用することで多毛症になるのでしょうか?

ここでは「育毛剤を使用することで多毛症になるのか?」「多毛症になるリスクがある製品」について詳しく解説していきます。

育毛剤(医薬部外品)を使用することで多毛症になるのか?

結論から言いますと、育毛剤(医薬部外品)を使用しても多毛症にはなりません。

育毛剤(医薬部外品)は、基本的に塗るタイプであり、塗布する患部(ハゲている部分)の薄毛を改善する効果が期待できます。

ただ、塗布した周辺部位の血行が良くなり、若干毛が濃くなる可能性はあります。ただ、他人がみて明らかに毛深くなるような変化や全身の毛が非常に濃くなる多毛症は起こりません。

これは、育毛剤の有効成分は基本的に天然由来成分であり、塗布したところの薄毛を改善する効果は期待できても、同時に全身の毛まで濃くしてしまうほどの発毛・育毛効果はないからです。

発毛剤の中のミノキシジルタブレットを使用すると多毛症が起こる

育毛剤(医薬部外品)に似ている薄毛治療の製品として、発毛剤(医薬品)があります。

発毛剤は医薬品であるために、基本的に副作用が大きいです。発毛剤(医薬品)の中でも有効成分がミノキシジルと呼ばれるものは発毛効果が高いです。

特に、有効成分ミノキシジルを含む内服薬である「ミノキシジルタブレット(通称:ミノタブ)」を服用すると、全身の毛が濃くなる多毛症が起こる可能性があります。

内服薬としてミノキシジルを摂取すると、血液中のミノキシジル濃度が濃くなります。高い血液中の濃度のミノキシジルが頭皮の細胞に働きかけることで、頭皮の毛が濃くなります。

ただ、血液は全身を回っているために、頭皮以外のあらゆる部位の毛を濃くする可能性があります。結果として毛が非常に濃くなる多毛症が起こる可能性があります。

非常に発毛作用が高いミノタブですが、体の毛が濃くなる副作用があることを認識した上で使用しましょう。

多毛症にどうしてもなりたくない場合は、育毛剤(医薬部外品)を使用した方が良いです。

私自身の検証ではミノキシジルタブレットの使用で体毛が濃くなった

私自身もミノキシジルタブレット(通称:ミノタブ)を使用しており、使用してから半年ほど経ちましった際に本当に体毛が濃くったと実感しました。

ミノタブを使用することで、私自身の頭皮の薄毛も改善されました。同時に副作用で頭皮以外の体毛も濃くなりました。

濃くなった部位は、ひげ、腕毛、すね毛などです。他にも、使用前は生えていなかった胸毛なども生えてきました。

また、2ChやYahoo知恵袋などの掲示板での口コミも調べてみたところ、ミノキシジルタブレットを使用することで、ひげや腕毛、すね毛、胸毛などが濃くなったとの意見が多々ありました。

人によっては、手の甲や指、背中や腰回りの毛なども濃くなる人もいるようです。

そのため、薄毛を改善するための効果だけでなく、多毛症になるなどの副作用が起こらないことも、薄毛治療の製品の選定にいれましょう。

ミノタブの服用で体毛が濃くなった時の対処方法

ミノタブの服用により、体毛が濃くなったとしてもきちんと対処することで体毛を薄くすることができます。体毛を薄くすることはできますが、労力と時間がかかってしまうために、基本的には多毛症が起こらないようにする方がいいです。

すでにミノタブの服用をしており、多毛症が起きている人のために、参考までに体毛を薄くする方法を以下で確認していきます。

ミノタブが原因で濃くなった体毛を薄くする方法は、元から体毛が濃い人が薄くする方法と同じ方法です。

①レーザー脱毛をする

皮膚科やクリニックに通い、レーザー脱毛することで簡単に体毛を薄くすることができます。多少コストはかかりますが、時間をかけずに体毛を薄くしたい方にはおすすめです。

また、皮膚科やクリニックに通うことに抵抗がある人は、家庭用のレーザー脱毛器が売っています。

クリニックなどのレーザー脱毛と比較すると1回使用時の効果は劣りますが、低価格でかつ比較的安全に体毛を薄くすることができます。

②毛を剃る・抜く

対処療法ですが、毛を剃ったり、抜いたりすることで一時的に体毛が薄くなったように見せることができます。

ただし、ミノタブを飲み続けている場合は、体毛が濃くなり続けるために、定期的に気になる部分の体毛を剃ったり、抜いたりすることが必要になります。

ミノタブを飲み続けながら体毛を薄くしたい場合は、レーザー脱毛しましょう。

③ミノタブの服用をやめ育毛剤に切り替える

ミノタブを服用することで一時的に体毛は濃くなります。ただ、ミノタブの服用をやめ、一定の期間が経つと元の毛の濃さに戻ります。

ミノタブを服用することで体毛の発毛環境が整ってしまったために、体毛が濃くなっていました。ただ、体質自体が変化したわけではないため、服用をやめて、一定期間たち濃くなった体毛が抜け落ちましたら、体毛が薄く戻ります。

ただ、ミノタブの服用をやめると髪の毛も服用前の状態に戻るため、ミノタブの服用から育毛剤に切り替えると良いです。

薄毛改善効果はミノタブほどとまではいかないですが高く、かつ多毛症が起こらない育毛剤を使用していきましょう。

ミノタブでは他にも強い副作用がある

有効成分フィナステリドでは多毛症は起こらないが副作用が出る可能性あり

発毛剤(医薬品)に分類される製品の有効成分として有名なものに「フィナステリド」と呼ばれるものもあります。

フィナステリドを有効成分として含む製品にはプロペシアやフィンペシアが挙げられます。

フィナステリドは主にAGA(男性型脱毛症)の原因の男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制することで薄毛を改善します。

そのため、発毛効果が強いミノキシジルとは異なり、多毛症になる心配はありません。

ただ、フィナステリドを服用すると精力の低下や勃起不全(ED)という副作用が起こる可能性があります。そのため、多毛症が起こらなくても他の副作用が起こるリスクがあるフィナステリドを使用する前に、育毛剤(医薬部外品)を使用することがおすすめです。

まとめ

ここでは「育毛剤を使用することで多毛症になるのか?」「多毛症になるリスクがある製品」について解説しました。

育毛剤(医薬部外品)を使用しても、多毛症になることはありません。

多毛症になるリスクがある製品はミノキシジルタブレットと呼ばれるものです。ミノキシジルタブレットは内服薬であり、発毛効果が強いです。そのため、薄毛改善に高い効果がありますが、同時に血液にのって有効成分のミノキシジルが体中に運ばれるために多毛症になる可能性があります。

私自身もミノキシジルタブレットを服用しており、実際にひげや腕毛、すね毛が濃くなりました。他の2Chやyahoo知恵袋などの掲示板により口コミでも実際に多毛症になっている人が多くいます。

そのため、多毛症のリスクが気になる人は、ミノキシジルほどの効果はないまでも高い薄毛改善の効果があり、かつ多毛症のリスクが全くない育毛剤(医薬部外品)を使用するといいです。