「育毛剤を使用している」もしくは「育毛剤の使用を考えている」あなたは、育毛剤を使用することで体毛が濃くなるという噂を聞いたことがないでしょうか?

体毛が濃くなりすぎる症状のことを多毛症と呼び、ひげやすね毛などだけではなく、胸毛や腹毛など多くの部分から濃い毛がでてきます。育毛剤を使用することで髪の毛が増え薄毛が改善されるのは嬉しいですが、多毛症になったら見栄えが悪くなるため、嬉しさも半減します。

それでは、本当に育毛剤を使用することで多毛症になるのでしょうか?

ここでは「育毛剤を使用することで多毛症になるのか?」「体毛が濃くならないようにするための対策」について詳しく解説していきます。

育毛剤(医薬部外品)を使用することで多毛症になるのか?

結論から言いますと、育毛剤(医薬部外品)を使用しても多毛症にはなりません。

育毛剤(医薬部外品)は基本的に塗るタイプであり、塗布する患部(ハゲている部分)のみの薄毛を改善する効果が期待できます。

ただ、塗布した周辺部位の血行が良くなり若干毛が濃くなる可能性はありますが、他人がみても明らかに全身の毛が非常に濃くなる多毛症は起こりません。

それでは、なぜ育毛剤を使用すると多毛症が起こるという噂があるのでしょうか?

発毛剤(医薬品)でも塗るタイプでは多毛症が起こらない

育毛剤(医薬部外品)に似ている薄毛治療の製品として、発毛剤(医薬品)があります。

発毛剤の有効成分は「ミノキシジル」と「フィナステリド」に大きく分類されます。ミノキシジルは主に発毛・育毛能力を高めることで、フィナステリドは主に抜け毛を減らすことでハゲを改善します。どちらの有効成分も高い薄毛治療の効果があり、厚生労働省からも認可済です。

さらに、ミノキシジル配合製品は塗るタイプと飲むタイプにわけることができます。

例えば、塗布するミノキシジル含有製品では、日本製では「リアップ」、海外製では「ロゲイン」「カークランド(ロゲインのジェネリック医薬品)」などが有名です。

私自身もカークランドの使用経験があり、実際に薄毛が改善されました。

以下のような製品です。

ただ、塗るタイプのミノキシジルを使用しても多毛症は起こりません。育毛剤(医薬部外品)と同様に、塗るものでは頭皮付近の育毛が促進されるためです。

フィナステリドでも体毛は濃くならない

ミノキシジルタブレットでは多毛症が起こる

このように塗布する育毛製品全般では多毛症は起こりません。

ただ、飲むタイプのミノキシジルである「ミノキシジルタブレット(通称:ミノタブ)」を服用すると、全身の毛が濃くなる多毛症が起こります。

ミノタブの外観は以下の通りです。

中身は錠剤になっており、明確な規定量はないですが、1日あたり5mgを目安に摂取すると薄毛改善に効果があります。

以下のようなものです。

内服薬としてミノキシジルを摂取すると、血液中のミノキシジル濃度が濃くなり頭皮の細胞に働きかけることで、頭の毛が濃くなります。

ただ、血液は全身をめぐるため、頭皮以外のあらゆる部位の毛を濃くします。結果として毛が非常に濃くなる多毛症が起こりやすくなります。

私自身もミノタブの使用経験もあり、塗るタイプよりもさらに高い薄毛治療効果を実感できましたが、本当に全身の毛が濃くなる多毛症が起こりました。

例えば、腕毛はほとんど生えていなかったのですが、手の甲付近までも生えてきているため、しばしば処理をする必要があるほどです。

以下のような状態です。

他にも、お腹回りなどの全く毛が生えていなかった部分にも実際に生えてきています。

以下の通りです。

元から毛が濃い目の人がミノタブを使用したケースでは、この写真以上に非常に濃くなります。逆に体毛が元から非常に薄いケースでは、体毛がそこまで濃くならない場合もありますが、現状よりは確実に濃くなるといえます。

また、口コミ情報では、「手の指」「背中」「腰回り」などの毛が濃くなる人もいるようです。

そのため育毛製品を選ぶときは、薄毛を改善するための効果だけでなく、多毛症をはじめとした副作用が起こらないことも考慮した方がいいです。

「塗るタイプのミノキシジル」や「フィナステリド」では多毛症以外の副作用が起こる

このように、ミノタブを服用すると多毛症が起こります。実は、ミノタブの服用では、他の副作用である「動悸」「精力の低下」「勃起不全(ED)」が起こるリスクがあります。

また、多毛症は起こらないまでも、「塗るタイプのミノキシジル」や「フィナステリド」の使用でも、副作用が起こります。塗るタイプのミノキシジルでは、ミノタブと同じ副作用が起こるケースがあります。

フィナステリドの使用でも、多毛症は起こらないものの、「精力の低下」「勃起不全(ED)」などの副作用が起こるときがあります。

そのため、副作用が気になる人は、発毛剤と同等とはいかないまでの薄毛治療効果がある育毛剤(医薬部外品)を使用した方がいいです。

既にミノタブを使用しており、多毛症になりつつある人の対処方法

 

ミノタブの服用をやめ育毛剤に切り替える

ミノタブを服用することで一時的に体毛は濃くなります。ただ、ミノタブの服用をやめ、一定の期間が経つと元の毛の濃さに戻ります。

ミノタブを服用することで体毛の発毛環境が整ってしまったために、体毛が濃くなっていました。ただ、体質自体が変化したわけではないため、服用をやめて、一定期間たち濃くなった体毛が抜け落ちましたら、体毛が薄く戻ります。

ただ、ミノタブの服用をやめると髪の毛も服用前の状態に戻るため、ミノタブの服用から育毛剤に切り替えると良いです。

薄毛改善効果はミノタブほどとまではいかないですが高く、かつ多毛症が起こらない育毛剤を使用していきましょう。

 

体毛が濃くなったとしてもきちんと対処することで体毛を薄くすることができます。体毛を薄くすることはできますが、労力と時間がかかってしまうために、基本的には多毛症が起こらないようにする方がいいです。

すでにミノタブの服用をしており、多毛症が起きている人のために、参考までに体毛を薄くする方法を以下で確認していきます。

ミノタブが原因で濃くなった体毛を薄くする方法は、元から体毛が濃い人が薄くする方法と同じ方法です。

 

まとめ

ここでは「育毛剤を使用することで多毛症になるのか?」「多毛症になるリスクがある製品」について解説しました。

育毛剤(医薬部外品)を使用しても、多毛症になることはありません。

多毛症になるリスクがある製品はミノキシジルタブレットと呼ばれるものです。ミノキシジルタブレットは内服薬であり、発毛効果が強いです。そのため、薄毛改善に高い効果がありますが、同時に血液にのって有効成分のミノキシジルが体中に運ばれるために多毛症になる可能性があります。

私自身もミノキシジルタブレットを服用しており、実際にひげや腕毛、すね毛が濃くなりました。他の2Chやyahoo知恵袋などの掲示板により口コミでも実際に多毛症になっている人が多くいます。

そのため、多毛症のリスクが気になる人は、ミノキシジルほどの効果はないまでも高い薄毛改善の効果があり、かつ多毛症のリスクが全くない育毛剤(医薬部外品)を使用するといいです。